リゾートバイト派遣のバイキング勤務って楽?辛い?お仕事体験談

今回は、リゾートバイト派遣のバイキングのお仕事って楽なの?それとも、辛い?

と言うことについて、約5年間リゾートバイト派遣を経験した筆者が、

”これからリゾートバイト派遣をするぞ!”

と言う方向けにお話したいと思います。

ホテルバイキングのお仕事ってどんな感じなの?


始めにホテルバイキングのお仕事って?というと、

バイキングスタッフのお仕事というのは、お客様を席まで案内して

”料理はあちらにあります!飲み物は無料で、お酒は有料になってます!”と説明をしたり、

少なくなった料理やお皿・トレイを補充したり、食事が済んだお客様のテーブルを片付ける!というような作業をします。

バイキングレストランの営業前の作業は、出来上がった料理を配置したり、

細かいことになりますが飲み物を冷やすための氷を準備したり…なんていう作業がございます。

営業が終わると全ての料理を処分したり、会場を綺麗に掃除するのが一般的なバイキングのお仕事になります。

リゾートバイトのバイキング勤務って楽?辛い?


バイキングのお仕事は、難しいことは一切ございませんので、

飲食業でのお仕事経験がない大学生やフリーターに大変人気の職種になっています。

MISO
それで、バイキングのお仕事って楽なの?辛いの?

バイキングスタッフの作業は誰にでもできますし、覚えることがそれほど多くはありませんので楽です!

ただ、営業時間中はバイキング会場をひたすら歩き回っていなければなりませんので、

疲れる…といえば疲れます。

筆者は、24歳の時にリゾートバイト派遣を始めましたが、その時のバイキングスタッフのお仕事は楽勝!でしたが、

28歳の時に再びバイキングスタッフのお仕事をした時は、結構…大変…足が痛すぎる!と、

苦い思いをいたしました。

ポイント
バイキングのお仕事は、作業自体は楽ではありますが、立ち仕事で足が痛くなります…ので、20代前半にはオススメの職種ではありますが、30近くなると…結構きついお仕事です。

バイキングのお仕事は、朝が早い!夜は遅い!


バイキングのお仕事は、派遣先のホテルの朝食・夕食時間がいつからなのかによって、出勤時間が異なりますが、

大きなホテルの場合、宿泊客が同じ時間に一気に押し寄せて、食事ができない!

と言うことを避けるために、結構早くからレストランをオープンしていたりするのです。

で、筆者の実体験から言うと7時オープン!(じじ、ばばしか来ませんね…)

と言う勤務先が意外にも多く、もしその職場でリゾートバイト派遣をすると…

出勤時間は朝6時になりますので、毎日朝5:30分起きになることでしょう。

夜の出勤に関しても同じで、例えば18:30Open20:30closeの場合、出勤は17:30!

退勤に関しては、基本は21:30で退勤ができても、”22時まで残業お願いします!”ってことも結構あるのです。

そうなると、仕事が終わったら寝る!って生活をすることになるでしょう。

中抜け休憩は長いけど、気を抜くと寝ちゃう!


中抜け休憩というのは、朝の出勤が終わった後、夜の出勤までの長い休憩です!

大体、5時間くらい休憩時間がありますが、バイキングのお仕事をしていると生活リズムが悪くなりますので、

気を抜くと昼寝をしてしまい、気づけば出勤時間になってしまうということもよくあります。

 

関連記事:「リゾートバイト派遣の中抜け休憩って何?中抜けにオススメの副業

バイキングは残業が多くて、給料は高い傾向にある!


上記の話を聞くと”バイキングスタッフって、仕事は簡単でも出勤がキツイな〜”

と思うことでしょう。

確かに、出勤は結構キツイのですが、その分残業が多くて稼げるのもバイキングのお仕事です。

MISO
なぜ、バイキングのお仕事は稼げるの?

リゾートバイト派遣でバイキングのお仕事をすると稼げる!

その理由は、バイキングの営業時間は朝食が3時間、夕食が3時間!で、準備を含めて基本が8時間出勤!

となっているため、作業が少しでも遅れてしまうと…残業扱いになり、給料がガンガン上がってゆくのです。

それに比べて、懐石料理や仲居のお仕事の場合、お客様が早くに食事を終えてお部屋に戻ってしまえば、

片付けをしてすぐに退勤ができますので…そこまで残業が多くはないのです。

(と言っても、残業は職種よりも勤務先で変わってくることの方が多いと思います。)

バイキングスタッフは全国から若い人材が集まる!


筆者は、約5年間リゾートバイト派遣を経験いたしましたが、

バイキングのお仕事をすると、めちゃくちゃ多くの派遣スタッフに出会うことができます。

それはそのはず、バイキングの運営はそれ相当の従業員が必要で、

会場の規模が大きくなればなるほどリゾバスタッフが必要なのです。

宿泊客が40人程度しかいないような小さな旅館(高級旅館)の場合、

バイキングにするよりも一人一人に料理を出した方が、

食材が無駄にはなりませんし、スタッフも多くはいりません!

バイキングの場合は、宿泊客がめちゃくちゃ多いため、バイキングスタイルの食事にしているということなのです。

そして、バイキング運営をするにはスタッフが必要≒出会いが豊富だということです。

最低でも5人!多くて10以上の派遣スタッフが雇われる!


筆者がバイキングのお仕事をした時は、最低でもリゾートバイトスタッフが5人はいました!

大きなホテルの場合は、常時10以上派遣スタッフが働いていて、いつも活気がありました。

旅館の職場は、結構静かですね…(派遣スタッフが少ない!)

リゾートバイト派遣でバイキングのお仕事をすると、たくさんの若者が派遣スタッフとして働いていますし、

中には、地元の高校生や大学生もたくさん働いています!

というような職場もあって和気藹々!毎日楽しくお仕事ができますし、

派遣スタッフで集まって、鍋パーティーをしたり、近くのファミレスで食事をしたりと…

結構楽しかったな…って今になって思います。

リゾートバイト派遣の特徴というかメリットで、人との出会いが豊富です。

その仲間たちと、一生忘れられないような貴重な経験することもできるのがリゾートバイト派遣になりますので、

ぜひ、この機会にリゾートバイト派遣をしていただけたらと思います。

お勧め記事:「アプリの「リア充VSオタク」初心者向けリゾバ解説がヤバいと話題

まとめ|リゾバのバイキング勤務の詳し過ぎるお仕事体験談!楽?辛い?


今回は、リゾートバイト派遣のバイキングって楽?辛いの?

という話をさせていただきました!

バイキングのお仕事は、簡単な作業ばかりで初めてリゾートバイト派遣をします!という人やアルバイト経験がありません…

という方でも安心してお仕事ができることでしょう。

ただし、勤務時間が長かったり、不規則な生活になってしまうことがありますので、

リゾートバイト派遣期間中の生活は、少し大変かな…と思います。

20代前半であればバイキングでもOK30代になると体がきついかな…というのが筆者の考えです。

最後に、これからリゾートバイト派遣の登録をする!という方向けに、

大手リゾートバイト派遣会社3社を使ってリゾートバイト派遣を経験した筆者が、

おすすめ派遣会社をランキングにした「リゾートバイト業界に5年潜伏して決めたおすすめ派遣会社ランキング」という記事をオススメして、

今回の話を終わりたいと思います。

ぜひ、リゾートバイト派遣を楽しんでいただけたらと思います。

大手リゾートバイト派遣会社3社の公式サイト

リゾートバイト業界に5年潜伏して決めたおすすめ派遣会社ランキング