個人で写真を売って稼ぐ写真販売副業を始める!売れる?儲かるの?

今、大学生・主婦・サラリーマンに大変人気の写真販売副業(ストックフォト)を始めたい!

だけど、そもそもストックフォトってどんな仕組みなの?

写真って売れるものなの?

儲かるの?

なんてことが気になると思います。

 

今回は、1年間ストックフォト写真販売副業を行っている筆者が、

ストックフォトのあれこれをお話ししたいと思います。

ストックフォト副業で稼ぎたい!と、思っている方はぜひ参考にしてみてください!

ストックフォトとは写真を売る副業


ストックフォトというのは、写真を販売する副業になります。

と言っても、自ら営業をして顧客を獲得するというものではなく、

写真販売会社に写真をアップロードし(このことを写真のストックと言います。)

そのサイトに訪れたユーザーが写真を購入した時に、

購入金額の一部が報酬として写真の所有者に支払われるという仕組みになっているのです。

ストックフォト副業の活動とは?

ストックフォト副業をする!という方はどのような活動(副業)をしているのかというと、

まずは商品である写真がなければお金は入って来ませんので、

自宅にある物や近所の風景を撮影したり、

すでにスマホやカメラに保存されている写真を写真販売会社にストックする必要があるのです。

そのあとは?

実は写真のアップロードをした後は、

ひたすら売れるのを待つだけなのです。

と、簡単にお話しいたしましたが写真を販売する時にはタグ付け作業が必要であったり、

撮影した写真を編集したりする場合もあると思いますのでそれなりに時間がかかるのです。

ストックフォトの販売会社は複数社ある!


写真販売の仕組みで難しいことは特にないとは思いますので、

次に写真販売会社ってどこがいいの?なんて話をしたいと思います。

販売会社を分類すると、まずは日本のストックフォトサービスであるのか海外のサービスであるのかに分けることができます。

日本のストックフォトサービスとは日本の会社が運営するストックフォトサービスで、

主に日本国内の方向けに写真の販売をしている企業になります。

代表的なサービスとしてはピクスタ(PIXTA)というサービスがあります。

 

海外のストックフォトサービスとしては、

シャッターストック・アドビストック(旧フォトリア)というサービスが有名です。

 

次に、カメラ(一眼レフ・ミラーレス一眼・デジタルカメラ)で撮影した写真の販売が出来るのか、

それともスマホ写真でも良いのかという分類もできるでしょう。

カメラ写真を販売するなら、ピクスタ・シャッターストック・アドビストック、

スマホ写真を販売するなら、PhotoAC・セルピーというサービスがおすすめです。

 

さらに、販売会社の写真販売形式としては一枚いくら〜という販売を行っている会社と、

会員登録をした方は何枚でもダウンロードできる!というサービスに分けることができ、

一枚いくら〜で販売している写真販売会社の報酬は高く、

ダウンロード形式のサイトの場合は報酬が低いという特徴もございます。

日本と海外のサービスを比較する!

日本(ピクスタ・PhotoAC)と海外(シャッターストック・アドビストック)のサービスを比較すると、

海外のサービスを利用した方が断然写真が売れます。

というのも、海外のストックフォトサービスは販売規模が大きいからです。

 

また、日本にも海外のストックフォトサービスを使って写真を購入する人がたくさんいますので、

日本で撮影した写真だから海外サイトでは売れないということはないのです。

カメラ派?スマホ派?

ストックフォトを始める時にカメラが必要なのかというと、

必ずしも必要だとは言い切れませんが、

カメラ写真でなければ写真が売れなかったりする場合があります。

また、スマホ写真の販売が許可されているストックフォト会社でも当然カメラ写真が売られていますので、

本気でストックフォトをする!というのであれば、

最低限カメラは購入した方が良いと思います。

ちなみに、筆者は以下のカメラを購入してストックフォトを始めました。

筆者は、ストックフォト副業を始めるにあたり約12万円するカメラを購入いたしました。

これは、強敵に勝つためにはせめて…商売道具であるカメラだけは高級なもので!

という考えと、同じシャッターチャンスは二度と訪れませんので、

後からあの時に良いカメラで撮っておけば〜という後悔をしたくはなかったからです。

 

ここまで高いカメラを購入する必要はないとは思いますが、

ストックフォトをする方はぜひカメラの購入を考えてみはいかがでしょうか。

またストックフォト副業で稼ぐために、

一眼レフカメラ上達講座」というような講座もご活用してみてください!

ストックフォトで写真は売れるものなの?

実際のところ写真って売れるものなの?

何ていう疑問もあると思います。

今回は、ど素人の筆者でも写真が売れているという証拠画像を公開したいと思います。

上記はアドビストックのマイページになりますが、

このようにいい感じに写真が売れていることがわかると思います。

一枚の報酬は高いときで148円、低いときでも38円となっています。

実際には、20円代の報酬もありますが・・・

 

また、ダウンロード型販売であるPhotoACでは既に2,000回以上ダウンロードされています。

証拠はないのですが、以前書いた、

『PhotoACで初5,000円の換金|換金方法と振込みまでにかかる日数』

という記事を見ていただくとわかると思いますが、

筆者は最低換金額である5,000円の換金に成功しています。

 

PhotoACは1ダウンロード2.75円の報酬になりますので、

換金するのに約1,800回ダウンロード必要だということです。

興味のある方はぜひご覧になってみてください!

写真販売副業の収入は不労所得

ストックフォト副業では、一枚の写真を何人もの方に買っていただけますので、

一枚の写真だけで月に数千円安定的に稼いでくれる!なんてこともあるのです。

また、アップロードした作品はなくなることがありませんので、

一度作業をすると不労で稼いでくれるのです。

 

つまり、不労所得なのです。

もちろん、写真が売れる時期に波があったり一時期売れていた作品が売れなくなってしまった・・・

ということがあるかもしれませんが、

ある程度稼いでいる方が突然収入が0円になってしまった…なんてことはないのです。

 

評判のPhotoACで毎月5,000円ストックフォト収入が稼げている人
PhotoACで初5,000円の換金|換金方法と振込みまでにかかる日数
写真販売副業でPIXTAを勧めない理由はアップロード制限とスマホ不可

 

・カテゴリー一覧|月収一万円を目指すストックフォト体験談

大手リゾートバイト派遣会社3社の公式サイト

リゾートバイト業界に5年潜伏して決めたおすすめ派遣会社ランキング