日本・海外で評判のストックフォトサービス複数社で写真を売る口コミ

ストックフォト写真販売副業を本格的にする!と言う方の多くは、2社以上の写真販売サイトでクリエイター登録をしています。もちろん、写真の販売会社は1社でも5社でも良いのですが、今回は現在3社のストックフォトサービスを利用している筆者のストックフォト副業の仕方についてお話ししたいと思います。

私が行っている写真の販売方法がはたして正しいのかどうかと言う事に関しては、人それぞれやり方が違いますのでわかりません。

ストックフォト経験者の1つの方法・口コミ程度に読んでいただけたらと思います。

 

一眼レフカメラ上達講座

使っている写真販売サイト(日本・海外)


現在私が使っているストックフォトサービスは、日本の「PIXTA(ピクスタ)」「PhotoAC(写真AC)」と海外の「アドビストック(旧フォトリア)」の3社になります。このほかにも有名どころで言えば「shutterstock」「istock」「photolibrary」などもございます。

追記:現在は「PIXTA」に変えて「shutterstock」を使っています。

3社でストックフォトをすることのメリット!

なぜ3社でストックフォトをしているのかというと、頑に3社でしかやらない!というような考えがあるのではなく、私の使っている3社それぞれの持ち味を活かし、尚かつ一番効率の良い売り方が出来るからです。

まず、「アドビストック」で写真販売をする事のメリットは、アドビストックは日本語対応がされている海外の写真販売サイトだからです。もっと簡潔に言うと写真の販売市場が世界(海外)になりますので、購入する人がたくさんいるということ!そして、海外サイトなのに日本人でも使えるということです!

次に、「PIXTA」は日本で一番大きな写真販売サイトで、PIXTAも海外向けに写真販売をしています。が、それでも日本発の写真販売サイトになりますので写真購入に日本人が多いというのが強みになります。

現在PIXTAは使っていません!以下でご紹介するPhotoACが海外進出したことや複数社を使っているクリエイターには写真が売りづらい…ということがあるためです。詳しく知りたい方は「稼げる副業と評判のPIXTAと子会社である「スナップマート」口コミ」の記事をご覧になってみてください!

「PhotoAC(写真AC)」を使っている理由としては、スマホ写真の販売が出来るストックフォトサイトだからです。カメラ(一眼レフやデジタルカメラ)を持ち歩いていない時にスマホで写真を撮った!と言う事も日常生活ではあると思います。そんな時に、アドビストックやPIXTAではスマホ写真が売れませんので「PhotoAC(写真AC)」を使うのです!

が、最近のPhotoACのクリエイターはスマホ写真ではなくカメラ写真で勝負している方が本当に多くいる!ということでこれから始める方は、スマホ写真ではなくカメラ写真で勝負していただきたいストックフォトサービスになります。

カメラを持っていない!スマホ写真を売りたい!という方はスマホで手軽に写真が売れる無料アプリの「Selpy(セルピー)」がオススメです。

Selpy(セルピー) – あなたの日常には価値がある
Selpy(セルピー) – あなたの日常には価値がある
無料
posted withアプリーチ

カナダ発!「istock」の評判・口コミ


ストックフォト副業を行っている人の多くは、「istock(アイストック)」も使っているようですが、筆者は使っていません。

理由は、写真販売サイトを増やすのが嫌だ!と言う理由と、アドビストックやシャッターストックよりも規模が小さな写真販売サイトだからです。それに、広告での露出が少ないことからなかなかistockを知る機会が少なく、購入者が増えないのかな…なんて思ったりもしています。

「istock」が悪いということではなく、他のストックフォトサービスを使っているのであれば写真を売る作業が増えるのにそこまで大きな成果が期待できない…と言うことで、思い切って使わないのも選択肢としてはあり!で、筆者は使っていないのです。

ただ、写真販売サイトは日本人向けに改良が加えられていますので、写真は買いやすいサイトなんだろうな〜という風に見ていますので、シャッターストックをistockに変えてもいいのかな〜という考えもあったりします。

写真の購入者は一つしか使わない!

写真の購入者というのは、基本的には一つの写真販売サイトしか使いません!

というのも、多くの人は写真の単品購入をするのではなく1ヶ月間(一年間)に何枚までダウンロードができます!というようなプランで写真を購入するからです!購入者が一度プランに入ってしまうと、他のストックフォトサービスを利用することがありませんので、写真を売るクリエイターが複数のストックフォトサイトに写真をアップロードしてあげる必要があるのです。

だからと言って、販売会社を増やしすぎると作業時間が増えて大変…。企業でやるのであれば良いとは思いますが、個人でやるとなると…3社が限界です。

販売会社3社を使った写真販売方法のご紹介

筆者はiPhone6とPanasocicのGX8Hと言うミラーレス一眼を使っています。

iPhone6で写真を撮る時は、カメラアプリを使って写真を撮っています。というのも、スマホ写真を売っている「PhotoAC(写真AC)」では、ブログ用に画像を集めている!と言う人が多くいますので、あらかじめ加工した画像を販売しているのです。これが結構いい感じに売れます。


上記がPanasonicのGX8Hというカメラ。

カメラで撮影した写真は、選別した後に「アドビストック」と「シャッターストック」に同時販売致します。

残念ながらどちらとも写真が採用されなかった時は、PhotoACで売る!という感じですね〜なお、PhotpACに写真をアップロードすると所有権を失ってしまいますので、他のストックフォトサービスと併用で売ることはできませんので、PhotoACは最後に使ってください!

まとめ|ストックフォトサービス複数社で写真を売る口コミ

写真をたくさん売り、副収入を増やすためにはたくさんのストックフォト会社を使うことに異論はありませんが、一番大切なのは作業時間に見合った報酬を得ることなのです。

ですので、時間をかけて撮影した写真を一社にしか売らないのは寂しい気はいたしますが、時間をかけて5社で販売する!というのも少し考えものです。

写真の販売会社は自分に合ったもの!そして、写真販売のためにどの程度作業時間が作れるのかを考えながら最もやりやすい方法で写真販売をするのがいいのかな…と思います!

 

評判のPhotoACで毎月5,000円ストックフォト収入が稼げている人
PhotoACで初5,000円の換金|換金方法と振込みまでにかかる日数
写真販売副業でPIXTAを勧めない理由はアップロード制限とスマホ不可

 

・カテゴリー一覧|月収一万円を目指すストックフォト体験談

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

リゾートバイト業界に5年潜伏して決めたおすすめ派遣会社ランキング