台湾留学生と旅行者向け!台湾で現金(台湾ドル)を引き出す4つの方法

今回は台湾(台北)に住んでいる私が、いつもどのようにして台湾ドル(台湾のお金)を工面しているのかと言う話しをしたいと思います。

台湾で台湾ドルを手にする方法はいくつかありますが、最も簡単な4つの方法をご紹介したいと思います。

これから、台湾留学をする!という方や台湾でワーキングホリデーをする!

台湾旅行をする!

という方はどうぞ最後までご覧になってみてください。

台湾で台湾ドルを手にする方法は4つある!

  • 現金(日本円)を持って台湾に入国する
  • 海外送金という手段を使う
  • デビットカードで台湾ドルを引き出す(おすすめ)
  • クレジットカードでキャッシングをする

台湾のお金を受け取る方法は、大きく分けると上記の4つになると思います。

台湾留学をする方は、日本で働いて貯金をしてから台湾へ行く!毎月親から仕送りしてもらう…など

事情は様々だと思いますので、一概にどの方法が良い!ということは言えません。

以下で、どの方法が自分に一番合っているかを考えてみてください。

MISO
と言いつつも、一番簡単な台湾ドルの引き出し方法は、デビットカードによる引き出しになりますよ!

現金(日本円)を台湾に持って行く方法


台湾に日本円(現金)を持って行くという方法は、最も簡単な方法になると思います。

日本から日本円を現金で持って行くという方は、台湾の生活に合わせて”今月はいくら分の日本円を台湾ドルに変えよう!”ということができます。

ただし、この方法ができるのは社会人の方など日本である程度貯金を作ってから台湾に行く!という人になります。

そのため、毎月親から仕送りしてもらうという方は少し難しい方法なのではないでしょうか。

また、台湾の空港の関税では100万円を超える日本円を持っている場合は申告をしなければなりません。

台湾で3ヶ月間の生活をする場合の費用は約50万円(大学の授業料込み)かかりますので、1年間の台湾留学では200万円程度かかる計算になります。

もし、関税でお金の申告をせずに呼び止められお金が見つかってしまうと、そのお金は没収になってしまいます。

例え、海外にお金を隠す目的がなく単なる台湾留学であったとしてもそのお金は没収され、一文無しになってしまいますので注意してください!

台湾旅行もしくは3ヶ月間の短期留学であれば、現金(日本円)を持って行ってもOKだと思います。

 

2018年度版|社会人が台湾で3か月間生活する費用を計算してみた!

ゆうちょ銀行の海外送金を使う(ほとんど使われない!)


海外送金は、日本の銀行(ゆうちょ銀行が一般的)から台湾の銀行へお金を送るという方法でいくつかの手続きが必要になります。

ただ、海外送金を行うためには台湾の銀行口座が必要になりますので、実はほとんど使われていません。

参考までに海外送金の使い方の説明

海外送金の流れとしては、初めに台湾で銀行口座を開設する必要がございます。

台湾で銀行口座を開設するためには、中華民國統一證號が必要で、この中華民國統一證號とは台湾のマイナンバーになりますのでとても重要なナンバーとなります。

MISO
中華民國統一證號は学生ビザやワーキングホリデービザがなくても、発行してもらうことができますので移民署まで取りに行きましょう。

中華民國統一證號の発行ができましたら、パスポートと日本の身分証明書を持って開設したい銀行に行けば銀行口座を開設することができます。

銀行口座の開設ができましたら、お金を送金する手続きをするのですが…注意していただきたいのは、日本円を送る場合は日本の銀行から海外送金の手続きをするということです。

つまり、自分は台湾にいるのに日本の銀行で手続きをしなければならないのです。

もちろん、海外送金の手続きはインターネット上で出来ますので、例えば誰でも持っているであろう「ゆうちょ銀行(ゆうちょダイレクト)」だとネット上で手続きをすることができます。

ただし、今日海外送金をしたい!と思っても、ゆうちょ銀行のネットバンキングを使うためには手続きが必要になりますし、

海外送金の手続きが完了しても実際にお金を受け取れるまでには約一週間かかってしまいます。

そのため、海外送金では緊急に今日お金が必要!という時には対応ができません。

私の周りの台湾在住者で海外送金を使ってお金を手にしているという方はまずいません。

デビットカードを使い台湾のATMでお金を引き出す方法


デビットカードというのは、銀行口座に入っている預金残高の範囲内でクレジットカード払いができるカードになります。

例えば銀行口座に10万円しかない場合は、お店で10万円までしかクレジットカード払いができないカードになります。

預金残高の範囲内でしか買い物ができないデビットカードは、使い過ぎてしまって支払いができない…債務者?ということにはなりません。

また、デビットカードを万が一紛失してしまった場合で、他人がそのカードを使ったとしても被害額は銀行に入っている金額分で済みますので、

貯金が10万円しかない人が100万円の被害に遭うということはありません。

という、デビットカードを使って台湾のATMで台湾ドルを引き出すという方法もおすすめです!

デビットカードを使うと台湾のATMでお金が下ろせる

さてこのデビットカードを持っていれば、台湾のいたるところにあるコンビニ(セブンイレブンやファミリーマート)のATMから台湾ドルを引き出すことができます。

実は、筆者もこの方法で台湾ドルを引き出しています!

ATMはコンビニでも銀行のATMでも、もっと言うとどの銀行のATMでも使えますので、めちゃくちゃ便利!

しかも、24時間台湾ドルの引き出しができますので、台湾旅行中にお金がなくなってしまった…という場合でもとにかく安心です!

筆者は楽天のデビットカードを使ってお金を引き出していますが、ATMで台湾ドルを下ろすとすぐに日本円で計算され、楽天銀行のアプリにいくら出金しました〜!

という履歴が表示されますので、お金をおろしたけど日本円でいくらなの?めっちゃ心配…ということもありません!

ただ、海外で利用をすると手数料がかかります…。楽天銀行は引き出し手数料無料!というポイント回数があるとは思いますが、

海外利用では適用されませんのでもれなく…1,200円くらいの手数料が取られます

(その時のレートによりますが…)

ゆうちょ銀行の海外送金で2,000円かかるよりは全然楽で良いと思います!

筆者の場合は1ヶ月に1度しかお金の引き出しをいたしませんので許容範囲だと思っています。

お金を引き出す時は台湾のコンビニハイライフで!


デビットカードを使えばどの銀行からでもお金を引き出すことが可能ですが、お勧めは「聯邦銀行」になります。なぜこの銀行が良いのかというと引き出し時の手数料が無料だからです。

追記
以前までは「聯邦銀行」でお金を下ろすと手数料が無料で”海外なのにすげ〜”ということでみんな使っていましたが、最近は手数料が有料になったようです。筆者自身も実際に試してみましたが、平日でも手数料が有料でしたのでデビットカードによる引き出しはどの銀行でも大体同じ!ということですね…
以下の銀行が「聯邦銀行」になります。

「聯邦銀行」のATMは台湾のコンビニであるハイライフ「Hi-Life」というコンビニの中にあります。

(もちろん、店舗もあります。)

日本の場合、例えばセブンイレブンには「セブン銀行」しかありませんが、台湾では各銀行のATMがそのまま入っています。

ハイライフでは2つの銀行を取り扱っているようで、一つは「聯邦銀行」で、もう一つは、「國泰世華銀行」になります。

(一つの店舗にどちらかの銀行のATMしかありません。)

以下が「國泰世華銀行」になります。

追記で書きましたが、今はどの銀行でも手数料が有料になっていますので、コンビニでも銀行のATMでもどこで引き出しても同じかな…と思っています。

クレジットカードでキャッシングをする!


クレジットカードのキャッシング機能でお金を調達するという方法もございます。

クレジットカードを作るといくらかのキャッシング可能枠が与えられます。

(人によって金額が違いますし、キャッシングができないクレジットカードもございます。)

キャッシングというのは現金を持っていない時に一時的にお金を借りるというものです。

海外に住んでいる方はお金を借りるというよりも、お金を引き出す手段として使っているようです。

もし、お金がないのにキャッシング機能を使ってしまったら高額な利息の支払いに追われ、いずれ債務者になり司法書士事務所に駆け込むことになることでしょう。

しかしながら、高額なキャッシングであったとしても台湾のATMでお金を借りた後にインターネット上で返済の手続きをしてすぐお金を返せば、無利息でお金を借りることができます。

そのため、お金の管理ができる!という方はキャッシングでお金を調達すると良いでしょう。

ただし、クレジットカードを作るためには審査が必要になりますし、キャッシング機能をつけるためにはさらに厳しい審査に通らなければなりませんので、

台湾でワーキングホリデーをする!だから今は無職…フリーター…という人は、キャッシング以外でお金を調達する手段を考えた方が良いかもしれませんね。

まとめ|最も簡単な台湾ドルの引き出し方法


台湾でお金を下ろすなら、デビットカードによる引き出し方法が最もおすすめです。

それに、デビットカードを作るのにはほとんど審査がいりません!

そうなの?

デビットカードは自分の銀行に入っているお金の範囲内でしか使えないカードになりますので、

お金の未払いが起きませんし、キャッシングもできませんので何を審査するの?という感じなのです。

仕送りや緊急でお金の入金が必要な時に便利!

例えば楽天銀行のデビットカードを持っている方が、お金がない!という時に楽天の銀行口座にお金入れてくれない?5万円で良いから!

と親に連絡をして日本円を楽天銀行の口座に入れてもらえれば、台湾の銀行(ATM)で5万円分の台湾ドルを引き出すことができるのです。

日本に住んでいる親が楽天銀行に日本円を入金すると、すぐにお金が反映されますので速攻で台湾の銀行(ATM)で台湾ドルを引き出せば…ものの数分でお金を手にすることができますので、緊急時にめっちゃ役立つ!

ゆうちょ銀行の海外送金は1週間かかるってなんやねん?デビットカードを使えば、誤差なし!誤差なし!誤差なし!

(って、木村拓哉が出演の民間ボディーガードのドラマであったな!)

親から”入金したよ〜”って連絡があればすぐに台湾ドルを下ろせるデビットガードは最強!

台湾留学や旅行ではデビットカードは必須のアイテムになるのかな…と個人的には思っています。

基本は現金でどうにかしたいけど、ピンチの時のためにデビットカードを作っておいて、その口座に5万円くらいはお金を入れておく!という使い方でも良いのかなと思います。

ちなみに、楽天のデビットカードは申し込み後、カードを受け取るまでに1週間から2週間かかりますので早めに申し込みをしていただけたらと思います。

筆者は申し込みがギリギリ過ぎてまじで焦りました…(台湾に行けないやん!って…結局、間に合いましたが…)

追記|台湾のATMでお金を引き出す方法!画像あり!

デビットカードを使って台湾のATAで台湾ドルを引き出す方法が一番簡単だ!

というのは分かったけど、どうやってお金下ろすねん?中国語わからんやん!という方向けに一例ではありますが、

「聯邦銀行」でお金を下ろした時の実際のATMの画面を撮影してきましたので、参考までにご覧になっていただけたらと思います。

それでは、簡単にご説明したいと思います。

1番目はATMの写真になりますので、特別説明はいらないと思います。

ということで、2番目の写真ですがATMの最初の画面になります。

ここではどのような取引をしますか?と、書いているのですが実はこの選択は必要なく、デビットカードを挿入してください。

日本の場合、デビットカードを挿入するとスムーズにカードを取り込んでくれますが、台湾のATMは自分でカードを奥まで押し入れる必要がありますので少し不安になると思います。

すると、暗証番号を求められますのでデビットカードの暗証番号を入力してください。

4番目で取引を開始しますという画面になり、5番目でどのような方法でお金を引き出すのかという選択をします。

筆者は3の「約定帳戶」を選択しました。こちらは、決まった額を下ろせるという最も簡単な取引になります。

6番目の画面でいくら引き出すかの選択ができます。

1,000元〜20,000元と選択がいくつかございますので必要な金額を下せば良いと思います。

これで取引は終了です。(簡単ですね。)

取引終了後、画面に秒数がカウントされるATMもございます。これは防犯上、デビットカードを早く引き抜いてください!という意味で、

いつまでもカードを抜かずにいるとATMに取り込まれてしまいカードが取り出せなくなってしまう…

ということがございますので、取引が終了しましたらすぐにカードを引き抜いてください!

ということで、追記で台湾のATMでお金を下ろす方法のご紹介をさせていただきました。

以下に、台湾関連の記事も掲載しておきます。

 

・台湾人の言語交換相手を探す方法|安全で無料の掲示板の評判・口コミ
・台湾人気バラエティ番組から学ぶ日本人男性は台湾人女性にモテる?
・実話『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』の台湾女優等

 

・台湾生活の知恵袋|カテゴリー台湾に関する記事の一覧

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします