【画像多め】「パークビュー台北」のホテルに宿泊した口コミ・感想

今回は「パークビュー台北」に宿泊した口コミ・感想を書きたいと思います!(画像多め)

台北旅行で宿泊するホテルを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

「パークビュー台北」のホテルに宿泊した口コミ・感想!


今回、筆者が宿泊したのは「パークビュー台北」というホテルで、中国語では「美侖商旅」というホテルになります!

最寄り駅(MRT)は「松江南京」という駅になるんですけど「台北駅」→「中山駅」→「松江南京駅」という路線になっていますので、アクセス抜群のホテルになります!

中山駅がすぐ隣の駅になりますので、徒歩で「オークラホテル」に行ってパイナップルケーキを買う!みたいなこともできます。

 

前置きが長くなりましたが、「パークビュー台北」のお部屋ってどんな感じだったのか?朝食バイキングってどんな感じかな?宿泊料金っていくら?みたいな話をしたいと思います!

「パークビュー台北」のルーム紹介!



「パークビュー台北」のチェックイン時間は15:00〜となっています!

筆者はお昼くらいに着きましたので、大きな荷物を預かってもらい、チェックインは観光が終わって帰ってきてからする感じになりました。

チェックイン手続きでは「パスポート」が必要になります!
筆者は「Agoda(アゴダ)」でホテル予約をしたんですけど、クレジット決済で事前に宿泊代金を支払っていましたので、本人確認だけで済みました。

「パークビュー台北」|実際に宿泊したお部屋!窓が大きくて明るい!

「パークビュー台北」のお部屋はめちゃくちゃ広い!という感じではありませんでしたが、キャリーバッグを置くスペースがありましたので、そこまで狭く感じませんでした。

「台北(タイペイ)」ってビルが密集していますので、ホテルのお部屋が暗い…ってことがあったりするんですけど、「パークビュー台北」のお部屋は明るかったですね。(窓が大きいのでお部屋が広く感じました!)


【シャンプー/コンディショナー/ボディーウォッシュ】はフロントで販売しているみたいですね。(アメリカの商品みたいですね。)
冷蔵庫の飲み物やお菓子などは無料です!

補足
※日本のホテル(旅館)だと、チェックアウトの時に”飲み物は飲まれましたか?”みたいな感じで聞かれて、代金を請求されるホテルがあったりすると思うんですけど、台湾のホテルは基本お部屋にあるものは全て無料!という感じになっています。

「パークビュー台北」の朝食バイキングを紹介!


朝食バイキングの会場になっています!

昼・夜はレストランとして営業をしているだけあって、かなり落ち着きのある空間です。


筆者が取った食事はこんな感じですね。特別美味しい!って感じではないんですけど、それなりに料理の種類が多くて、少しずつ食べる分にはちょうど良いのかな?と思いました。

テーブルの上にカジノで使うチップが置いてあるんですけど、そのチップをオープンキッチンの前に置いてある入れ物に入れると、料理を作って席まで持ってきてくれます!

出来立ての「チーズinオムレツ」「法式吐司(フレンチトース)」が絶品でしたね。

オープンキッチンで作ってもらえる料理が美味しくて、それだけでも結構お腹がいっぱいになりますので、バイキングの料理はそこまでがっつく感じではない…って考えると、サラダやフルーツがあって、つまめる料理もそこそこあって…ってことで、朝食バイキングとしては悪くない!って思いましたね。

「パークビュー台北」の宿泊情報まとめ|宿泊料金っていくら?


筆者は「Agoda(アゴダ)」で宿泊予約をしました!

平日(水曜日)の利用で4,388元(日本円で約20,180円)でしたね。

(※1元≒4.6円で計算しています。)

 

日本の感覚だと宿泊料金が少し高いかな?という設定になっていますが、台湾では妥当というか、アクセスやお部屋の綺麗さ・設備、朝食バイキングの質から考えると妥当な値段(一般的な値段)になりますので、個人的にはお勧めできるホテルになります。

 

補足として、宿泊代金は大人2名の朝食付きになっています。(2歳の子供もいますが料金に変わりはありません。)

 

「Agoda」で予約をすると(パークビュー台北の場合は)宿泊の3日前までであればキャンセル料金は無料!ということでしたので、急遽旅行がキャンセルに…という時に安心だと思いました!

(あとは、キープ予約でお部屋を確保する時にも使えると思いました。)

 

ということで、今回は「パークビュー台北」について書いてみました!

「パークビュー台北」の宿泊料金
Agoda(アゴダ)」(今回の宿泊で利用したホテル予約サイト)