海外在住者は写真販売(副業)で稼ごう!始め方と換金方法について!


今回は、海外在住者向けに、

写真販売副業の始め方換金方法について、

 

写真販売を4年ほどしている、

台湾在住の筆者が解説します!

・海外にいながら副収入で稼げる写真販売って?

・換金方法!お金の受け取りについて!

上記のことについて知りたい方は、

是非、最後までご覧になってみてください!

海外在住者向け!写真販売の「始め方」と「換金方法」

海外在住者向け!写真販売の始め方と換金方法
はじめに”ストックフォト副業って?”

という話を簡単にすると、

 

ストックフォトというのは、

写真販売会社に写真をストックするだけで、

 

その写真が売れるたびに、

購入代金の一部が半永久的に入ってくる!

という副業になります。

 

難しいことは一切なくて、

作業1:写真を撮る(スマホOK)

作業2:写真をアップロードする

これだけの作業で稼げるのが写真販売です。

写真販売を始める方法|クリエイター登録(無料)をするだけ!

写真販売を始める方法|クリエイター登録(無料)をするだけ!
写真販売を始める方法は、

各写真販売会社でクリエイター登録をするだけです。

 

クリエイター登録は無料誰でも登録ができます。

(登録後、すぐに利用可能。)

 

写真の販売会社に関しては、

いくつかありまして、筆者は以下のサービスを使っています!

・「シャッターストック」(アメリカ企業)

・「アドビストック」(アメリカ企業)

・「写真AC」(日本企業)

上記の3社を使っています。

 

”報酬は低いけど、毎日売れて、稼げてるな!”

 

って実感ができるのが「写真AC」で、

 

「シャッターストック」「アドビストック」は、

売れた時の報酬が高いため

本気で稼ぎたい人向けのサービスになります!

「シャッターストック」と「アドビストック」は、一枚の写真を複数社で販売できますので、二刀流で稼げるサービスです。

「シャッターストック」「アドビストック」の報酬を換金する!

【シャッターストック】
「シャッターストック」ではスマホ写真を売る!(海外向け!)
【アドビストック】
「シャッターストック」「アドビストック」の報酬は、

PayPal(ペイパル)口座に振り込まれます。

 

「シャッターストック」の場合は、

報酬が35ドル以上貯まると

ペイパル口座に自動的に振り込まれ、

 

「アドビストック」の場合は、

報酬が3,750円以上になると

任意のタイミングで振り込み申請が可能です。

 

海外で生活をしていると、

”日本円を稼いでも現地で使えない!”

”日本円を換金する手段がない!面倒!”

 

ってケースもあると思いますので、

日本に住んでいたら”PayPalかよ!”ってなってしまうところも、

海外在住者だと逆にメリットになったりもすると思います。

【agoda(アゴダ)】PayPal支払いOK
ちなみに、筆者は台湾在住なんですけど、

台湾にはPayPal対応のサービスってほとんどありませんので、

海外在住だけどそこまでメリットは…ない感じです…。

 

ただ、「agoda(アゴダ)」でホテル予約をするときに、

PayPal支払いができますので、

家族旅行をするときに優先的にPayPalのお金を使っています。

海外在住者には微妙?「写真AC」は楽天銀行振り込みのみ対応!

【写真AC】
海外在住者には微妙?「写真AC」は楽天銀行振り込みのみ対応!
日本の「写真AC」に関しては、

報酬が5,000円以上貯まると

 

任意のタイミングで「楽天銀行」に振り込み申請ができます。

 

完全に海外移住をしてしまうと、

デビットカードでお金を引き出す!ってことがなくなると思いますが、

 

海外留学や頻繁に海外に行く人であれば、

楽天デビットカードを作っておくと、

 

現地のATMでお金の引き出しができますので、

写真副業で稼ぐのもありだと思います。

すでに海外移住をしている方は、これから「楽天銀行」の口座開設をするのはなかなか難しいと思いますので、海外の「シャッターストック」「アドビストック」で稼ぐと良いと思います!

写真販売の始め方に関しては、

【徹底解説】シャッターストックの始め方(登録方法)と注意点

 

上記の記事を参考にしてみてください!

※「シャッターストック」の登録方法になります!

日本人が海外在住になると、できる副業が限られてしまい

稼ぐ手段が減ってしまうんですけど、

 

「ストックフォト副業」は、

海外移住をしてからでも始めることができますし、

PayPalでお金を受け取れるのも意外に嬉しいところです!

 

ぜひ、この機会に挑戦していただけたらと思います。

 

なお、”写真を売る!”ってことでカメラが必要なのかな?

と考える人もいるんですけど、最初はスマホ写真でOKです。

 

初期投資0円で始めるのがベストな選択だと思います。

公式サイト:「シャッターストック

シャッターストック公式」(写真販売)