台湾で「車」や「家」を買うのに現金が必要!日本円をどのように台湾ドルにする?

今回は、台湾で「車」や「家」を買うのに大きなお金が必要だ!って時に、どのようにして日本円を台湾ドルに変えるのが良いのか、少し考えてみたいと思います。

台湾移住をした(する)人はぜひ読んでみてください。

台湾で車を買う!?台湾だと日本車でも高級車レベル!?


筆者は以前、台湾で車を買おうとしていました。

買おうとしていたんですけど、奥さんのお父さんが2台目の車(新車)をちょうど購入して、しかもそれが日産のティーダでサイズ的に使いやすい!

さらに、奥さんの実家ではなくて、筆者が住んでいるマンションにいつも停めてあって…ってことで”これ使っちゃおうか〜”ってことで3年くらい勝手に乗ってます…。

 

ただ、娘が大きくなったら「台中」に引っ越しをしようと考えていまして、

その時には”車を買わないとな〜”と思っていますので、この機会に大きなお金を台湾ドルに変える方法について書きたいと思います。

 

ちなみにですが、日産ティーダの新車は約900,000台湾ドルだったそうです。(オプションが結構付いています。)日本円にすると約414万円ということで、台湾の車は全て高級車レベル?って感じでしたね…

台湾に入国する際に日本円(現金)をアホみたいに持ち込む!


日本円を台湾ドルに変える最も簡単な方法は、大量の現金を持って台湾に入国して、台湾の銀行で円→台湾ドルに変える!って方法だと思います。

筆者が台湾留学をしていたときに、ゲストハウスで生活をしていた日本人の学生が50万円くらいの現金をロッカーに入れていましたので、

50〜80万円くらいであれば現金でもいけるのかな?なんて思いました…。

 

注意することは「盗難」「入国での申告」ですね。

特に重要なのは、台湾に入国する時に持ち込める現金は10,000ドル相当の円までとなっていますので、本記事作成時点だと約142万円までしか持ち込めません!

 

というのは少し書き方が間違っていまして、142万円以上の現金を持って入国する場合は「申告」が必要!となっていまして、

申告をしないで見つかってしまうと「没収」になってしまう…ってことで、142万円まで!とよく言われています。

ちなみに、142万円以上の現金には税金がかかる!って思っている人も多いようなんですけど、持ち込めるお金に制限がかけられているのはマネーロンダリングの観点からですので、

”税金はかからないみたいです…”

(※「申告」をした場合、なぜ現金が必要なのか聞かれる…ということはあります。)

 

筆者は試してないんですけど、車を買うくらいの現金であれば大丈夫だったりするのかな?なんて思ったりもしました。が、400万円の現金を持って入国するのは現実的ではありませんので、

「車」や「家」を買う場合は、以下で解説する方法がベストなのかな?と個人的には思っています。

仮想通貨を売却して台湾ドルを手に入れるのが現実的な手段です。


仮想通貨が現実的な方法?って思った人もいるとは思いますが、

仮想通貨のメリット
・送金が一瞬
・手数料がほぼ無料
・月/2,250万円まで出金可能
仮想通貨を全く触ったことがない…という人だと、最初は難しい…って思うかもしれませんが、

仮想通貨慣れをしてる人であれば、仮想通貨を購入して、その仮想通貨を台湾の取引所/ウォレットに送金して、売却するだけで台湾ドルを手にすることができます!

 

仮想通貨であれば、為替手数料はありませんので「10,000円の仮想通貨は10,000円です!」あと、意外に忘れがちなことで「税金」についても書いておくと、

台湾では仮想通貨の売却にかかる税金は「非課税」になっていますので、仮想通貨をどんなに売っても税金はかかりません!

 

仮想通貨であれば月/500万元(約2,250万円)まで台湾の銀行口座に出金することができますので、5ヶ月もあれば一億円を台湾ドルに変えて「現金一括」で家(不動産)を買うことも可能です!

ということで、台湾で大きな買い物をする場合は仮想通貨を使うのがベストだと思います。

筆者は「イーサリアム(ETH)」を売却して、台湾ドルにしています。

台湾では「BitoPro(ビットプロ)」を使いましょう!


仮想通貨の取引所って世の中にたくさんあるんですけど「仮想通貨→台湾ドル」に変えるためには、台湾のサービスを使わないといけません…。

以前は「Bito EX」というサービスもあったんですけど、今は「Bito Pro」というサービスに統一/併合されましたので、台湾で仮想通貨を買う/売るなら”「Bito Pro」しかない!”という感じです。

台湾国内には他にも仮想通貨のサービスがありますが、台湾在住の日本人が使えるものは「Bito Pro」だけかな?という感じになっています。

登録(方法)は難しくはありませんが、利用するためには「居留証」が必要です。

あとは、台湾の「銀行口座」も必要になります。

「BitoPro」の出金制限
・最大100万元まで
・24時間で200万元まで
・1ヶ月500万元まで

「Bito Pro」の出金制限は上記のようになっています。

仮想通貨を一度に売却して台湾ドルに変えることはできますが、最大100万元(約460万円)までしか出金はできませんので”家を買う!”みたいなときは、計画的に出金をする必要があります。

 

ということで、今回は台湾で大きなお金が必要だ!って時にどのような方法で「円→台湾ドル」に変えるのが良いのか、個人的に考えてみました。

(「国際送金」という方法もありますが、為替手数料/着金までの日数などを考えると現実的ではないと思います…。)

台湾で仮想通貨取引をするなら!?
・「Bito Pro」(公式サイト)
関連記事なのかは少し微妙ですが、台湾で「確定申告」をした話を載せておきますので、よろしければ読んでみてください。

台湾で確定申告(納税)をした!基礎控除や投資/仮想通貨にかかる税金はいくら?

2022.06.06

【追記】

仮想通貨は日本の取引所で購入する方が多いと思うんですけど、

「ザイフ」「GMOコイン」などを海外のIP(インターネット)でログインすると、メール連絡がきて、その後「アカウント凍結」の手続きが行われてしまいますので、

日本にいるときに購入した仮想通貨は「メタマスク」などに移動をして保管しておくのがベストです。

台湾在住になった後「メタマスク」→「BitoPro」→「売却して銀行に送金」という流れで仮想通貨を売ることになると思います。

台北のホテル宿泊レビュー



【メトロポリタンプレミア台北】

【ホテルグレイスリー台北】
【ワオハッピーホテル台北】




【スウィーオ台北】

【グランドメイフルホテル】

【宿泊したホテル一覧】