アドビ・シャッターストックの審査基準と採用される写真の違い

最近「PhotoAC(写真AC)」「アドビストック」に加えて「シャッターストック」を始めた私ですが、少しずつ写真の審査結果が出てきました。そして、その結果からシャッターストックとアドビストックで採用される写真が違う…ということに気がついてしまったのです。

今回は、シャッターストックとアドビストックでどのくらい採用される写真が違うのか…ということについて書いてみたいと思います。

 

一眼レフカメラ上達講座

現段階で23枚採用になりました!

シャッターストックをする時に、アドビストックで採用になった写真だけをアップロードしようか迷ったのですが、とりあえずアドビストックで採用になった写真を含め、お気に入りの写真をアップロードしてみました。シャッターストックのタグ付け作業は、英語でタグ付けをしなければならない…と聞いていたのですが、同じような写真を3枚選んでそのタグを真似すればいいだけでしたので、案外簡単に写真のタグ付けは終了いたしました。

そして、何枚かの写真の審査が終わったのですがアドビストックで不採用になった写真がシャッターストックで採用になったのです。

23枚中9枚しか被りがない!

今回採用された写真は現段階で23枚ありますが、そのうちアドビストックでも採用になった写真はというと…たった9枚しかないのです。残りの14枚はアドビストックで不採用になった作品になります。つまり、現段階で言えることはアドビストックとシャッターストックの採用基準が少し違うのです。そのため、2つのストックフォトサービスを併用して使うと撮影した写真を無駄なく販売することができるということです。

シャッターストックの審査は緩いの?

アドビストックで不採用になった写真でも採用になった写真もたくさんありますので、シャッターストックの方が写真審査が緩いのでは?と思う人もいるかもしれませんが、アドビストックで採用になった作品がシャッターストックでは不採用になるということもありましたので、シャッターストックの方が審査が緩い!ということは決してないと思います。

ただ単に採用されやすい写真の傾向が違うということだけだと思います。

まとめ|採用される写真は違った

シャッターストックで採用される写真とアドビストックで採用される写真は違うようです。もちろん、人によっては(撮影しているものによっては)どちらも同じく採用される!という人もいるでしょうし、どちらかが全然採用されない!ということもあるでしょう。どのような写真が採用されやすいのか?ということに関してはまだまだ採用枚数が少ないためわかりません。

これからはシャッターストック・アドビストック・PhotoACの3社でストックフォトをガンガンやって行きます。

私が使っているカメラのご紹介

上記は私が使っているミラーレス一眼になります!

写真販売はカメラが最大の武器になります。俺はスマホで頑張る!という気持ちで写真販売をしている方もいるとは思いますが、最大限の利益を生むためにはそれなりの初期投資が必要になりますので、ぜひこの機会にカメラについて調べてみるのもいいかもしれませんね。

追記|PhotoACはいらない写真だけ売る!

今回は、アドビストックとシャッターストックの写真審査について少し書いてみましたが、PhotoACはどうなの?ということについても少し書いてみたいと思います。

まず筆者のPhotoACの使い方はアドビストック・シャッターストックでは売れないような写真をアップロードしています。

で、PhotoACは以前まではほぼ無審査でしたので写真をアップロードしてタグをつけるとほぼ採用!!!でしたが、最近は写真の審査がありますし海外展開をしてからは著作権についてかなりうるさくなってしまいました。ただ、写真審査に関してはアドビストック・シャッターストックでは”この写真に商品的価値はありますが?”というような不採用のされ方をされることがありますが、PhotoACでは今の所そのようなことは…無いようです。

しかしながら、PhotoACでは一度採用された写真が突然非公開処理をされてしまう…なんてこともありますし、現在発展中の写真販売サービスになりますのでコロコロとやっていることが変わります…ので、状況を見ながらPhotoACを使っていただけたらなと思います。

 

評判のPhotoACで毎月5,000円ストックフォト収入が稼げている人
PhotoACで初5,000円の換金|換金方法と振込みまでにかかる日数
写真販売副業でPIXTAを勧めない理由はアップロード制限とスマホ不可

 

・カテゴリー一覧|月収一万円を目指すストックフォト体験談

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします