初めてのリゾバ住み込み派遣でキャリーバッグに入れるべき持ち物一覧

今回は、初めてリゾバ住み込み派遣をする!という方向けに、リゾートバイトに持って行くべき持ち物について詳しくまとめたいと思います。約2年間のリゾートバイト生活でこれは必要だった!これは・・・正直要らなかったな・・・というような持ち物、キャリーバッグの大きさ(選び方)や筆者おすすめのこれは絶対にリゾバ住み込み派遣に持って行った方が良いよ!というようなアイテムをご紹介したいと思います。

現地の周辺環境を確認する!


リゾバ住み込み派遣では持ち物を整理する前に、派遣先の周辺環境をGooglemapで調べる必要があります。なぜ、現地の周辺環境を調べなければならないのかというと、派遣先によってはど田舎のホテルで最寄りのコンビニまで徒歩1時間以上かかる派遣先も実は結構あるからです。もちろん、駅近のホテル・旅館であるため必要な物はなんでも買い揃えることができる!なんてこともあります。

もし、職場(寮)の近くに大きなスーパーや100円ショップなどがあれば、必要に応じて現地で調達した方が荷物が多く(重く)ならずに済むと思います。

かさばるものは現地調達でも良い!

例えば、リゾバ住み込み派遣では必ず「バスタオル」は最低でも2枚は必要になるとは思うのですが、キャリーバッグにバスタオルを2枚も入れてしまうと他のものが全然入らない…なんてことにもなるのです。もし、これが田舎の派遣先であるならば持っていかざるを得ないと思いますが、なんでも買える環境であるならば現地で調達した方が…賢いのかなと思うのです。(ちなみに、バスタオルはコンビニでも売っています。

また、意外にかさばるものとして…お菓子もあります。お菓子ってリゾバ派遣に持って行くものなの?遠足じゃないんだから…なんて思う人もいるかもしれませんが、田舎のホテルへ派遣に行く場合はお菓子が必要になると筆者は思います。というのも、ホテルの賄いご飯だけでは全然足りない…お腹がすく…という場合が結構あり、その度にスーパーやコンビニへ買い物に行っては田舎の交通費は予想以上に高くかなりの出費になってしまうからです。

リゾバ派遣期間に応じたキャリーバッグ選び


リゾバ生活に合わせてキャリーバッグを新たに購入をする!という方は、リゾバ派遣の契約期間に応じてキャリーバッグを選びましょう。

1ヶ月程度のリゾバ派遣の場合

1ヶ月程度の短期リゾバ派遣をするという方におすすめなのは、40l〜60lのキャリーバッグになります。1ヶ月のリゾバ住み込み派遣であれば、シーズンをまたぐということはありませんので洋服に関しては夏ならTシャツが多め、秋・冬なら長袖を多めに持って行きましょう。その他、日用的に使うものや派遣先で指定された持ち物があればそれを持って行けば特に問題はないと思います。

3ヶ月間以上のリゾバ派遣の場合

3ヶ月以上〜リゾバ生活を1年以上続けよう!と思っている場合は、70l〜80lのキャリーバッグを用意すると良いと思います。80lのキャリーバッグであれば夏物・冬物の服だけではなく書籍を入れたり、薄い毛布を入れることもできます。リゾバ生活を1年以上続けると、そのキャリーバッグがドラえもんの四次元ポケットのようなものになると思いますのできちんとしたものを購入すると良いと思います。

ちなみに、筆者は3ヶ月間のリゾバ派遣が終わった後に就職をしようと考えていましたので、40lのキャリーバッグでリゾバ派遣を始めましたが、結局12か所のホテル・旅館でトータル2年2ヶ月間もリゾバ生活をしてしまいました。そのため、3か所目の派遣先で働いている時にAmazonで80lのキャリーバッグを購入し、40lのキャリーバッグとはお別れをしたのです。

リゾバ住み込み派遣をすると視野が広がり、やりたいことができた!なんて人がよくいますので、キャリーバッグは少し大きいかな〜くらいの物がちょうど良いと思います。

上記のメーカー、ラッキーパンダの格安キャリーバッグを実際に購入し、その商品を口コミ・レビューしてみました!キャリーバッグを検討中の方は『安くて大きい!ラッキーパンダのキャリーバックの口コミ・レビュー』という記事も参考にしてみてください!

それでは、リゾバ住み込み派遣で必要な持ち物について詳しく見てみましょう!

寝泊まりで必要な持ち物


寝泊まりで必要な持ち物
服・バスタオル・お風呂道具・シーツ・ドライヤー・ 歯ブラシセット、ハンガー

全国どこでも長袖は必須!

リゾバ住み込み派遣ではどの季節でも長袖が必要になります。筆者の実体験をいうと、北海道の富良野でリゾートバイトをした時は朝の出勤の時は真夏でも本当に寒く、体感的には秋でした。また、九州で働いていた時は普通に雪が降る地域もあり、考えられないくらい寒かった…という経験をしたこともございます。そのため、長袖は日本全国どの季節にリゾバ派遣をするのかということに関わらず最低でも一枚はカバンの中に入れておきましょう。

お客様用のバスタオルを借りる?

筆者は12か所の派遣先でリゾバ派遣をいたしましたが、バスタオルを用意してくれた派遣先は一つもありませんでした。つまり、バスタオルは必須です。ただ、浴室にバスタオルを置いてお部屋に戻るお客様も中にはいますので、そのバスタオルを持って帰って洗濯し自分用に使う…ということも可能です。

人のバスタオルなんて汚くて使えない!なんて思う人もいるかもしれませんが、ホテルの客室にあるバスタオルは新品のものではなくクリーニング業者が毎日洗っているものになりますので、浴室にあるバスタオルを洗って使えないのであれば・・・ホテルに泊まった時にバスタオルは使わないの?なんてことになります。

この方法はバスタオルが買えない時の最終手段になりますので、最低一枚はバスタオルを持って行きましょう。ちなみに、バスタオルは3日間使い回すと雑巾レベルまで雑菌が増殖するとのことですので、面倒臭がらずに毎日洗うのが良いと思います。

お風呂にシャンプーがあるけど・・・

シャンプー・リンス・ボディーソープに関しては、ホテルの大浴場が使えるホテル・旅館ならわざわざ持って行く必要はありませんが、寮のお風呂を共同で使う場合などは自分で用意する必要があります。

ホテルの大浴場にあるシャンプー・リンスは大概安物ですので物凄く髪が…傷みます。筆者は、以下のようなノンシリコンのシャンプーを使っていました。(近い将来、万が一ハゲてしまうと悲しいため)

生活で必要な持ち物一覧

日常生活で必要な持ち物
充電器、爪切り、折りたたみ傘、印鑑、保険証、常備薬、現金、パスポート、メモ帳&筆記用具

印鑑は絶対に必須!!!

派遣先の中にはタイムカードで勤務時間を記録する場合と毎日手書きで勤務表に働いた時間を記入し、職場の社員さんから印鑑を押してもらう場合があります。もし、手書きで勤務表に働いた時間を書く場合は高確率で自分の印も押さなければならないのです。そのため、100ショップに売っている印鑑で構いませんので、絶対に一つは持っておきましょう。

保険証についての説明

リゾバ住み込み派遣では2ヶ月間以上の派遣期間で働く場合は、派遣会社の社会保険に加入することが出来ます。健康保険証は働いているホテル・旅館宛に送られて来ますので、それを受け取れば問題はないと思います。2ヶ月未満のリゾバ派遣の場合は、個人で健康保険料を支払っていると思いますので、手元に健康保険証がすでにあると思います。派遣期間中に怪我や病気になってしまうこともあると思いますので、必ず持って行きましょう。

ちなみに、健康保険は全ての国民が必ず加入するものとなっていますので、お金がないから加入しない!なんてことはできません。もし、健康保険料を支払っていない方は、後々未納分を全額支払わなければなりませんので早めに区役所に行くことをお勧めいたします。





仕事で必要になるもの

仕事上で必要な持ち物
革靴・ネクタイ・白いワイシャツ・白いTシャツ・栓抜き

仕事上で必要なもの

お仕事の内容によっては、着物や作務衣・スーツなどを着る場合もあるとは思いますが、着物やスーツが必要な時は貸してもらうことができます。(スーツは職場によります。)また、足袋や足袋ソックスというものも支給されますので、作務衣勤務の職場を選ぶと仕事上で必要な持ち物がほとんど要りませんのでかなり楽だと思います。

リゾバ住み込み派遣だけのために2万円もする革靴を買うのはバカバカしいと思いますので、ホテルのフロントや革靴で勤務しなければならないような職場は選ばない!というのも一つの手だったりも致します。

レジャーグッツって必要なの?


レジャーグッツ
カメラ、サンダル、運動靴、水着、スキーウェア、スキー・スノボ用品一式、ダイビング用品

スリッパだけはあった方が良い!

レジャーグッツに関しては持っている人は持って行っても良いと思いますが、筆者の約2年間のリゾバ体験から言うと全く要りません。また、スキー・スノボをする時は一式全て借りることができますので、わざわざ荷物になるようなものを持って行く必要はないのかなと思います。

ただ、サンダル(クロックスなど)は持って行った方が良いと思います。というのも、例えばホテルの大浴場利用となっている場合には寮から一度外に出てホテルまで行く必要があり、この際にわざわざ靴を履くというのは…なんとも面倒だからです。

あれば良いかもしれないアイテム

あれば嬉しいアイテム
文庫本・ゲーム・トランプ・UNO・WiFi・資格試験のテキスト

中抜け休憩を有意義に過ごす!

中抜け休憩で毎回5時間の昼寝をしているリゾバスタッフも中にはいますが、その中抜け休憩をどれだけ有意義に使えるかによって2年後・3年後の将来が変わってくると思います。筆者自身はリゾバ住み込み派遣中の中抜け休憩で毎日ブログを書いていました。え?このブログって2017年から書き始めたブログなのでは?なんて思った人もいるかもしれませんが、本ブログは2代目で初代のブログは・・・『リゾートバイト住み込み派遣で高額貯金を貯めフリーになった物語』になるのです。ブログのタイトルは本ブログとあまり変わりませんのでお気付きの人も結構多いと思います。興味のある方はご覧になってみてください!

夜の生活で必要なコンドームも!

リゾバ住み込み派遣では派遣スタッフ同士で宅飲みならぬ寮飲みをすることがよくございます!

近くのスーパーなんかでお酒を買って週末にみんなでパーっと飲み明かすのがリゾバ派遣なのです。そして、親睦を深めてゆくのがリゾバ派遣になるのですが親睦が深まりすぎることもよくあるのです。

そんな時にコンドームがない!なんて、チャンスは一度しか訪れませんよ!

ということで、意外かもしれませんが結構な方がキャリーバッグに避妊具を忍ばせているのです。

コンドームをインターネットで買っておこうかな〜という方は、「最安値に挑戦!!コンドーム通販サイト」が筆者のおすすめです!仕事だけではなく色々な楽しみがあるのがリゾバ派遣なのです!!!

資格試験の勉強を黙々と行う!

筆者がリゾバ住み込み派遣をしていた時に意外に多かったのは、資格試験の勉強をしている人です。リゾバ住み込み派遣は高収入で食費・寮費が無料ですのでどんどん貯金を貯めることができますが、一生リゾバ生活ができる・・・わけではないのです。そのため、ある期間や一定の年齢になったら派遣生活を辞めて、きちんとしたお仕事をする必要があるのです。そんな時に必要になるのが…国家資格なのです。

資格試験を受ける!という方は、比較的難易度の低い資格から挑戦するのが良いと思います。というのも、リゾバ住み込み派遣ではお仕事が忙しくて勉強が全然できない時があるからです。リゾバ生活を始めたばかりの時は、その生活に慣れるまでに時間がかかると思いますので、無理をせずに自分のペースで勉強をして合格ができる試験を選びましょう。

また、通信講座を受講する場合は派遣先に到着してから申し込みをした方が重たいテキストをわざわざ持って行かなくてもよくなると思います。

クレジットカードは絶対に必須!


リゾバ住み込み派遣で絶対に必要になるのは、クレジットカードです。

クレジットカードがあると、お支払いの時に現金が必要ありませんし引き落としも翌月以降になりますのでリゾバ住み込み派遣を始めたばかりで給料の振込みがまだない…という時にかなり重宝いたします。クレジットカードは無料で作れますし、使えば使うほどポイントが貯まりますので絶対に一枚は持っておくと良いと思います。

飛行機に乗るのにクレジットカードがいる!

リゾバ生活をしていると飛行機を使って派遣先に向かう!なんてことは普通にあります。では、誰が航空券を購入するのかというと…自分で手配しなければならないのです。以前、筆者はJCBのクレジットカードを持っていましたが、格安航空会社の中にはVISAしか使えない…なんてこともありましたので、JCBよりもVISAの方がオススメです。また、航空券を予約すると「コンビニで支払う」か「クレジットカードで支払う」かを選ぶことができますが、田舎の派遣先で働いている場合で近くにコンビニがない時はクレジットカードで支払わなければならない・・・ということがよくあるのです。

クレジットカードの受け取り時の注意点

それでは、派遣先に着いてからクレジットカードを作ればいいんじゃない?なんて思う人もいるかもしれませんが、クレジットカードの申し込みをして実際に受け取るためには本人確認のために免許証等を提示する必要があるのです。そして、免許証に記載されている住所と受け取り時の住所が一致していないとクレジットカードが受け取れないのです。ということで、クレジットカードはリゾバに出発する前に作ることをおすすめ致します。

筆者のおすすめのクレジットカードは・・・「楽天カード」です。年会費が無料で、VISAも使えて、1週間程度で受け取ることができますので、派遣先が決まっていてもうすぐ出発する!という方でも作ることができると思います。

派遣先の市役所で住所変更をして、警察署で運転免許の住所を書き換えればクレジットカードを受け取ることが可能です。が、ほとんどのリゾバスタッフは住所変更をしないと思います。

派遣先に荷物を送る方法とは?


キャリーバッグは自分で運んでも郵送で派遣先のホテル・旅館に送っても構いません。自分で荷物を持って行けば当然、タダですが郵送の場合は自分で支払わなければなりません。荷物は1,000円〜2,000円程度で全国に送ることができますので郵送をした方が…移動が楽だと思います。新幹線移動ですぐに着く!という場合は自分で持って行き、飛行機移動の場合は郵送をした方が良いでしょう。

郵送する時の注意点

郵送をする時の注意点は2つです。1つは、伝票の氏名欄に派遣会社の名前も書くということです。名前だけ書いてしまうとお客様のものと間違われたりしますので、必ず名前の下に派遣会社「ヒューマニック・アプリリゾート・アルファリゾートなど」と記載しましょう。2つ目は、元払いで支払いましょう。着払いで荷物を送ってしまうと、誰が料金を支払うの?なんてことになってしまいますので、必ず荷物を預ける時に料金のお支払いをして下さい。

ちなみに、荷物は「郵便局」や「クロネコ」に自分で持って行くと割引があります。荷物が重たい場合は、電話をするとすぐ取りに来てくれます。

リゾバ派遣に関する記事のご紹介

リゾバ住み込み派遣の「寮」を完全攻略|相部屋VS個室ならどっち?
リゾバ住み込み派遣の前払い制度|前払い金額が高い派遣会社比較!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







リゾバweb説明&派遣会社ランキング



リゾートバイトのweb説明とリゾートバイト派遣会社についてまとめた記事になります。
【リゾートバイト派遣会社大手3社比較】リゾバの口コミ・評判・特徴