【画像多め】「チェックインホテル台北」に宿泊した口コミ・感想

今回は「チェックインホテル台北」に宿泊した口コミ・感想を書きたいと思います。(画像多めで紹介します!)
台湾旅行で宿泊するホテルを調べている方は参考にしてみてください。

「チェックインホテル台北」に宿泊した口コミ・感想

今回紹介するホテルは「チェックインホテル」と言います。中国語だと”雀客旅館台北南京”となっています。

始めにざっくりとどんなホテルなの?というと、台北の中心部に位置するホテルで最寄地下鉄(MRT)から徒歩数分の駅近ビジネスホテルです。

最寄地下鉄(MRT)の「松江南京」という駅から徒歩5分くらいのところにあります。
あとで詳しく解説しますが、ビジネスホテルではあるんですけどお部屋が広くて快適でしたので、カップルや夫婦で宿泊するのもありなホテルです。(筆者は奥さんと娘の3人で宿泊をしました!)

 

前置きが長くなりましたが、実際に宿泊したお部屋を紹介したいと思います。

(チェックイン手続きの話から始めたいと思います。)

「チェックインホテル台北」のチェックイン手続きについて!


「チェックインホテル台北」のチェックインは15時〜になっていますが、お部屋に入れるのが15時〜と言うことみたいでした。筆者は午前中に着いたためチェックイン手続きを行い大きな荷物を預かってもらいました。

チェックインはセルフというか、端末を操作する感じでチェックインを行いました!

端末操作はフロントスタッフに教えてもらいながら行うことができますので、難しいことは特にありませんでした。

(チェックインをセルフ式にしてるのは、顧客管理や外国人観光客によく利用されるホテルであるため外国語対応を機械に任せてる感じだと思います。)

batポイント
筆者はキャリーバッグをフロントに預けたんですけど、フロントの中にお客様の荷物を保管するスペースがない感じでしたので、預かった荷物はフロント横にまとめておくだけでしたので、セキュリティーはあまり良くありませんでしたね。

「チェックインホテル台北」実際に宿泊したお部屋の紹介!


上記が実際に宿泊したお部屋になります!台北のホテルは窓がないホテルもあったりするんですけど、「チェックインホテル」は小さいながらも窓がありますので暗くてジメジメしてる…ってことはありませんでした。

 

台北にあるホテルは狭い…ってイメージがあると思いますが、「チェックインホテル」は日本のビジネスホテルよりも広いかな?という感じでしたので、カップルで泊まるのもアリなのかな?とも思いました。

お部屋に水(ペットボトル)はあるんですけど、それ以外はありませんのでしたね。

batポイント
「チェックインホテル」にはフェイスタオルがなかったです…(バスタオルだけ…)

「チェックインホテル台北」の朝食バイキングを紹介!



「チェックインホテル台北」の朝食バイキングはオプションでプラスする感じではなくて、宿泊している人は誰でも利用できる感じですので”無料!?”というか、宿泊代金に組み込まれているものですのでそこまで期待はしないでください…。

 

筆者は写真ように色々取ったんですけど、味は微妙…という感じでした。ただ、おかゆに甘しょっぱい油揚げを入れると美味しかったのと、ゆで卵やヨーグルトがあったのは良かったと思いました。

あとは、コーヒーを飲んで終わり…という感じでした。

補足説明
※筆者は「連泊」で利用したんですけど、2日目の食事は1日目よりも食べれるものがありました!(写真は撮り忘れました…。)

朝食バイキングの会場が割と狭いので、団体で宿泊している方々と時間が被るとほとんどの席を占領されてしまいますので、ゆったり食事をすることは難しいと感じました。

「チェックインホテル」宿泊代金をいくらだったの?


筆者は「Agoda(アゴダ)」を利用して宿泊予約をしたんですけど、今回の宿泊代金は2泊で7,203元(約32,500円)でした。

宿泊したのが金・土曜日でしたので、最も宿泊代金が高い時に利用した感じですね。

(平日利用であれば一泊2,500〜3,000元程度で宿泊できるホテルになると思います。)

 

キャンセル料に関しては、宿泊日の4日前までであれば無料でキャンセルが可能でした。(注意:Agodaの場合)ホテル予約を後回しにしていると、料金がどんどん高くなってしまいますのでキープ予約でも良いと思いますので、早めにホテルを確保していただくと良いと思います!

 

【まとめ】

 

最後に宿泊した率直な感想を書いておくと、意外に悪くはなかった!

正確にいうと、朝食バイキングは全く期待しないでください。お部屋の設備も微妙…という感じなんですけど、ビジネスホテルにしてはお部屋が広くてベッドも大きかったのが良かったです。

 

例えば、”九分”に行ってそのあと”夜市”に行って遅くに帰ってくる!みたいな計画を立てている場合、ホテルでは荷物を整理してあとは寝るだけ!みたいになると思いますので、このようなケースでは台北の中心部のホテルで、しかも駅近な「チェックインホテル」は悪くないと思いました。

 

あとは、宿泊料金は安く抑えて、台湾で美味しいご飯を食べるぞ!みたいな人にお勧めです。

ホテルの設備や朝食バイキングに期待している人にはお勧めはしません。

 

というのが、実際に宿泊してみて思った感想です。

「チェックインホテル」の宿泊料金をチェック
・「Agoda(アゴダ)」(筆者が利用したホテル予約サイト)

今回宿泊した「チェックインホテル」以外にもたくさんのホテル(格安〜高級まで)に宿泊していますので、お時間のある方は以下の記事も読んでみてください。