札幌市の生活保護受給者へ|家賃上限を超えて賃貸物件を借りる方法

札幌市に住む生活保護受給者の方は借りられるアパート・マンションの家賃上限額が決まっていますので、

例えば生活保護受給の申請が通った時に定められた上限家賃金額以上のアパート・マンションに住んでいる場合は…

必ず基準範囲内の家賃のお部屋に引っ越しをしなければなりません。

また、生活保護の住宅扶助費の支給額が法律によって変わる事もございます。

もし、住宅扶助費の支給基準が下がれば上限家賃ギリギリの物件に住んでいる人は引っ越しを余儀なくされます。

例え、法律の変更前に住んでいたとしても引っ越しをしなければならないのです。

今回は、札幌市の生活保護受給者が住むことのできる家賃上限の確認上限家賃を超えてお部屋に住む方法になります。

 

スーモ【公式サイト】
アパマンショップの賃貸情報

札幌市の生活保護受給者が入居可能なお部屋の家賃

札幌の街並みの画像
  • 単身者の基準額:25,000円〜36,000円以下
  • シングルマザー・夫婦:43,000円以下
  • ファミリー世帯(3〜6人):46,000円〜

札幌市の生活保護受給者が住むことのできる家賃上限金額は、上記のようになっています。

2015年の法律改正によって二人世帯の住宅扶助費46,000円が43,000円に引き下げになりました。

これによって夫婦で生活保護を受けている方々やシングルマザー(母子家庭)の方に影響が出ました。

また、単身者が住める物件も一律36,000円以下ではなく、入居するお部屋の面積に応じて上限家賃が定められました。

※2015.7に札幌市の生活保護受給者が住むことの出来る上限家賃が法改正されました。上記はその内容になっています。

札幌で家賃上限額を超えるお部屋を借りる方法

札幌で家賃上限額を超えるお部屋を借りる
不動産仲介業者のホームページに公開してある表示金額(家賃)が、借りられる上限金額を超えている場合でも、限度額を超えた物件を借りる方法が一つだけあります。

その方法とは、超えた分の金額を管理会社に頼み、管理費・共益費としての費用にしてもらうことです。

通常、賃貸物件は家賃38,000円・管理費2,000円で合わせて40,000円!というような表示になっています。

この管理費の部分に超えた分の金額を上乗せし、家賃36,000円、管理費4,000円というような形であれば生活保護受給者であっても、上限金額以上のお部屋を借りることが出来ます。

なぜなら、上限金額とは家賃+管理費の合計ではなく、家賃の部分のみで見るからです。

しかし上記の方法は、単身者向けのアパート・マンションで使える手法です。

なぜなら、3万円台の賃貸物件の管理費は0円〜高くても3,000円程度だからです。

管理費が0円の物件であれば超えた分の家賃を管理費にまわしたとしても不自然ではございません。

しかし、シングルマザーやファミリー世帯がお住みになる40,000円台の物件は、ほとんどの物件が管理費4,000円と表示されているため、上限家賃を超えた分の家賃を管理費にまわすのは実質上無理があるのです。

これをすると各区役所の生活保護課の方から指導されるはずです。

※札幌市では、管理費に関しての上限規定がありませんが、グレーゾーンの処置になります。
※家賃36,000円に対して管理費の割合が明らかに大きい場合は、家賃調整が出来ません。

札幌で生活保護受給者向け物件を借りる


札幌市で生活保護受給者向け賃貸アパート・マンションを借りる場合には、管理会社に直接問い合わせるか専門業者に依頼するのがベストです。

大手の不動産仲介業者では、物件数が多過ぎて生活保護受給者向け物件の選別が出来なかったります。

また、お気に入りの物件を見つけたとしても生活保護受給者の入居は不可です。

と言われる場合もございますので、初めから管理会社に問い合わせるか生活保護受給者専門の仲介業者からお部屋を紹介してもらうようにしましょう。

※物件の中には生活保護受給者の入居が可能と書いてあっても、管理会社の入居審査が厳しくて実際には生活保護受給者の入居が出来ない物件も多数ございます。その場合は、大家さんに直接交渉をして物件を借りるしかございません。
また、仲介業者の中には生活保護受給者の方のお部屋探しに慣れていない場合もあり、上限家賃に関するトラブルが起きることがございますので注意しましょう。

(管理会社も生活保護受給者の方が入居出来る賃貸物件の上限家賃について詳しく理解していない場合もございます。)

さらに、引っ越しでは引っ越し業者数社からの見積もりが必要など生活保護受給者には様々な制限があることを頭に入れておきましょう。

大手不動産ポータルサイトのスーモ(SUUMO)では生活保護受給者向け物件の検索ができます。

北海道の生活保護受給者が入居可能な物件は、2,854件表示されました!

お部屋を探している方はぜひお使いになってみてください!以下に公式ホームページを掲載しておきます!

 

スーモ【公式サイト】

生活保護受給者向け賃貸物件って?

生活保護受給者向け物件とは

生活保護受給者向け賃貸物件と言っても一般的な賃貸物件と何ら変わりはございません。

生活保護物件とは生活保護受給者でも入居を許可するというような意味合いの物件になりますので、当然学生の方や社会人の方も入居できます。

では、なぜ一般的な不動産会社が生活保護受給者入居が可能と表記しているかというと、お部屋の貸し主(オーナー)との取り決めにより入居者を選別していることが言えます。

もちろん、生活保護受給者だけではなく暴力団関係やキャバクラ・ホスト勤務の方お断り!

のような物件もございます。こればかりはオーナーさんの意向ですので仲介業者は納得するしかないというのが現状です。

同時に、仲介業者の多くは生活保護受給者の物件探しについて積極的ではないのが実情ということです。

なぜなら、生活保護受給者は管理会社から入居審査で拒否される場合がかなりあるからです。

物件が生活保護受給者の入居が可能だと表示されていたとしても、年収が低いであるとか、保証人の関係で拒否されるのです。

年収が低いから(働けない事情があるから)生活保護受給を受けているのにも関わらず年収が低いからと言う理由で拒否するのです。

生活保護受給条件の確認

生活保護の受給を受けるのは、個人(あなた)ではなく世帯(家族)で生活保護受給の条件を満たしているか、ということが原則として定められています。

生活保護を受けた場合、世帯の全員が「生活を支える為にあらゆる努力をしても日常の生活ができない」という状態にあると言う事です。また、周りからそのように見られてしまう事も事実です。

では、生活保護受給を決める条件である「あらゆる努力」とはどういうものかご紹介したいと思います。

資産を活用すること

生活保護を受ける前に、利用できる資産があれば売却するなどの方法で生活費に充てることが優先されます。
(資産の例:土地不動産・預貯金・生命保険・自動車など。)

能力を活用すること

生活保護を利用する前に、あなたの世帯の中で働くことが可能である方は、その能力に応じてみんな働くことに努めなければなりません。

扶養義務者からの扶養を活用する

生活保護を利用する前に、ご夫婦・ご両親・成人されているお子さん・ご兄弟姉妹・またはご親戚などから、できる限りの援助をお願いすることを求められます。

母子家庭の方で養育費をもらっていない場合は、前夫から養育費の支払いをお願いすることも求められます。

他の制度を活用する

生活保護制度以外の他の法律や制度による給付がある方は、それを優先して受給し生活費に充てることが求められます。
(生活保護以外の給付の例:雇用保険・健康保険・各種年金・児童扶養手当・高齢福祉手当・身体障害者福祉手当など。)

生活保護受給者の受給理由は様々です。

若い夫婦が離婚をして小さな子供を育てているシングルマザーがアルバイト等をしても札幌市で定める最低限度の生活基準の生活が出来ない場合に生活保護を受けていたり、

足腰などを悪くしたため仕事ができない体にり、生活保護を受けている人もいます。生活保護を受けてもその生活から抜け出す事は可能です。

もし、何らかの事情でお仕事ができない場合はお住まいの区役所保護課で相談をすると良いと思います。

プロパンガスに関する記事

以下の記事は、札幌市のプロパンガス業者の一覧記事になります。プロパンガスの基本料金と単価料金をまとめてみましたので、ガス料金を節約したい!という方は、

 

【札幌市のプロパンガス事業者】ガス料金一覧&ガス会社の変更方法』という記事もぜひ参考にしてみてください!

 

・札幌で生活保護受給者が入居可能な賃貸物件の上限家賃とお部屋探し
・お小遣い稼ぎ|楽天リサーチの賢い活用方法と実際どのくらい稼げる?
・【水道管凍結トラブル防止・対策】年末年始の帰省で注意すること

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

リゾートバイト業界に5年潜伏して決めたおすすめ派遣会社ランキング