ストックフォトで稼げない理由は「ストック数」と「需要」

まとめ|ストックフォトで稼げない理由は「ストック数」と「需要」


今回は、ストックフォト(写真販売)で、

稼げない理由をすばり答えます。

 

すでに写真販売副業をしている人も、

”これからするぞ!”って思っている人も、

 

ぜひ、参考にしてみてください。

ストックフォトで稼げない理由は「ストック数」と「需要」

ストックフォトで稼げない理由は「ストック数」と「需要」
ストックフォトで稼げない理由は、

ズバリ、ストック数需要です。

MISO
写真販売で稼げない人のストック数は、30枚以下ですよ!

ストックフォトをしている人で、

”全然稼げない…”って言っている人の大半は、

写真のストック数は30枚以下です。

 

ぶっちゃけると、クリエイター登録をして、

 

試しに20枚ほどアップロードして、

10枚くらい採用になったけど、

 

全然売れないからやる気が無くなり

それ以降、写真のアップロードをせずに、

”もういいや!”みたいな人が大半です。

 

逆に、”たった10枚の写真だけで稼げる!”

という考えの方が不思議だと思うんですよね。

 

プロの写真家でも、

プロに近いアマチュアカメラマンでも、

 

一つの撮影スポットで、

何十枚、何百枚の写真を撮影をして、

 

その中から厳選した写真を、

アップロードして販売しているわけで、

 

素人がスマホで撮影した、

近所の風景とか、昼に食べたラーメンとか…

 

そんな写真を10枚アップロードしたくらいで、

稼げるわけがないのです…。

 

ちなみに、写真販売副業では、

90%以上の人は1円すら稼げていません…

 

稼げない方が当然といえば当然で、

一枚でも写真が売れた人は、

 

センスがありますので、

ぜひ、継続して写真販売をしていただきたいですね。

自分でも買いたいなっ!って思うような写真を売りましょう。

自分でも買いたいなっ!って思うような写真を売りましょう。
ストックフォト(写真販売)のゴールは、

写真を審査に出して採用になることではなく

 

審査に通った写真が売れて、

換金をすることがゴールです!

(報酬を受け取ること。)

 

実体験から少しお話しすると、

筆者がストックフォトを始めたときは、

 

・写真審査に合格すること!

・ストック数を増やすこと!

 

上記のことしか考えていなかったんですけど、

 

写真の審査というのは、

各販売会社が定める基準以上のクォリティーであるか。

 

という審査になりますので、

合格したからと言って売れるとは限りません…

 

それなのに、筆者はただ基準以上の写真を撮影して、

ストック数を増やしているだけだったのです…。

MISO
じゃあ、どんな感じでストックフォトをしたらいいの?
designer
筆者が気をつけていることは、

仮に、筆者がデザイナーだとして、

 

お金を払ってその写真を購入したいと思うか?

ってことを考えてストックフォトをしています。

 

自分自身が納得していないというか、

”大したことのない写真だな…”

って思っている写真は絶対に売れません!

 

実際に筆者の写真でよく売れているのは、

個人的によく撮れた写真でして、

 

”この写真は売れないだろうな〜”

って写真は、案の定売れていません…

ストックフォトは需要のある狙い目のテーマで勝負せよ!

需要のある狙い目のテーマで勝負せよ!
ストックフォト初心者がよくやってしまうミスとして、

全く需要のないテーマの写真を売ることです。

 

よくあるのが、

近所でたまたま撮影した名前の知らない花!

 

ぶっちゃけ、名前の知らない花なんて、

誰も買いません!

 

あと、空の写真食べ終えた食事とか…

 

全く需要のない写真を100枚集めても、

お金にならないんですよ…。

MISO
じゃあ、桜の写真で勝負しよう!

桜の写真に関しては、

日本だけではなく、海外でも需要がありますので、

 

名前の知らない花を撮るよりは、

全然良いとは思うんですけど、

sakura

例えば、「シャッターストック」には、

すでに14,407枚の桜の写真がアップロードされていますので、

 

大量にある桜の写真の中から、

自分の写真を選んでもらう!って、

めちゃくちゃ厳しいと思います。

MISO
どうやったら稼ぐことができるの?
「アドビストック」で写真って売れるものなの?
筆者が実際に行っている方法ですが、

需要があるのに、ライバルが少ないテーマで勝負する!

 

以前にも書いたことがあるんですけど、

ラーメンの写真では絶対に勝つことはできませんので、

 

「沖縄そば(ソーキそば)」「流しそうめん」の写真で、

勝負をするのはどうかな?

 

桜ではなく、

花見、花見の場所取り、花見にいそうな酔っ払い…

 

上記のようなテーマの写真を撮ると、

売れる可能性はあると思います。

まとめ|ストックフォトで稼げない理由は「ストック数」と「需要」

まとめ|ストックフォトで稼げない理由は「ストック数」と「需要」
今回は、ストックフォト(写真販売)で稼げない理由について、

筆者の実体験から書いてみました。

 

”ストックフォトで稼ぎたい!”

という方は、

 

・自分でも買いたいと思う写真を売ること!

・ライバルが弱くて、需要のあるテーマで戦う!

 

上記のことを考えてストック数を増やしていくと、

毎日数十円稼げるようになり

 

さらに、継続してストックフォトを続けると、

毎日数百円〜稼げるようになりますので、

 

諦めずに、

写真撮影を行っていただけたらと思います。

 

ちなみに、筆者は「シャッターストック」で、

写真販売を行っています!

 

世界中の人が、

「シャッターストック」で写真を探していますし、

 

海外のサービスなので売れた時の報酬が高い!

という特徴があります。

 

ぜひ、この機会にどのようなサービスなのか、

チェックしていただけたらと思います。

 

関連記事

【徹底解説】シャッターストックの始め方(登録方法)と注意点