台湾で出生届、出産一時金、児童手当の金額と申請方法の解説

台湾人女性と国際結婚をして、

現在、台湾で生活をしている筆者が、

 

台湾で生まれた子供の出生届と、

出産一時金、児童手当の申請方法について書きます。

台湾での出生届の提出は簡単!病院でもらった出生証明を出すだけ!

台湾での出生届の提出は簡単!病院でもらった出生証明を出すだけ!
前回、

台湾の出産費用はいくら?定期検診、出産、検査入院は高いの?

 

上記の記事で、

出産にかかる費用について計算をしたんですけど、

 

今回は、出生届の話と、

台湾政府からもらえる補助金の話をします。

 

それで、(台湾での)出生届の提出に関しては、

「戶政事務所」に行って手続きをするだけでして、

 

台湾に住んでいる人であれば、

結婚の手続き健康保険の手続きなどで、

一度は行ったことがあると思います。

 

必要書類は、

出産後に病院からもらえる出生届だけですね…

 

ってことで、

台湾での手続きはめちゃくちゃ簡単です。

 

問題なのは、

日本での手続きになるんですけど、

 

日本での手続きでは、

「出生証明」「出生届」「出生届の翻訳」が必要になります。

 

生まれてから3ヶ月以内に手続きをしなければ、

将来、赤ちゃんが大人になった時(22歳前)に、

 

日本の国籍を選択できなくなってしまいますので、

子供のために必ず行いましょう!

 

詳しい手続き方法に関しては省略しますが、

特別難しい…ということはありませんでした。

 

日本に住んでいる親に、

代理で手続きをしてもらうのが良いでしょう。

 

参考ブログ記事

【台湾で出産】台湾で出産した際の日本国籍の取得方法

「出産一時金」の受け取りと「児童手当」の申請について

「出産一時金」の受け取りと「児童手当」の申請について
台湾で出産をすると、

補助金(出産一時金)がもらえます。

 

出産一時金に関しては2種類ありまして、

・住んでいる県の補助金と、

・年金加入者がもらえる補助金とがあります。

住んでいる県からもらえる補助金に関しては、

上記のような感じになっていまして、

 

どこに住んでいるかによって金額が変わります。

 

(画像では、補助金が高い順になっています。)

 

例えば、桃園の人であれば、

3万元の補助金が出ますが、

台南だと6千元という感じで、かなり差があります。

 

県による補助金は、

出生届を出した時に、その場で受け取れます。

筆者の住んでいる県の補助金は3万元でした。

 

出産費用とほぼ同額という感じでしたね。

年金を納めている方は国から36,000元の出産一時金があります。


さらに、年金を納めている方は、

国から一律36,000元の補助があります。

(金額は法改正によって変わることもあります。)

 

筆者は、外国人ですので年金は納めてないんですけど、

(台湾人の)奥さんが、年金を支払っていましたので、

国からの出産一時金を受け取ることができました。

 

国からの補助金は、

出生届を持って行ったときに申請をするのが良いでしょう。

 

補助金は、後日銀行口座に振り込まれます。

 

なお、郵便局の口座しか使えませんので、

郵便局の口座印鑑を持って行きましょう。

児童手当は毎月3,500元/(6年間)の補助となっています。

続きまして、毎月の児童手当ですが、

「鎮公所」というところで手続きができます。

 

台湾の児童手当は、

月/3,500元になっています。

 

(※2022.8からは、月/5,000元になるようです。)

 

期間としては、6年のようですね。

 

児童手当も郵便局の口座に振り込まれます。

まとめ|台湾で出生届、出産一時金、児童手当の金額と申請方法の解説

まとめ|台湾で出生届、出産一時金、児童手当の金額と申請方法の解説
出生届の提出に関しては、

多くの台湾在住ブロガーが体験談を書いていますので、

本記事では省略させていただきました。

 

そして、出産一時金に関しては、

住んでいる県国から受け取ることが可能で、

 

筆者のケースでは、

合計で66,000元の出産一時金を受け取りました。

 

また、児童手当は、

月/3,500元受け取ることができます。

(法改正により2022年からアップします。)

 

出産後は、

必ず出生届の提出と補助金の申請を行ってください!

 

ということで、

今回の話は、以上になります。

 

関連記事として、

”子供が生まれる!”ってことで買い揃えた、

 

ベビーベッド、ベビーチェア、

チャイルドシートなんかを紹介した記事を載せておきます!

 

関連記事:準備中