実話『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』の台湾女優等

2017.5.27(台湾では6.17)に公開された台湾映画、

『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』について、

台湾在住のブロガーであり、

映画と同じく日本人と台湾人の国際カップルでもある筆者が、あれこれお話したいと思います。

 

そんな台湾映画があるの?!知らなかった〜という人から、

知っている!という人まで楽しめる内容にしたいと思いますので、

ぜひ、最後までご覧になってみてください!

(ユーチューブ動画多めです!)

『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』って?

本作の元となった物語は、

実在する日本人男性と台湾人女性が、

フェイスブックで繋がり・出会い・付き合い・結婚をした!というものになっています。

 

台湾ではかなり有名な日台国際夫婦になりますので、みんな知ってる有名人です。

一時期日本でも流行りましたが、

井上真央さんが主演の『ダーリンは外国人』みたいな感じの国際恋愛モノで、

日本と台湾が舞台の映画になっています。

以下に、ユーチューブにアップされている映画の予告編を掲載したいと思います。


と言っておきながら…すみません、

予告編よりも、こちらのインタビュー映像の方が面白いので差し替えいたしました!

原作者の方を少し紹介します!


原作者は、台湾人女性のリンちゃんと日本人男性の茂木さんになります。

台湾で大活躍のお二人になりますので、

台湾に住んでいると良く話題が耳に入ってくる方々になります。

 

筆者の個人的な話をすると、原作者のリンちゃんの生年月日が筆者と同じ1989年で、

誕生日が7月24日で彼女(MISO)と同じですので少し縁を感じていますし、

彼女の誕生日を忘れた時は…リンちゃんの誕生日を調べて、

”あ〜そうだったか!”という感じに思い出しています。

MISO
誕生日忘れるなよ!あ、公式FaceBookは「雖然媽媽說我不可以嫁去日本。」ですよ〜
茂木さんのように台湾人女性と付き合いたい!という方は、

台湾人の言語交換パートナーが探せる無料掲示板か、

フェイスブックのマッチングアプリ「ペアーズ」がお勧めです。

(日本のペアーズが海を渡り、台湾版としても人気です!)

詳しくは「無料婚活!SNSを駆使して台湾人彼氏を作る!真剣に国際結婚したい!

の記事をチェックしてみてください!

気になる映画キャストのご紹介!

『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』の映画には、

筆者が気になる女優・俳優が出演しています。

 

茂木さんのお父さん役で出演している、

蛭子能収氏を詳しくご紹介するわけではありません!!!

主演女優は、台湾人の簡嫚書(ジエン・マンシュー)です!

カトパン似!なんてブログでご紹介されることもありますが、とにかく可愛え〜。

 

主演俳優は、昔はクイズ番組等で引っ張りだこだった、中野裕太さんになります。

髪型が原作の日本人に似ている!

脇役として、台湾と日本の架け橋である…日本人の夢多(モンド)も出ています。

誰やねん!という人も多いとは思いますが、最後にご紹介いたします。

(筆者は大好きな芸能人です!)

可愛すぎる台湾人女優の簡嫚書って?


2012年:「南方小羊牧場~When a Wolf Falls in Love with a Sheep」 – 小羊役
2014年:「大稻埕~Twa-Tiu-Tiann」 – 阿蕊役
2015年:「OPEN! OPEN!」 – 花花役
2015年:「菜鳥〜Maverick」 – 安安役
2017年:「ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。」-リンちゃん役


簡嫚書の出演映画は上記のようになっていますが、

筆者が一番お勧めする作品は、2012年に放送された、

『シュガーケーキガーデン』(中国語は『翻糖花園』)というドラマになります。

以下がその作品です!

作品内容

〜ストーリー〜
韓国大手グループ会社「CNR」の会長の息子であるヒファン(パク・ジョンミン)と異母兄弟である真面目な兄のハンシャン(ワン・チュアンイー)とは正反対のヒファンは、社会のルールを嫌い自由きままな生活を求め、家と会社の重圧から逃れたい日々を送る。

一方、台湾で「シュガーケーキガーデン」のオーナーを務め“台湾スイーツ界のドン”の愛娘アイリン(リー・シャンリン)は、無二の親友であるパティシエのミーエン(ジエン・マンシュー)に自分の身代わりを頼み込み、2人はシュガーケーキコンテストに参加するため韓国を訪れる。ヒファンとハンシャンは偶然出会ったミーエンに興味を持つ。

そんなある日、ヒファンは家出を決意し台湾へ。偶然にもミーエンの店に辿りつくが、不審者と誤解されミーエンに頭を殴られ気を失う。それが原因で記憶を失ったヒファンを、後ろめたさから一時的に居候させることに。一緒に過ごすことで次第にヒファンはミーエンに惹かれながら、自分自身を見つめ直す。同じ頃、ハンシャンもミーエンに惹かれプロポーズするが、自身の出世のためにミーエンを捨て、アイリンと婚約する。

やがて4人の関係は複雑にこじれはじめ…
(公式サイトから参照いたしました!)


このドラマは、フツーに面白い!

筆者は、2014年くらいに、中国語が全然わからん!という時に観ましたが、

それでも面白いと思いましたので、見る価値ありです!

じゃ、どこで見れるの?というと…このドラマはあの!YouTubeにアップされていますので、

無料で普通に見れます!

実は、台湾ドラマや台湾映画は著作権的なこと大丈夫なのかな?

という心配を完全に無視して無料で動画がバンバン公開されていますので…

見れてしまいますので、気になる方はチェックしてみてください!

最近株価上昇中?中野裕太って?


一時期日本のクイズ番組に多数出演し5ヶ国語話せる!

と、インテリのイメージがあった中野裕太さんですが、

突然テレビから姿が消え…あれ干されたの?

なんてことが、密かに囁かれていましたが…

そんなことは筆者には関係ない!

 

映画『ツレがうつになりまして。』やドラマ『ウロボロス〜この愛こそ、正義〜』なんかは、

記憶に新しい作品になるのかな…と思います。

 

が、彼が出演している筆者が一番好きなドラマは…

『リッチマン・プアウーマン』(中国語では『富貴男貧窮女』になります。)

え?出てた?という人のために、まさかの『リッチマン・プアウーマン』のご紹介をします!

リッチマン・プアウーマン

リッチマンプアウーマン(Rich man,Poor woman)は、

筆者が大好きな、小栗旬と石原さとみが主演の、めちゃくちゃ面白いドラマになります。

 

このドラマは、時価総額3000億円のベンチャー企業の社長(日向徹)と

就職活動中の東大理学部(夏井真琴)の話!

 

内容に関しては知ってる!という人も多いと思いますし、

観ていない人はぜひ見ていただきたい作品になりますが、

なぜ筆者がこのドラマが好きなのかというと…

2012年にブログを開設し副業を頑張るぞ!という時に放送されていた作品で、

大変刺激になった作品になるからなのです。

 

それで、どこが見所なのかというと、

小栗旬と石原さとみ・井浦新・相武紗季・元祖マザコン俳優のあの方(役柄ですのでマザコンではありません。)との掛け合いだとは思いますが、

筆者が注目していただきたいのは、

3話に出演して良い見せ場を作り…これで出演は終わりなのかな…と思っていたところ、

なんと最終話の一つ前のお話で再び再登場し、

格好良い台詞を言い放った…中野裕太なのではないのかな…と思います。

まあ、とにかく格好良い台詞を言っています!

ちなみに、このドラマで使われている音楽(主題歌)は、

miwaの「光へ」です!が、個人的には挿入歌の「napa」の方がオススメ!

脇役の夢多(モンド)って誰?


上記の方が夢多(モンド)という方で、

日本の名前は、大谷主水という方になります。

台湾の芸能事務所に所属している、

元テコンドー世界選手権日本代表でかなりイケメン&筋肉もムキムキ!

 

台湾ではいじられ役の日本人キャラが定着していますので、

イケメンでありながら親しみやすいキャラクターとなっています!

 

ちなみに、台湾では以下の「2分之一強」という人気バラエティ番組に出演していまして、

筆者も結構見ています。

中でもオススメの動画は、日本人男性って台湾女性から見るとどうなの?

台湾人女性が付き合いたい外国人はどこの国なのか?!

というような企画のものになります。

以下がその動画です!(フル動画ですので時間がある時に!)


日本代表でいじられ役のモンドも…頑張っています!

ちなみに、中国語で全然意味がわからない!という方は、

以下の『【台湾バラエティ番組から学ぶ】なぜ日本人男性は台湾女性にモテないの』という記事で、

その時の番組内容を簡単にまとめてみましたので、

ぜひご覧になってみてください!

まとめ|『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』

今回は『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』に出演している、

台湾人女優や俳優をご紹介しただけですので、

肝心の映画の中身はあまり伝わらなかったのかな…と思います。

 

日本人と台湾人が出ている映画になりますので、

日本語の部分が結構ありますし当然ですが、中国語の部分もあります。

そして、主演女優の簡嫚書の役柄が、日本語学科の大学生になりますので、

可愛え〜日本語を使ってくれています!

筆者的には、その日本語のセリフだけでもかなり満足の作品になると思いますので、

台湾映画(半分は日本映画ですが…)に興味のある方は、ぜひご覧になってみてください!

 

・台湾人の言語交換相手を探す方法|安全で無料の掲示板の評判・口コミ
・台湾人気バラエティ番組から学ぶ日本人男性は台湾人女性にモテる?
・実話『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』の台湾女優等

 

・台湾生活の知恵袋|カテゴリー台湾に関する記事の一覧