台湾で出生届、出産一時金、児童手当の金額と申請方法の解説

台湾人女性と国際結婚をして、

現在、台湾で生活をしている筆者が、

 

(台湾で)生まれた子供の出生届の提出方法と、

出産一時金児童手当の申請方法について書きます。

 

台湾で出産を予定している方は、

ぜひ、参考にしてみて下さい。

台湾での出生届の提出は簡単!病院でもらった出生証明を出すだけ!

台湾での出生届の提出は簡単!病院でもらった出生証明を出すだけ!
前回、

台湾の出産費用はいくら?定期検診、出産、検査入院は高いの?

 

上記の記事で、

出産にかかる費用について計算をしたんですけど、

 

今回は、出産後の話で、

出生届と台湾政府からもらえる補助金の話をします。

それで、(台湾での)出生届の提出に関しては、

「戶政事務所」に行って手続きをするだけです!

台湾に住んでいる人であれば、結婚の手続き健康保険の手続きなどで、一度は行ったことがあると思います。
必要な書類は、

出産後に病院からもらえる出生証明だけですね…

 

ってことで、

台湾での手続きはめちゃくちゃ簡単です。

 

問題なのは、

日本での手続きになるんですけど、

 

日本での手続きに関しては、

「出生証明」「出生証明の翻訳」「出生届」が必要になります。

出生届は、日本の外務省のページでダウンロードが可能です。(外務省のページリンク
生まれてから3ヶ月以内に手続きをしなければ、

将来、子供が大人になった時(22歳前)に、

 

日本の国籍を選択できなくなってしまいますので、

子供のために必ず行いましょう!

 

詳しい手続き方法に関しては省略しますが、

特別難しい…ということはありませんでした。

 

日本に住んでいる親に、

代理で手続きをしてもらうのが良いでしょう。

追記|実体験から「出生届」は何も書かないで送った方がいい!


筆者の実体験を少しお話しすると、

 

必要な書類を揃えて、日本の実家まで送り、

親に手続きをしてもらったんですけど、

 

「出生届」に書き間違いがあったようで、

その修正が面倒だった!とのことでした。

 

そのため、何も書いてない、

「出生届」も一緒に送ると良いと思います。

「出産一時金」の受け取りと「児童手当」の申請について


台湾で出産をすると、

補助金(出産一時金)がもらえます。

 

出産一時金に関しては2種類ありまして、

・住んでいる県の補助金

・年金加入者がもらえる補助金

上記の2つがあります!

(対象者は2つとも受け取れます。)

住んでいる県からもらえる補助金に関しては、

上記のような感じになっていまして、

 

どこに住んでいるかによって金額が変わります。

 

※画像では、補助金の額が高い順になっています。

 

例えば、桃園に住んでいる方であれば、

3万元の補助金(出産一時金)がもらえますが、

 

台南に住んでいる方は、

6千元という感じで、かなり差があります。

 

県による補助金は、

「出生証明」を持って行った時に、その場で受け取れます!

筆者の住んでいる県の補助金は3万元でした。

 

大体、出産費用とほぼ同額という感じでしたね。

金額は法改正というか、「条例」ですか?で、変わることもありますので、注意していただけたらと思います。

年金を納めている方は国から36,000元の出産一時金があります。


さらに、年金を納めている方は、

国から一律36,000元の補助があります。

 

※こちらも法改正によって金額が変わることがあります。

 

筆者は、外国人ですので年金は納めてないんですけど、

奥さんが年金を支払っていましたので、

国から出産一時金を受け取ることができました。

 

国からの補助金は、

出生証明を持って行ったときに申請をするのが良いでしょう。

 

補助金は、後日銀行口座に振り込まれます。

 

なお、郵便局の口座しか使えませんので、

郵便局の口座印鑑を持って行きましょう。

簡単に流れを解説しておきます!


出産後、「戶政事務所」で手続きをするんですけど、

「出生証明」郵便局「口座」「印鑑」を持っていきましょう!

 

この時に、

台湾での「出生の手続き」と「補助金の申請」をします。

 

住んでいる県から貰える補助金はその場でもらえて

国から受け取る補助金は郵便局に入金されます。

 

あとは、「日本での出生手続き」と、

「児童手当を受け取るための手続き」が必要になります!

児童手当は毎月5,000元/(6歳まで)の補助となっています。


続きまして、児童手当の話になりますが、

手続きは「鎮公所」でできます。

筆者が手続きをした場所では、「戶政事務所」の建物の隣が「鎮公所」でした。
台湾の児童手当は、

月/5,000元になっています。

 

(※2022.8から月/5,000元になりました。以前は、3,500元でした。)

 

期間としては、6歳までのようですね。

 

児童手当は、

毎月、郵便局の口座に振り込まれます。

まとめ|台湾で出生届、出産一時金、児童手当の金額と申請方法の解説

まとめ|台湾で出生届、出産一時金、児童手当の金額と申請方法の解説
日本での出生届の提出に関しては、

多くの台湾在住ブロガーが体験談を書いていますので、

本記事では省略させていただきました。

 

出産一時金に関しては、

「住んでいる県」「国」から受け取ることが可能で、

 

筆者の場合は、

合計で66,000元の出産一時金を受け取りました。

 

児童手当に関しては、

月/5,000元受け取ることができます。

 

出産後は、

必ず「出生の手続き」と「補助金の申請」を行ってください!

 

ということで、

今回の話は、以上になります。

 

関連記事として、

”子供が生まれる!”ってことで買い揃えた、

 

ベビーベッド、ベビーチェア、

チャイルドシートを紹介した記事を載せておきます!

台湾で子育て!買い揃えたベビー用品を点紹介します!

台湾で子育て!買い揃えたベビー用品を5点紹介します!

2021.09.11

台北のホテル宿泊レビュー



【ホテルグレイスリー台北】
(おすすめ度:★★★)

【メトロポリタンプレミア】
(おすすめ度:★★★)

【ワオハッピーホテル】
(おすすめ度:★★★)




【スウィーオ台北】
(おすすめ度:★★☆)

【グランドメイフルホテル】
(おすすめ度:★★☆)

【宿泊したホテル一覧】

(レビューホテル数:10)