「北海道」の富良野で初リゾートバイト|体験談と派遣会社の口コミ

【ぼったくりって本当?】ヒューマニックの口コミ・評判のまとめ

今回は、筆者が「北海道」の富良野で行った、

初リゾートバイトについて話したいと思います!

 

(富良野で3ヶ月間の長期リゾバを経験しました。)

・リアルなリゾバ生活が知りたい!
・北海道リゾバってどんな感じなのかな?
・長期リゾバをしようと思っている!
・派遣会社の口コミが知りたい!
上記の方は、ぜひ参考にしていただけたらと思います!

 

なお、今回の記事は「初リゾバ体験談!」ということで、

 

筆者がサラリーマンを辞めた後

”どのような経緯でリゾバ派遣を始めたのか?”

”派遣登録や面接・お仕事選びはどんな感じだったの?”

 

という所からお話ししたいと思いますので、長めの記事になっています。

記事の後半に、筆者が実際に利用した「派遣会社の口コミ」も書いています。
リゾバの始まり
MISO
早速、その初リゾバ生活のことを聞かせて!

筆者が、リゾートバイト派遣を始めたのは、

今から約3年前のことです。

 

当時、勤めていた司法書士事務所を退職して、

次の仕事(再就職)として「外資系保険営業マン」の職に進もうと、

 

とある保険会社の支部長から推薦をもらい、面接試験を何度か受けていた時です。

 

大学時代の先輩が、

冬休みにリゾバでスキー場勤務をしたという話を急に思い出したのです。

リゾートバイト派遣というのは、

冬季限定スキー場勤務限定だと思い込んでいた筆者ですが、

 

試しに「リゾートバイト」と、

google先生に質問(検索)をすると、「夏」でも仕事(求人)があり、

しかも、スキー場だけではなく、レストラン勤務の職場も沢山あることを教えてくれたのです。(ググっただけ。)

リゾートバイトの求人は一年中あって、47都道府県のホテル・旅館から出ていますので、「いつでも・どこに住んでいる人でも」できます!
筆者が「北海道出身」だということもあって、

リゾバ≒スキー場だと勘違いをしていたんですよね。

 

さらに、リゾバ求人を検索してみると、

想像以上に求人が多くて、職種も色々あって驚きました。

 

その時「のめり込むよう」に求人情報を見ていたんですけど、

見れば見るほど、ワクワクして、人生の新たな始まりを感じました!

何かが起きる予感がする!そんな感じです…

「外資系保険営業マンのお仕事」は、

年収1,000万円越えが可能です。

 

筆者を推薦してくれた方は、

年収3,000万円以上!って言っていましたね…

(いつもご飯をおごってくれました。ありがとうございました。)

 

この給料は、かなり魅力的な額だとは思いますが、

筆者にとっては、リゾバ派遣の方がより魅力的なもので、

これから先の人生においては「リゾバ経験の方が重要」だということを、

 

派遣登録をする前から

ビンビン感じました。

 

その後、筆者は面接をしてくれていた保険会社の支社長に「お断りの連絡」をして、

 

直感で、大手派遣会社の「ヒューマニック」で派遣登録をしたのです!

派遣会社の「ヒューマニック」で派遣登録&お仕事を決める!

【ヒューマニック】
ヒューマニック(リゾバ.com」での派遣登録は至って簡単でした。

 

「ヒューマニック」の公式ページから働きたいお仕事を選び、

「応募する「応募フォーム」に必要事項を入力・送信するだけで、

派遣登録(仮登録)は終了でした。

 

その後、「ヒューマニック」の担当者から、

「電話」「メール」で連絡がありました。

「ヒューマニック」は全国7支店「横浜」に営業所があります。

(支店:札幌・仙台・新宿・名古屋・大阪・福岡・沖縄)

 

「店舗に行くことが出来る人」は、

担当者に直接会ってお話しをすると良いでしょう。

 

もちろん、「店舗に行くことが出来ない人」でも、

電話等で対応をしてくれますので安心して応募して下さい。

 

筆者は”地元の北海道でリゾバをしたい!”と、思いましたので、

 

上記の流れで、北海道の富良野市にある「ペンション風レストラン」のリゾバ求人に応募を致しました。

 

応募をすると、

「札幌支店」の担当者からメール連絡が来ました。

”お仕事の紹介を札幌の「店舗」でしたい!”とのことでしたので、

 

「印鑑」「運転免許証」「通帳(給料の振り込み口座)」を持って、

「ヒューマニック」の札幌支店に向かいました。

「ヒューマニック」の支店ではどんなことをするの?

ヒューマニックの支店ではどんなことするの?
上記は、「ヒューマニック札幌支店」の方です!

 

「ヒューマニック」の店舗では面接はなくて

担当者と少しお話をしてから申し込みフォーム(履歴書みたいなもの)を書き、

どのお仕事にするか一緒に選びました。

店舗に行く時の「服装」は、スーツを着る必要はありません。Tシャツ・ジーパンで大丈夫です。

筆者は、店舗で北海道の求人を5件くらい見せてもらいましたが、

自宅でリゾバ求人を探している時に聞いていた、

 

Radwimpsの「いいんですか?」

と言う曲の歌詞に出てくる

富良野は寒いわけで”

のフレーズだけで応募した、

富良野の案件をお願いしました。

 

「応募要項」には、

「ホール兼調理補助業務」とありましたが、

 

”普段料理をするので、補助なら出来ます!”と元気に答え、

先方に連絡をしてもらうことになりました。

筆者は、調理師の専門学校を卒業しているわけではありません…

リゾートバイト派遣では面接は不要です!

 

「勤務希望」の富良野のペンション風レストランには、

「ヒューマニック」の担当者が連絡をしてくれましたので、

家で「採用」「不採用」の連絡を待っているだけでした。

よく考えたら、寝てても採用がもらえる、

”リゾバの仕組みってすごいな!”って思いました。

学生の時に、コンビニバイトに2度落ちて居酒屋がダメで、レンタルショップでも”不採用”になったあれは一体何だったのか?顔で落ちたのかな?

「4日後」担当者から、”採用”の電話が来ました。

 

そして、「1週間後」には札幌からバスで2時間の真夏の富良野」へ!

MISO
初富良野!初リゾバでワクワク、ドキドキって感じだね!

人生最初のリゾバ派遣は北海道の富良野で3ヵ月間!


真夏の富良野でキャリーバッグをゴロゴロ転がしながら

目的地のペンション風ホテルを目指して、

”歩くこと30分、ようやく到着!”(バス停からかなり遠かった…)

 

ホテルの従業員さんに軽く挨拶をして、そのまま寮に直行。

 

「女性寮」は、ホテル内にありましたが、

「男性寮」は、自転車で約8分の所にあるアパートを、

 

着任の前日に借りてくれた、

普通の賃貸物件”

 

お部屋の中には「布団」「窓が半分しか隠れないカーテン」のみ。

 

だだっ広いだけの2LDKのアパートで、

”新生活”って感じでした。(洗濯機は、数日後に搬入!)

MISO
お仕事はどんな感じだったの?

「翌日の朝」ホテルに出勤をすると、

30歳の女性派遣社員が一名。

 

”あれ?想像していた感じとはなんか違うな…”

 

リゾートバイト派遣のイメージは、

”同い年の仲間が沢山いて、職場が騒がしい感じじゃないの?”

 

着任後3日間

「料理配膳」「皿洗い」「調理補助業務」など、

 

全然楽しくない職場で、

ただ黙々と業務をこなす日々…(社畜)

 

3日で仕事を辞めようと思いました。

”こんな職場に3ヶ月は無理だ…”

筆者は「飲食業経験がありませんでした」し、あったとしても自分の能力が低すぎでした…

しかし、リゾバ生活4日目に、

3人目のリゾバスタッフが「ヒューマニック」から着任!

 

24歳で同い年の広島県出身の男性!

カジ〜〜(名前)バイクで颯爽と登場!(カッケー)

 

この時、求人票に「相部屋寮」と書いていた意味が分かりました。

 

筆者以外にも、「ヒューマニック」などから派遣が来る!

リゾバ生活で、”相部屋なんて考えられない!”と言う人もいますが、相部屋…普通に良かったです。”相部屋で良かったな〜”とリゾバ派遣を終えた後に思いました。(なお、個室寮の求人の方が多いです!)

職場の雰囲気がガラリと変わって楽しくなってきたぞ!


かじは、三人兄弟の末っ子!らしい。

(筆者は、姉・弟がいる中間子なので空気の読みすぎ?)

 

いつもめちゃくちゃ元気な彼が加入したことにより、

毎日が楽しくなり始め、少しずつ元気を取り戻す。

 

そして、その数日後に「30歳の女性」が着任!

 

その女性は「ダイブ」と言う派遣会社を使っていました。

 

この時に、「ヒューマニック」以外にも派遣会社があることを知り

派遣会社によって「対応」「時給」「福利厚生」「交通費」などに違いがあることを知る。

MISO
リゾバ生活って、なんか『テラスハウス』みたい!

これで、派遣スタッフは4人!

(男性2人、女性2人)

 

今までの仕事の忙しさは、

予定していたスタッフが集まっていなかったからでした。

「富良野」はラベンダーが有名で、「夏場」に観光客が一気に増える!シーズン始めにスタッフが足りなくて忙しかった…ということです。

約2週間、4人で仕事をしました

”めちゃくちゃ楽しかった!”

 

男性スタッフのかじとは、

毎晩のようにお酒を飲んで、楽しく過ごしました。

 

”このまま3ヶ月間過ごすのも悪くないな〜”と思っていました。

 

しかし、残念なことに、

筆者よりも数日先に着任していた、

女性スタッフが派遣期間を短くして辞めてしまったのです。

 

理由は、”稼げないから!”

 

「真夏の富良野リゾバ」は、

出勤日数が多くて、勤務時間(残業あり)も長かったんですけど、

 

「ヒューマニック」の基本時給が低すぎたんですよね。

「ヒューマニック」の時給は、リゾバ業界では最安となっています…
職場には、重たい空気が数日間漂っていました…

 

そして、「それから数日後」

辞めてしまった女性スタッフと入れ替わるように、

 

「海外(台湾)」からの、

ワーキングホリデーのスタッフが2名着任!

(女性!ビビアンスー似で可愛い!)

 

さらに、「その数日後」

またまた「台湾人女性」「20歳の日本人女性」が着任!

 

派遣スタッフは、一気に4名→3名→7名になったのです。

(男女比は、男性2:女性5です。)

 

そして、「台湾人女性」の破壊的なパワーが、

筆者の人生を大きく変えることになるのです…。

台湾人の方々が合流してからは、

「中抜け休憩中」に、段ボールそり滑りをしたり、

キックベースをしたり(子供かっ!)

 

と、良い意味で休める日はありませんでした!

富良野の名物へそ祭り」に参加して、

みんなでビールを飲んだ後、ほろ酔い状態で仕事をしたりもしました。(駄目だろ!)

 

”お前は(お酒で)顔が赤いからホールに出たらダメだ!”

とか言っていて、今となっては笑える話です。

 

富良野の空気はものすごく澄んでいて、

夜には「満点の星」が見えました。

 

みんなで花火をして、

富良野の広大な大地に、

7人で寝そべり、

流れ星を見たりもしました。

 

「過去に戻れるなら」と言われたら、

”中学生や高校生の時!”

と答える人も多いとは思いますが、

 

筆者は、富良野で過ごした、

3ヶ月間のリゾバ生活に戻りたいです。

 

”戻って何かしたい!変えたい!”と言うことはなく、

本当に楽しかったです。

 

”これが青春?”

 

リゾートバイト派遣をすると、

人生が変わるような衝撃的な出来事がたくさん訪れます。

 

筆者は、富良野でのリゾートバイトを終えた後に、

中国語の勉強を始めました。

 

そして、約9ヶ月後に台湾留学に出発し、

その後、台湾でワーキングホリデーも行いました。

 

今では「年に数回台湾旅行」をして、

当時のリゾバ仲間や留学の時に出会った人たちと、

お酒を飲んだりしています。

 

リゾートバイト派遣には、

人生が変わる何かがあります。

 

私はリゾバ派遣をしました。

リゾバ派遣をしただけです。

 

そして、沢山のものを得ました。

あなたはどうする?

 

<<< “リゾバの求人を探す!(47都道府県OK)

リゾートバイト最高!

リゾートバイト派遣のその後】
司法書士法人に勤めていた”普通のサラリーマン”が、外資系の保険営業マンの職を蹴って、リゾバ派遣をスタート。リゾバで高額貯金を貯め、台湾留学を経験し、現在は台湾在住(移住)のフリーランスをしています…。

大手派遣会社「ヒューマニック」を中立的に口コミ・評判

大手派遣会社ヒューマニック(リゾバ.com)を中立的に口コミ・評判
筆者が利用した「ヒューマニック」は、

「各都市の最低賃金」よりも50円〜100円ほど高い時給設定になっていまして、

時給は900円〜1,000円以上になります。

リゾバの時給が、各都市の最低賃金よりも高いのは「通常」です。

リゾートバイト業界では、

ヒューマニックの時給は一番低いです。

 

筆者は、富良野の派遣期間を満了した後も

リゾートバイト派遣を続けて、

 

トータル13ヶ所のホテル・旅館で、

実際にリゾバ生活を経験しました。

ただ、「ヒューマニック」の時給の低さに気づき、

早い段階で派遣会社の乗り換えをしました。

「ヒューマニック」を使ったのは、「初リゾバ」と「繋ぎの短期リゾバ」だけです。

「ヒューマニック(リゾバ.com)」が、

ぼったくりの派遣会社かどうかは定かではありません!

 

ただ、時給が低いことだけは事実です。

 

筆者は「ヒューマニック」に出会えたおかげで、

最高のスタートを切ることができましたが

 

ただ、それはそこで出会えた仲間が良かったから!

(収入面では、少々不満がありました。)

 

「時給」や「収入面」から言うと、

ヒューマニック<ダイブ<アルファリゾートで、間違いないと思います。

(上記3社は、全国展開の大手派遣会社になります。)

 

筆者は「ヒューマニック」→「ダイブ」→「アルファリゾート」

という感じに派遣会社を乗り換えました。

 

収入面以外の「福利厚生」「スタッフ対応」「求人数」などを含めた、

総合評価で言うと「アルファリゾート」が一番です。

 

「これからリゾートバイトをする方」は、

「アルファリゾート」を使うのが最良の選択になることでしょう。

公式ページ:「アルファリゾート
今回は、「初リゾバ体験談」「派遣会社の評価」についての話でした!

 

”最後までお付き合いありがとうございました。”