【完全版】ストックフォト(写真販売)の始め方!”コツも解説”

【完全版】ストックフォト(写真販売)の始め方!”コツも解説”

今回は、ストックフォト(写真販売)で、

毎月、不労で小金を稼いでいる

写真販売歴5年の筆者が、

ストックフォトの始め方と、

コツ(稼ぎ方)について、解説します!

ストックフォトって危ないの?なんか怖いけど大丈夫?


”ストックフォトを始めようかな〜”

という方向けに、

ストックフォトの仕組みについて、

簡単に解説しておきます!

MISO
ストックフォトの仕組みは、めちゃくちゃ簡単だよ!
ストックフォトというのは、

写真販売会社に、

自分の撮った写真をアップロードするだけで、

勝手に売ってくれて、売れたら、

購入金額の一部が(半永久的に)入ってくる!

っていう、美味しい副業です!

 

”半永久的って、どういう意味なの?”

 

ストックフォトというのは、

写真を売っているようで

実際には、写真を使う権利を売っているのです。

 

そのため、一枚の写真が100人に買われる!

みたいなことも、普通にあるのです!

 

絵画だと、その絵!

ってなるけど、写真ってある意味デジタル商品だから、

”使いたい人は、みんな買える!”って話です。

不労所得の意味は、一回撮れば良いだけ!


半永久的に小金が入ってくるというのは、

ストックフォトでは、一度写真を撮影して

販売(ストック)しておけば、

需要がある限り、お金がポンポン入ってきますので、

半永久的≒不労所得になるのです!

 

上記の写真は、

筆者の作品になりますが、

現在までに399回ダウンロードされていますね!

 

上記の販売サイト(「PhotoAC」と言います。)は、

1ダウンロード3円の報酬になりますので、

”この写真一枚で、1,197円稼いでいる!”

ってことですね。

 

このような写真が、

100枚、1000枚あると…

毎月、安定的に稼げますよね!

ストックフォトのクリエイター登録って簡単なの?


ストックフォトを始めるためには、

写真販売会社のクリエイターになる必要があります!

(要は、登録が必要ってことですね。)

 

”それって、難しいの?簡単なの?”

というと、販売会社は写真を売ってなんぼ!

写真がないと、売りたくても売れませんよね?

 

ということで、誰でも登録できます!

誰でも、無料で登録ができ

すぐに写真販売を始めることができるのです!

筆者が使っているストックフォトサービスを紹介!


以下で、筆者が使っているストックフォトサービスと、

そのサービスの特徴について書きます!

 

最初は、一つで十分だと思いますが、

ストックフォトでは、

一枚の写真を複数社で販売できますので、

 

時間のある方や本気の方は、

複数社で売った方が

効率よく稼げると思いますし、リスク分散!

(販売会社の倒産もありえる!?)

ということで、

将来的には複数社を使っていただけたらと思います。

アドビストック(Adobe-stock)


アドビストックというのは、

Adobeが運営している、

ストックフォトサービスですね!

MISO
Adobe知らないんだけど…

アドビというのは、クリエイターなら誰もが使っている、

フォトショップを運営していたり、

 

パソコンで、動画なんかを見るときに、

”Adobeのソフトが入ってないよ!”

って、メッセージが出たりすることもあると思います。

 

アドビというのは、

世界的に大きな企業で、

世界最大のストックフォトサービスを運営していますので、

本格的にストックフォトをする方は、

必須のサービスだと思います!

シャッターストック(shutterStock)


シャッターストックも、

有名な写真販売サービスで、

写真販売だけでいうと、アドビストックよりも

シャッターストックの方が知名度があると思います!

 

筆者は、使っていますが、

海外のサイトになりますので、

若干英語が必要…ということで、

使っている人は、使っているけど、

使っていない人は、使っていない…

という感じですね。

 

「アドビストック」「シャッターストック」のどちらかで、

十分かな…と、思いますね。

以前は、「シャッターストック」のクリエイター登録にパスポートが必要でしたが、今はパスポートがなくても登録ができるようです!

PhotoAC(写真AC)


PhotACというのは、

日本企業になります!

 

低価格が売りで、月額数百円でダウンロードし放題!

というサービスを世界展開で行なっています!

 

「アドビストック」と「シャッターストック」は、

一枚売れた時の報酬が、数十円〜百円以上!

となりますが、PhotoACの場合は、

一枚3円となっています!

(人物写真は、報酬設定が高いです!)

 

とはいえ、最初の方でご紹介しましたが、

大量にダウンロードされれば、たった一枚の写真が

1,000円以上稼いでくれる!

みたいなこともありますので、

ぜひ、使っていただきたいサービスになります!

 

上記のストックフォトサービスは、

公式サイトから普通にクリエイター登録ができますよ!

 

公式サイトを載せておきます!

 

公式サイト:「アドビストック」「シャッターストック」「PhotoAC

使ってはいないけど有名はストックフォトサービス!


筆者は使っていませんが、

日本のストックフォトサービスで、

「ピクスタ(PIXTA)」「スナップマート」

海外のサイトで「iStock」というものもあります!

 

販売会社によって、売れる写真の傾向が違ったりする!

ということもありますので、

色々調べてから始めたい!

という方は、この機会にチェックしていただけたらと思います!

カメラ(一眼レフ)っているの?

筆者が、ストックフォトを始めた時は、

スマホの画質って、そこまでよくない…

ということで、ストックフォトをするなら、

カメラが必要だ!

 

ということで、

上記のようなカメラを購入しました!

 

ただ、今だと、

スマホのカメラ機能で十分かな…と思います!

 

”やるなら、カメラでやりたい!”

という方は、買ってください!

実体験からストックフォトは三ヶ月間で勝負しろ!


最後に、ストックフォトのコツを書いておくと、

写真に関しては、

1.縦横まっすぐ撮る!

2.影は写り込まないようにする!

3.商品のロゴは写さない!

この3点をしっかり守って、

写真撮影をすると、良いと思います!

MISO
良いってどういう意味?

良いというのは、

写真の審査が比較的通りやすく

審査に通った写真が売れやすい!

ということですね!

 

あと、ストックフォトは、

暇な時良い写真が撮れた時に、

売ろう!みたいな考えだと、

ストック数が全然増えなくて、収入も増えない!

ってことがありますので、

3ヶ月間、集中的に写真を撮って、

売りまくって、あとは放置!

 

少し落ち着いて、

”さらに、収入を増やしたい!”

と思ったら、また1週間集中する!

みたいな感じで作業をすると、

効率の良い写真販売副業ができるのかな、

と思います!

 

ということで、

今回は、ストックフォトの説明

クリエイター登録と、

写真販売のコツを少し書いてみました!

 

”ぜひ、写真販売で不労所得を作ってくださいね!”