詳し過ぎ口コミ!本気で写真販売副業するならアドビストックは必須?

以前、『ストックフォト副業を始める|写真って売れる?いくら儲かるの?』という口コミ・体験記事で、筆者の写真販売副業による報酬(収入)はいくらなのか!?ということを一部公開いたしましたが、その時にご紹介したストックフォト会社が…そうです、今回詳しくまとめる「アドビストック(Adobe Stock)」なのです。

アドビストックはスマホ写真を売って稼ぐ!という方ではなく、カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、デジタルカメラ)で撮影した作品を販売する!という方には絶対にクリエイター登録をして欲しいおすすめのストックフォト会社になっています。

これからそのアドビストックについて詳しくご説明したいと思いますので、写真販売副業をしたい!という方は是非参考にしてみて下さい!

 

・アドビストックの公式サイト

アドビストック(Adobe Stock)ってどんな企業?

アドビストックと聞いても全くピンとこない人も多いと思いますが、以下のような画像を見るとあれか〜と思うはずです。
AdobeFlashplayer
上記がアドビのサービスの1つである、アドビフラッシュプレイヤー(Adobe Flash Player)になります。

パソコンやタブレットで動画を見るときに”アドビフラッシュプレイヤーが必要だよ〜”というような表示がされることがあると思います。この他にもアドビはウェブクリエイターには欠かせない…フォトショップ(Photoshop)というサービスを展開していたりもしますので、それはそれは大きな会社だということなのです。

会社は日本企業ではなく、アメリカの会社になります。(日本法人もあります。)

そんな、多くのサービスを運営しているアドビの1つのサービスとして…アドビストックというサービスがあるのです。

アドビストックがすごい所!写真販売のメリットって?

そんなアドビストックの最大の特徴は、多くのクリエイターに写真を使ってもらえる機会がたくさんあるということなのです。

具体的にいうと、先ほどPhotoshopを運営している会社がアドビだという話をいたしましたが、PhotoShopというのは画像を編集する最強のツールで、そのソフトを使っているクリエイターが”あ!画像使いたい!”と思った時に、すぐに同じくアドビのサービスであるアドビストックに移り写真を購入することができるようになっているのです。

写真を購入するユーザーは個人…よりも仕事で使う!という人の方が多いため、アドビストックで写真を売ると購入される確率が上がるのです!

よくフォトリア(Fotolia)ってサービスを聞くけど?違いは?

fotoliaって?
ストックフォトに関するブログ記事を読んだりするとフォトリア(Fotolia)というキーワードがよく出てくると思いますが、フォトリアというのは世界最大のストックフォトサービスになります。そのため、写真が欲しい!という人は必ずと言っても良いほど”フォトリアのサイトに良い写真はないかな〜”と探すのです。それで、このフォトリアなんですが…アドビによって買収されました。

つまり、世界最大級のストックフォトサービスであるフォトリアを買収するアドビってどんな企業やねん?ということなのです。

ブログでアドビストックと書かれていたり、フォトリアと書かれているのはこのためです。それで、現在「アドビストック」と「フォトリア」がどのような関係にあるのかというと、まずフォトリアは買収前のように写真の販売サービスが継続して行われています。ただし、現在はクリエイター(写真販売者)の新規登録・募集はしていません。え!?じゃ、世界最大級のストックフォトサービスであるフォトリアで写真は売れないの?というと、アドビストックでクリエイター登録をして写真の販売をすると「フォトリア」と「アドビストック」の両方のサイトで写真が販売されることになっています。

ということは、アドビストックを使うとフォトショップなどのサービスを利用しているクリエイターに写真を買ってもらえる可能性があり、さらに世界最大級のストックフォトサービスであるフォトリアでも写真が売られますので、クリエイターはアドビストックに迷わず登録するべきなのです!(クリエイター登録は無料!)

ということで、アドビストックがどのストックフォトサービスよりもクリエイター登録をする価値があるということがわかっていただけたと思います。

でも、カメラ持っていない!という方は、スマホでお手軽に写真販売ができる無料アプリSelpy(セルピー)がおすすめ!

Selpy(セルピー) – あなたの日常には価値がある

Selpy(セルピー) – あなたの日常には価値がある
Selpy(セルピー) – あなたの日常には価値がある
開発元:Selpy, Inc.
無料
posted withアプリーチ
スナップマートに代わるスマホで手軽に写真販売が出来る無料アプリ「Selpy(セルピー)!スマホ写真を売りたい方にオススメのアプリになります!

アドビで写真が一枚売れると報酬はいくら?

アドビストックで写真が1枚(1回)売れるといくらの報酬になるの?というのは収入(お小遣い)目的で皆さん写真販売をすると思いますので、大変気になるところだと思います。

まずは、アドビストックの報酬表を掲載したいと思いますのでご覧になってみてください。
アドビストックのロイヤリティ
報酬金額は上記のようになっています。で、いくらなの?

そうなんです、実は「アドビストック」と「フォトリア」のどちらで購入されたのか、写真が単品で購入されたのか、どのサイズのものが買われたのか、購入者がどのようなプランで購入したのかによって一枚の報酬金額が変わってくるのです。

また、ランク制度というものがあり、報酬金額は写真を売れば売るほど上がるという嬉しい仕組みにはなっていますが…大変複雑なのです。また、海外のサービスになりますので1クレジットって何?円で教えてくれ!と、思う人もいるでしょう。

と、いうことで筆者の管理画面を公開した方がわかりやすいと思いますので…以下に載せます。
アドビストックで売れた写真
上記がアドビストックの管理画面になります。

それで一枚あたりの報酬はいくらなのかというと、1枚148円の高額報酬の時があれば一枚38円の報酬の時もあるのです。筆者の報酬で1番低かったのは、27円でしたのでおそらく27円が底値なのではないのかなと思います。最高報酬に関しては、まだまだ高い報酬になることがあるとは思いますが、筆者の現在の実力では148円が精一杯。

また、管理画面ではコミッション(報酬)は〜クレジット獲得!!という表記ではなく円で表示されています。報酬表も気になるとは思いますが、写真が売れた時にその報酬がいくらなのかということを日本円で確認できますので、筆者は報酬表は一切見ていません、よくわかりません!

追記:アドビストックで写真が一枚売れて、その報酬が!?148円を超えましたので合わせてご覧になってみてください!「アドビストック(AdobeStock)の最高報酬は一体いくらなのか?」の口コミ記事になります。

アドビストックの最低換金金額と振込先とは?

アドビストックの報酬は7,500円になると振り込みの請求ができる仕組みになっています。7,500円に満たない場合は繰越されますので7,500円を目指して頑張りましょう!

振込先は、PayPalだけとなっていますので少し使いにくい…という人もいるかもしれませんが、慣れていないだけで使ってみると案外普通だな…と感じると思いますので、特別大きな問題にはならないと思います。また、報酬はドルで支払われますので、投資をしている人にとっては複数の通貨が持ててうれしく思ったりもします。面倒!という人はネットショッピングで買い物をするときにPayPal支払いで優先的に使ってしまうと良いと思います。

肝心の写真って実際売れるものなの?

アドビストックがすごいストックフォトサービスで写真販売をするなら絶対に使った方が良いということもわかったけど…素人が撮影した写真なんか売れるの?と、考える人もいると思います。ですので、同じく素人である筆者が撮影した写真と売れた写真なんかを何枚かご紹介したいと思います。

売れた!!!日本の田舎の風景写真

アドビストックで売れた田舎の写真
上記の写真は、筆者が大分県の湯布院で派遣のお仕事をしていた時に撮影した一枚になります。ど素人の筆者が、ストックフォトで稼ぐぞ!不老所得だ!ということで、10万円以上する高額なミラーレス一眼を購入し、1番最初の撮影で撮れた写真になります。この作品は、筆者の技術が良いのかカメラの性能が良いのかというと…カメラの力で売れている作品になるのかなと思っています。

ちなみに、上記の写真が売れた時の報酬額は…

一枚148円の高額報酬になりました。たった1枚(回)で缶ジュース以上の報酬になるストックフォトは意外に夢のある副業なのかもしれませんね。将来不労所得として働かずして収入が得られることも!

ちなみに、ストックフォトというのは写真を売っているようで、本当は写真を使う権利を売っているのです。そのため、写真を使いたい人はみんなその写真を購入することができますので、同じ写真が何度も売れる可能性があるのです。

もし、一枚の写真が1000人に購入されるような写真が撮れるのなら…ブログなんて書いてる場合じゃない!写真を撮れ!そして一刻も早くアップロードして売れ!ということになるでしょう。

カメラの使い方を学び、ストックフォトで高額報酬をゲットする!不労所得を作りたい!と言う方は、「“感動の1枚”をわずか3ステップで撮れる!一眼レフカメラ講座」のような通信講座の受講は必須かも?!通信講座の費用はすぐにストックフォトで元を取ることができるでしょう!

一眼レフカメラ上達講座

風景写真は素人でも売れるということ?!

アドビストックで売れた風景写真
上記も風景写真になります。筆者は基本的には人物写真は撮りません。というのも、モデルリリースの提出が面倒だからです!(それに女性・子供など絵になるモデルもいません!)

それではどのようなものを撮って販売しているのかというと、風景や食べ物の写真を撮影して販売しています。

上記の写真は、日の光と影が絶妙な1枚となっています。(自分で言うのはキモいと思いますが…)静止している物体であれば同じような写真を何度も撮ることができるとは思いますが、風景写真はその時にしか撮影ができませんので一度のシャッターチャンスを逃さないで欲しいと…筆者は思うのです。

写真販売副業では高額なカメラっているの?経験者の1つの考え!

ストックフォトでカメラはいるの?
ストックフォト副業をするためにはカメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、デジタルカメラ)が必要なの?

スマホのカメラ機能じゃダメなの?

ということについて筆者なりの回答をすると、スマホ写真の販売が出来る「PhotoAC(写真AC)」や「Snapmart(スナップマート)」「セルピー」という日本企業のストックフォトサービスもありますので、必ずしも高額なカメラを購入しなければならない!ということではありませんが、その「PhotoAC」や「Snapmart」でもカメラで撮影された写真が売られていますので、売り上げを伸ばす!という気持ちがあるのであればカメラは買った方が良いと思います。

関連記事として「稼げる副業と評判のPIXTAと子会社である「スナップマート」口コミ」という口コミ記事も載せておきます!

また、今回ご紹介しているアドビストックでは写真の審査がありますので、写真がその写真審査に通らなければそもそも写真を売ることができないのです。アドビストックではスマホの写真販売が禁止されているわけではありませんが、スマホで撮影した作品は高確率で不採用になりますので、アドビストックを使ってストックフォトをしたい!写真販売副業で高額報酬を稼ぎたいんだ!という方はぜひカメラを購入してください!

筆者が副業のために購入したカメラって?

筆者がストックフォト副業のために購入したカメラは、本ブログでちょこちょこ載せていますが、Panasonicのルミックス(DMC-GX8H-K)というミラーレスカメラになります。
パナソニックのミラーレスカメラ
値段にすると10万円以上いたしますので、結構大きな買い物です。

ただ、筆者はスマホや安いカメラで写真を撮影し、その写真を販売した後に”あの時もっと良いカメラで撮っていれば…もっと売れたのに…”なんていう後悔は絶対にしたくはなかったのです。また、写真を撮るためだけに再び旅行ができるのかというと…そんなお金はありませんし、同じところを旅行してもつまらないでしょ!ということです。さらに、再び旅行ができたとしても最高のシャッターチャンスに巡り会うことは…無理なのです。

写真の購入者は世界中にいますが、それと同時に世界中にクリエイター(写真家)が存在するのです。写真販売というのは…世界の強豪を相手に戦う副業であるということを頭にいれていただけたらと…筆者は思います。

以下が筆者の使っているカメラの詳細です。

アドビストックの登録方法(もちろん無料!)

最後にアドビストックの新規クリエイター登録の方法を少し書いてこの話を終わりたいと思います。(無料です!)
アドビストックに登録する!
クリエイター登録はものすごく簡単で、アドビストックのホームページの1番下にある「画像の販売」というところをクリックして下さい。

すると、以下のようなページになると思います。
クリエイターの新規登録
新規でIDを作るとすぐにアドビストックのクリエイター登録ができます。(必要事項の入力が必要です。)

すでにIDがある方は、ログインしてクリエイター登録を進めてみてください!

以上!

今回は、アドビストックについての口コミ・評判記事でした。

 

・必見!PhotoACで毎月5,000円ストックフォト収入が稼げている人
・一眼レフカメラ上達講座の活用でストックフォト写真販売副業で成功を!
・PhotoACの投げ銭受け取りがコインチェックからザイフに変わった件

 

・カテゴリー一覧|月収一万円を目指すストックフォト体験談

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!