台湾でiMac(24インチ)を購入!日本と比べて高い?安い?

台湾でiMac(24インチ)を購入!日本と比べて高い?安い?

先日、台湾でMac(Apple)の、

デスクトップPC(iMac)を購入したんですけど、

 

日本と比べて高いの?安いの?

って話をしたいと思います。

 

台湾在住の方や台湾留学中にパソコンを買う!

という人は、ぜひ参考にしてみてください。

2021年新型のiMacを購入!メモリもグレードアップ!


筆者が購入をした商品は、

新型の24インチiMacです。

 

最新のMacPCではあるんですけど、

個人的には旧型のTHE Mac!みたいな、

シルバーのやつが欲しかったんですよね…

 

ただ、筆者の奥さんがですね、

”ポップな色の方がカワイイじゃん!”

 

ってことで、

それならいいか〜ということで購入しました。


筆者が購入をしたのは、

真ん中のやつですね。

 

日本版のアップル公式サイトでは、

177,800円(税込)で買えるみたいですね。

 

さらに、オプションで、

メモリを8GB→16GBにグレードアップしたんですけど、

その費用は…

プラス22,000円ということですので、

 

日本でiMacを購入すると

199,800円になるということですね…。

台湾でiMacを公式サイトから購入するといくらなのか???

台湾でiMacを公式サイトから購入するといくらなのか???

上記の公式サイト(台湾版)を見ていただければ、

一瞬なんですけど、

 

台湾でiMacを購入すると、

オプション込みで51,900元になります。

(本体45,900元、メモリ6,000元)

 

現在の日本円は、

1円≒0.25台湾ドルになりますので、

51,900÷0.25≒207,600円という感じですね。

 

つまり、日本で購入をした方が、

7,800円も安い!ってことですね。

 

”意外でしたか?”

日本の物価は低すぎる!10年後は東南アジア以下です。

日本の物価は低すぎる!10年後は東南アジア以下です。
今回の本題は以上でして、

結論は、Macは日本で買った方が安い!

 

もし、これから台湾に行くんです!

で、パソコンは必要だよね?

 

って人は、

日本で買って持って行った方がお得です。

(まあ、MacBookとかになると思いますが。)

MISO
日本って、物が安くていいわね〜

ここから少し余談をします。

 

1分ほどですので読んでみてください。

 

で、今回の話を聞いて、

日本は物が安くていいね〜

って思った人もいると思うんですけど、

 

日本国内にずっといて、海外には行きません!

”ハネムーン旅行も北海道や沖縄でOK!”

 

みたいな考えであれば、

大きな問題にはならないんですけど、

 

仮に海外旅行をしたとすると、

日本円が安すぎるあまり

 

”ホテル(宿泊代金)高すぎ!”

”食事高すぎ!って…”

 

飛行機代よりも、ホテルや食事の方が高い!

って、どんな世界やねん!という衝撃を受けます。

 

つまり、何が言いたのかというとですね、

安ければいい!ってことではなくて、

 

それだけ、日本経済は、

深刻な状況に陥っていると思ってください。

 

ちなみに、日本のヤバさを知っている筆者は、

日本円を外貨や仮想通貨に変えて所有しています。

 

日本円は持っているだけで、

価値が下がりますので貧乏になりますよ。

 

ストレートにいうと、

円を持っているだけで、

勝負せずとも負けなんです!

 

まあ、個人のお金に意見を言うつもりはなくて、

事実はそうなっていると言うことですね。

 

(やばいと思ったら、考えて考えて行動をしてください。)

 

ということで、

今回の話はこの辺で終わりたいと思います。

 

※尚、iMacの発送は3週間後!?!?ってことで、

まだ、自宅に届いていません…

後日、ブログ内の画像を変えたいと思います。

 

【過去の記事紹介】

実は、iPhoneも台湾の方が高いんです…

台湾でiPhoneを買った時も記事にしています。

 

台湾のiPhone12は高い!台湾の物価と日本円を株と仮想通貨に変えた話

 

内容的には、今回とほぼ同じなんですけど、

約10ヶ月間でこんなにも日本円って安くなる?

(台湾ドルが高くなる?)

 

ってことがわかると思います。

 

1元→3.7円だったのが、今では4円ですよ…