PhotoACの著作権譲渡に関する規約を理解してからストックフォト!

今回の記事は、「お問い合わせフォーム」より”こんな記事を書いては?”というメッセージを下さった方のご希望にお応えする形でブログ記事を書いて見たいと思います。内容は、PhotoACで写真を販売すると写真の著作権は誰(どこ)に帰属するのかという話です。

ストックフォトをする上では著作権というものは切っても切り離せない重要なものとなりますので、PhotoACでストックフォトをする!もしくはもうストックフォトをしている!という方は絶対にご覧になってください!

※現在はお問い合わせフォームは使っていません。

 

一眼レフカメラ上達講座

この記事を書くことの始まりは・・・

今回の記事を書くことの発端は、ブログのトップメニューの一番最後に表示しています「お問い合わせフォーム」から1人の方が連絡を下さったのがきっかけとなります。(現在は「お問い合わせフォーム」はございません。)名前は”通りすがりの者”さんと言います。ブログに通りすがってくれただけではなく、わざわざメッセージをくれるとても親切な方になります。さて、どのようなお問い合わせ内容だったのかというと、PhotoACの著作権に関する詳しい記事を書いて欲しい。また、PhotoACでアップロードした作品を他のストックフォト会社で販売しても良いのかということに関して記述して欲しいとのことでした。

私自身、PhotoACの規約をしっかりと理解し納得してストックフォトサービスを利用して欲しいと思っていますので、是非とも著作権について書いてみたい!そう思いました。

写真の著作権は誰のもの?


PhotoACの利用規約の著作権に関する条項を抜粋したものとなります。どのような内容になっているのかというと、「写真をアップロードしたことにより、会員は、写真の一切の著作権(著作権法27条及び28条の権利を含む)を弊社に譲渡し、以後、写真に関する著作権は弊社に帰属します。」となっています。通常、著作権というものは一つのものに対して1人だけが持てる権利だというわけではなく、著作権は複数の人が共に持つことができるのです。例えば”この写真は私とPhotoACのものだ!”というようなこともできます。しかしながら、PhotoACの規約では一切の著作権がPhotoACに帰属するとなっているのです。つまり、PhotoACで写真を売ってしまうと写真の権利が一切なくなってしまうのです。

いつ著作権が移ってしまうの?

PhotoACの規約を読む限り、著作権は写真のアップロード時に譲渡してしまうようです。つまり、写真をアップロードしてしまうとPhotoACの写真になってしまいますので、他のストックフォト会社であるアドビストック(フォトリア)・シャッターストック・フォトリアなどではその写真の販売ができなくなるのです。例え、マイページから写真を削除したとしてもすでにアップロードをしてしまっていますので著作権はPhotoACのものとなってしまっているのです。

著作権法27条及び28条の権利を含む

こちらの「著作権法27条及び28条の権利を含む」というのは、著作権の全てを譲渡する旨の規約を書くときに絶対に書かれる内容になります。そもそも、著作権の全てを譲渡するというのは相当なことなのです。写真一枚の権利と聞くとあまり重要なことではないような気がいたしますが、それが一億円稼ぐ写真であるならばどうでしょう。絶対に揉め事が起きるのです。そんなときに、上記の規約を書いておくと権利を主張できる(逆に、写真投稿者は権利の主張ができない)と言うことですので、写真販売者は例え販売した写真が一億円稼ぐような写真になったとしても”これは私の写真だ!私が撮影したんだ!”とは・・・言えても、その主張は通らないのです。

写真は権利フリーなので使うことはできる

ここからは少し複雑な話ですが、例えば一枚の絵画の著作権の全てを渡してしまった場合、その絵画はすでに自分のものではございませんが、PhotoACの場合は譲渡を受けた写真を著作権フリー画像として販売をしていますので、その写真をPhotoACからダウンロードをして利用することは可能です。ただし、著作権は自分にはありませんので他のストックフォト会社で販売をするということはできないのです。

他社のストックフォト会社はどうなの?

それでは他のストックフォト会社の規約はどうなっているのかというと・・・

アドビストックの場合

アドビストックではどうなっているのかというと、非独占的にサブライセンスとして利用するという風になっています。これが何を意味するのかというと、著作権を独占することなく第三者に対してライセンスを有すると言っているのです。つまり、アドビストックでは著作権者と同じように権利を有するが、著作権の全てが帰属するわけではない!と言っているのです。

シャッターストックの場合

シャッターストックの場合もアドビストックと同じく著作権は写真の撮影者に帰属するとなっています。

PIXTAの場合

PIXTAでも所有権は写真撮影者に帰属するとなっています。

※上記3ストックフォト会社では、一枚の写真を複数社で販売することが可能です。

まとめ|著作権譲渡に関する規約

今回の著作権に関する記事はいかがでしたでしょうか?大手ストックフォト会社の多くは、著作権は写真を撮影した人にある!となっています。そのため、一枚の写真をアドビストック・シャッターストック・PIXTAで併用して販売することが可能です。しかしながら、PhotoACでは著作権の全てを譲渡する形になりますので、PhotoACに写真をアップロードしてしまうとその瞬間から他のストックフォト会社ではその写真を販売することができなくなってしまうのです・・・

もし、PhotoACを含め数社のストックフォト会社を使ってストックフォトをする!というのであれば、まずPhotoAC以外のストックフォト会社に写真をアップロードし、写真の審査を行ってください。そして、すべてのストックフォト会社で残念ながら”不採用・・・”となった写真だけをPhotoACで販売すると良いと思います。

私のように、カメラで撮影した写真はアドビストック、スマホで撮影した写真はPhotoACで販売するというのでも良いと思います。いずれにせよ、PhotoACで写真を売る場合には注意が必要になります。著作権関連で違反を行ったことによりいきなりアカウント停止!ということもあるかもしれません。その時に、知らなかった〜では許されませんので、どうぞ今回のことを頭に入れてストックフォトを行ってみてください!

 

評判のPhotoACで毎月5,000円ストックフォト収入が稼げている人
PhotoACで初5,000円の換金|換金方法と振込みまでにかかる日数
写真販売副業でPIXTAを勧めない理由はアップロード制限とスマホ不可

 

・カテゴリー一覧|月収一万円を目指すストックフォト体験談

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

リゾートバイト業界に5年潜伏して決めたおすすめ派遣会社ランキング