ストックフォトの報酬はいくら?最高報酬の作品。

【Adobe stockで写真販売】最高報酬更新!一枚◯◯◯◯円の高額報酬!


今回は、写真販売(ストックフォト)の報酬についてです!

 

各ストックフォト会社の公式サイトにて、

報酬額(コミッション)の確認はできますが、

 

写真販売の報酬は、

購入者がどのようなプランで写真を購入したのかによって報酬は大きく変わりますので、

 

明確な報酬額というのは、分かりにくいんですよね…。

 

ということで、今回は筆者の販売している写真が売れた時に、

”いくらの報酬になったのか?!”紹介したいと思います。

通常報酬は14円…。高額報酬は…3,960円!?

アイキャッチ画像を秒速で作る!そんな無料ツールを知りたい!
まずは、筆者はどこで写真を売ってるの?

って話を簡単にしておこうと思うんですけど、

 

筆者は主に「シャッターストック」と、

「アドビストック」で写真を売っています。

 

日本の「写真AC」というサイトでも販売をしていますが、

「写真AC」の報酬は定額ですので、高額報酬はないんですよね…

”本気で写真販売に取り組むぞ!”って方は、

海外のサービスを利用した方が、

大きく稼げることは間違いないと思います。

現在の筆者は、「シャッターストック」一本に絞って写真販売を行っています。

最低報酬は14円(0.1ドル)とかです。


海外サービスで写真が売れた時の最低報酬は…0.1ドルくらいですね。

 

現在は、円安になりますので約14円ですね。

 

14円は「シャッターストック」の報酬になるんですけど、

「アドビストック」だと最低報酬はもう少し高くて20円ほどです。

※なお、日本の「写真AC」の報酬は3.25円です。(海外と日本とでは、写真販売の方法が違いますので、比較はなかなか難しいところです。)
※最低報酬は14円ほどですが、30円や150円以上の報酬になることもよくあります!

「シャッターストック」の方がコンスタントに売れます。

素材販売(画像・動画)販売は「シャッターストック」で売りましょう!
「アドビストック」よりも、

「シャッターストック」の方が報酬は若干低いんですけど、

 

報酬が低い…ってことは、

購入者目線で言うと”写真を安く買える!”ってことになりますので、

 

写真の購入者が多く、取引量も多いため、

 

「シャッターストック」の方が、コンスタントに売れる!って感じですね。

最高報酬は3,960円です。(「アドビストック」の報酬です。)

【Adobe stockで写真販売】最高報酬更新!一枚◯◯◯◯円の高額報酬!
前置きが長くなりましたが、

高額報酬になった作品を紹介したいと思います。

上記の作品は、沖縄旅行で撮影した作品で、

報酬は…3,960円でした!

 

「アドビストック」で販売している作品になるんですけど、

写真のタグ付けが「ガジュマルの樹」とか「根」とか…

 

”検索に引っかからないだろうな…”

みたいな感じの作品なんですけど、

 

それが、まさかの購入されることになり、

しかも、その報酬は…3,960円でした!

 

ちなみに、上記の写真はありがたいことに、

その後、何度か購入していただけたんですけど、

 

3,960円の報酬は一度きりで、

それ以降は20円とかでしたね。

 

購入者のプランによって報酬が変わりますので、

高額報酬は…完全に運です…。

高額報酬になった作品はカメラで撮影しました!


高額報酬になった作品は、

上記のカメラを使用して撮影しました!

 

「パナソニック(LUMIXシリーズ)」のミラーレス一眼になります。


カメラを使って”本気で勝負をしたい方”は、

ぜひ参考にしてみてください。

 

なお、少々古いカメラですので、

最新のカメラを購入するのもありだと思います。

※スマホ(写真)でもストックフォト副業はできます!

奥さんと立ち寄ったカフェで撮影!(食事代がタダに!)

まとめ|写真販売(アドビストく)で高額報酬になった写真の紹介。
二枚目の高額報酬作品は…

奥さんと立ち寄ったカフェで撮影した桃パフェの写真です。

 

(桃が若干傾いています…)

 

報酬額は…1,480円でした。

 

1,480円の報酬になった!ってことで、

タダで、パフェを食べたようなものですね。

 

(上記の作品も「アドビストック」で売れました。)

特別な技術は不要!ただ写真を撮るだけの副業です!

「アドビストック」で写真って売れるものなの?
最初に紹介した作品は、カメラで撮ったんですけど、

二枚目のパフェの写真は、スマホで撮影しました!

 

(しかも、その時はiPhone8を使っていましたね…。)

 

よく写真販売を始めるために、

高額なカメラを購入して…みたいな人もいますが(筆者です…)

 

実は、スマホでも高額報酬は狙えますので、

カメラは不要だったりもします…。

 

筆者は高額なカメラを購入して、

ストックフォト副業を始めたんですけど、

未だに初期費用は…回収できてません…(涙)

 

(ちなみに、筆者は初期投資で10万円以上お金をかけています。)

 

【重要】

写真販売は、初期投資0円のスマホで行うのがベストです!

ただし、写真をアップロードするために、

”パソコンは必須です!”

 

筆者は、Mac Book Air(M1)を普段使いしています!


筆者がストックフォトを始めたときは、iPhone6が最新の時代でしたので、カメラが必須だったんですけど、iPhone13が主流の今ではカメラは不要!ってことですね。

どこで写真を販売するのがベスト?


筆者自身は、5年以上ストックフォト副業を行って、

高額報酬になったのは…たった2回でした。

 

もちろん、どの程度写真をストックしているのか?

質はどのくらいなの?みたいな問題もあるとは思うんですけど、

 

基本的には、高額報酬を狙いに行くのではなく、

コンスタントに通常報酬を獲得しつつ、

 

高額が出たらラッキー!

 

みたいなスタンスで写真販売をするのがベストだと思います。

 

で、筆者自身は、

「アドビストック」で2度高額報酬を出しましたが、

 

トータル報酬で考えると、

「アドビストック」よりも「シャッターストック」の方が高いため、

安定的に稼ぎたい方は「シャッターストック」を使う方が良いと思います。

なお、写真販売というのは、一枚の写真を「シャッターストック」「アドビストック」の2社で販売をすることも可能です。(著作権の譲渡が行われないため。)

質よりも写真の枚数で勝負をする方は、

作業量的に一社が限界かな…?と、思いますが、

 

まずは、写真販売がどのようなものなのか?

実際に体験していただくのが一番だと思います。


上記は、「シャッターストック」の直近3回の報酬履歴になります!
ある程度、写真をストックすると、

不労収入のように、コンスタントに報酬を受け取ることができます!

 

(筆者自身は、月/13ドル(約1,885円)ほど稼いでいます!)

 

※1ドル≒145円で計算をしています。

 

まずは、報酬の振込に必要な最低金額である

35ドル(5,075円)を目指して頑張ってみてください!

 

一度でも35ドルの壁を越えると、

それ以降は、右肩上がりにどんどん不労収入を増やすことができます!

 

「シャッターストック」の登録方法は、以下にまとめました。

(登録は無料で、ものの数分で登録ができます!)

 

【徹底解説】シャッターストックの始め方(登録方法)と注意点

 

公式サイトも以下に載せておきます!

公式サイト:「シャッターストック

まとめ|ストックフォトの報酬はいくら?最高報酬の作品。


「写真販売(ストックフォト)」というのは、

無料で誰でもできる副業になりますので、リスクはゼロです!

 

ただし、簡単に稼げる副業ではありません!

(そもそも簡単に稼げる副業はこの世界にはありません)

 

それでも、”挑戦したい!”という方は、

ぜひ、スマホに眠っている写真を売ってみてください!

 

ということで、今回の話はこの辺で!

※今回、ご紹介した高額報酬は筆者の最高報酬でして、ストックフォト副業の最高報酬ではないことに注意していただけたらと思います。(上には上があります!)



シャッターストック公式」(写真販売)