日本・海外で評判のストックフォトサービス複数社で写真を売る口コミ

まとめ|日本・海外で評判のストックフォトサービス複数社で写真を売る口コミ

”ストックフォト副業を本格的にやる!”

という方の多くは、

 

2社以上の写真販売サイトで、

クリエイター登録をして、

写真を複数社で売っています。

 

理由としては、

アドビストックとシャッターストックの審査基準と採用写真の違い

の記事にも書きましたが、

 

一番の理由は、販売会社によって、

採用される写真の傾向が違うから!

 

写真の販売会社は、

2社でも、5社でも良いのですが

 

筆者は、3社使っています!

 

今回は、なぜ写真は、

複数社で販売するのがいいの?

という話になります。

日本・海外のストックフォトサービスを複数社使うメリット!

日本・海外のストックフォトサービスを複数社使うメリット!
筆者は現在、

「写真AC」「アドビストック」

「シャッターストック」3社で、

 

写真販売を行っています。

 

以前は、「ピクスタ」も使っていましたが、

”少し違うな…”

 

ってことで、クリエイター登録をしたものの、

たった2ヶ月の利用で、退会しました…

「ピクスタ」を使わなくなった理由は、「【写真副業口コミ】PIXTAと子会社である「スナップマート」の評判」の記事にまとめました。

3社(複数社)でストックフォト副業をすることのメリット!

3社(複数社)でストックフォト副業をすることのメリット!
筆者が、3社のサービスを使っている理由は、

 

日本人向けに売りたい!

世界中の人に売りたい!

スマホ写真を売りたい!

カメラ写真を売りたい!

 

という、4つのことがありますので、

3社のストックフォトサービスを使っています!

「アドビストック」を使って写真を販売する理由とは?

アドビストックのメリット
まずは、「アドビストック」を使っている、

理由になるんですけど、

 

「アドビストック」は、

世界中の人から、カメラ写真を買ってもらう!

 

って目的で利用しています。

 

日本人でも「アドビストック」で、

写真の購入をしている人もいますが、

 

筆者の気持ちとしては、

外国人をターゲットに

 

”こんな写真は売れるかな?”

 

って考えて撮影・販売をしています。

MISO
海外のサービスって、売るのが難しいって聞くけど?

海外のサービスは、

世界中の方が利用していますので、

 

売られている写真の数も多いんですけど、

それ以上に購入者も多いため、

 

個人的には、

結構売れる方だと思っています。

 

実体験から、「アドビストック」って、

・何枚くらいアップロードしたら売れる?

・どのくらいの期間で売れるの?

 

って話を書いてみましたので、

以下に、関連記事として載せておきます!

アドビストックで初めて写真が売れた!登録枚数は何枚&その報酬は?

2017.01.15

「シャッターストック」ではスマホ写真を売る!(海外向け!)

「シャッターストック」ではスマホ写真を売る!(海外向け!)
続きまして、

「シャッターストック」ですが、

 

「シャッターストック」では、

世界中の人にカメラ&スマホ写真を売りたい!

ということで使っています。

 

作業的には、「アドビストック」と、

「シャッターストック」は同じ作業で、

 

どちらのサイトにも、

スマホ・カメラ写真をアップロードしていますが、

 

「シャッターストック」の方が、

スマホ写真の採用率は高く

 

「シャッターストック」の方が、

よく売れるため

 

”客層が違う!”

ってことで、「アドビストック」と

「シャッターストック」の2社を使っています!

【徹底解説】シャッターストックの始め方(登録方法)と注意点

2020.09.02

「写真AC」は日本国内向けにスマホ・カメラ写真を売る!

写真AC公式サイト
「写真AC」は、

日本のストックフォトサイトで、

 

スマホ写真でも、

カメラ写真でもOK!

 

ということで、

国内向けの写真販売は、

「写真AC」だけでOK!

 

他のサービスは使わなくても良いと思います。

日本の「写真AC」は銀行振り込み!海外サイトはPayPal振り込み!

日本の「写真AC」は銀行振り込み!海外サイトはPayPal振り込み!
あと、ストックフォトの報酬なんですけど、

 

「写真AC」であれば、

報酬の受け取りは「楽天銀行」なんですけど、

 

海外の「アドビストック」

「シャッターストック」は、

PayPal受け取りになりますので、

 

お金の使い道が狭い…

ってことがありますので、

 

海外だけではなく、

日本のサイトも使った方が良いと思います。

 

補足情報

「PayPal」のお金は、

ヤマダ電機のネットショップや、

「Agoda」(宿泊予約サイト)で、

支払いが可能ですので、

 

PayPalのお金でも全然OK!

稼げるなら、たくさん稼いだ方が良い!

って思いますね。

カナダ発!「istock」の評判・口コミ

 カナダ発!「istock」の評判・口コミ
ストックフォト副業をしている人の中には、

「istock(アイストック)」を使っている人もいますが、

筆者は使っていません。

 

理由は、写真販売サイトを増やすのが嫌だ!

と言う理由と、

 

「アドビストック」

「シャッターストック」よりも、

規模が小さな写真販売サイトだからです。

 

それに、広告での露出が少ないことから、

なかなか「istock」を知る機会が少なく、

購入者も増えないのかな…、

なんて思ったりもしています。

 

「istock」が悪いということではなく、

他のサービスを使っているのであれば、

 

作業量が2倍に増えてしまいますので、

ストックフォト副業に、

どのくらい時間をかけることができるのか?

 

ということを、

よく考えていただけたらと思います。

 

時間のない方は、

思い切って使わないのも選択肢としてはあり!

写真の購入者は一つの販売サイトしか使わない!

写真の購入者は一つしか使わない!
写真の購入者というのは、

基本的には、一つの販売サイトしか使いません!

 

というのも、

多くの人は、写真は単品購入をするのではなく

 

1ヶ月間(一年間)に、

何枚までダウンロードができます!

 

というような、

プランで写真を購入するからです!

 

購入者は、一度サービスを利用すると

他のストックフォトサービスを、

利用することはありませんので、

 

写真を売るクリエイターが、

複数のストックフォトサイトに

写真をアップロードする必要があるのです。

 

だからと言って、

販売会社を増やしすぎると、

作業時間が増えて大変…。

 

ということで、

3社が限界だと思いますよ。

販売会社3社を使った写真販売方法のご紹介

販売会社3社を使った写真販売方法のご紹介
筆者の販売方法は、

カメラで撮影した写真は、

「シャッターストック」

「アドビストック」で販売し、

 

スマホで撮影した写真は、

良い写真は「シャッターストック」

「アドビストック」で審査をして、

 

不採用になってしまった作品だけ、

「写真AC」で売っています。

 

スマホで撮影して、”普通だな…”

って作品は「写真AC」で売っています。

MISO
どうしてこんな売り方をするの?

実は、「写真AC」に、

写真のアップロードをすると、

著作権を譲渡してしまい、

 

他の販売会社で売れなくなってしまうため、

 

「写真AC」は、

最後の手段として使う必要があるのです。

 

「シャッターストック」

「アドビストック」は、

著作権譲渡はありませんので、

複数社で販売が可能となっています。

まとめ|ストックフォトサービス複数社で写真を売る口コミ

まとめ|日本・海外で評判のストックフォトサービス複数社で写真を売る口コミ
写真をたくさん売り、

副収入を増やすためには、

 

複数のストックフォト会社を使うことに、

異論はありません!

 

が、一番大切なのは、

作業時間に見合った報酬を得ることなのです。

 

時間をかけて撮影した写真を、

一社にしか売らないのは、寂しい気がします。

 

ただ、5社で販売する!

というのも少し考えものです。

 

また、写真の販売会社は自分に合ったもの!

 

そして、写真販売のために、

どの程度作業時間が作れるのかを考えながら、

写真販売をするのが良いのかな…と思います!

販売実績!「アドビストック」で高額報酬を獲得しています!


海外のストックフォトサービスを使うと、

たった一枚写真が売れるだけで、

 

報酬が3,960円、1,485円になることもあります!

 

ぜひ、高額報酬を狙って、

ストックフォトをしてください!

筆者が使っているカメラの紹介!カメラ写真で報酬アップ!


筆者は、上記の、

Panasonic(LUMIXシリーズ)の、

ミラーレス一眼を使って、

 

ストックフォト副業をしています!

 

スマホ写真でも売れるんですけど…

解像度が低いため、

永遠に売れ続ける…

 

ってことはなかなか難しく、

不労所得とはならないんですけど、

 

カメラ写真であれば、

スマホの倍は長く売れると…

個人的には思っています。

 

興味がありましたたら、

この機会チェックしてみてください!


カメラ写真の勉強をしたい方は、

以下の書籍がオススメです!

賢く稼ぐなら、ストックフォト活動をブログにせよ!

賢く稼ぐなら、ストックフォト活動をブログにせよ!
最後に、ストックフォトをするなら、

その活動をブログにすると、

 

写真の販売報酬と、

ブログの広告収入を、

ダブルでゲットできます!

 

ストックフォトの活動をネタに、

ブログを書くだけですので、

 

筆者もやっていますが、

結構簡単です。

 

興味がありましたら、

以下の記事もご覧ください!

ブログ副業の始め方|超超超初心者向けにブログって何?を解説

2020.10.11