奨学金は借金です!大学・専門学校を卒業と同時に返済生活が始まる

奨学金は借金です!大学・専門学校を卒業と同時に返済生活が始まる

今回は、日本学生支援機構から借りている、

奨学金というのは…

 

”借金です!注意してください!”

 

という話をしたいと思います。

 

・奨学金で大学・専門学校に通っている。

・奨学金をもらっていた人の話を聞きたい!

 

上記のような方は、

ぜひ、参考にしていただけたらと思います。

大学の4年間、毎月5万円の奨学金をもらって生活!現在も借金返済中。

大学の4年間、毎月5万円の奨学金をもらって生活!現在も借金返済中。
筆者は、札幌にある大学を卒業したんですけど、

 

地方出身…ということで、

札幌で一人暮らしをしながら、

4年間、大学生活を送りました!

 

生活費は、親からの仕送りと、

毎月5万円の奨学金、アルバイト代だけで、

 

ほぼ毎月ギリギリの生活をしていました…

MISO
本当にギリギリだったの?

生活がギリギリだった理由は、

毎週のように大学の友人と飲みに行き

 

服とかも、

まあまあ高いものを買っていましたので、

 

ギリギリだったというよりも、

毎月入ってきたお金を全て使っていた!

 

みたいな感じで、

とんでもなく馬鹿なやつだったんですよね。

奨学金って、タダでもらっているお金ではなく返済必須の借金です。

奨学金って、タダでもらっているお金ではなく返済必須の借金です。
奨学金って、色々と種類がありまして、

 

毎月いくら借りるのか?って違いや、

各家庭の経済状況によって、

返済するお金の金利も違いますので、

 

低金利で借りれたり

一般的な金利で借りたりもします。

 

筆者の家は、一般的な家庭ですので、

低金利では借りることができず、

いうならば、借金をしていただけです。

 

ローンって言った方が、

わかりやすいかもしれませんね。

 

また、大学によっては特待生になれれば

奨学金は返済しなくても良かったり…

 

みたいなこともあるんですけど、

特待生というのはごく一部の人間だけで、

 

多くは普通の学生ですので、

奨学金は返済するもの!

 

ということですね。

MISO
奨学金って、誰が返済するの?

奨学金は自分か親が返済する必要があります。

奨学金は自分か親が返済する必要があります。
奨学金というのは、

誰が返済するのか?って話ですけど、

 

お金を使ったのは誰か?

って考えたら、

 

親ではなく自分が返済しなければならない…

ってことがわかると思います。

 

ちなみに、借りた金額にもよるんですけど、

 

多くの人は、15〜20年ほど

毎月1万円以上の返済をしなければならなくて

 

筆者のケースでいうと、

60万円×4年間借りましたので、

 

大学を卒業したのと同時に、

240万円以上の借金を背負って、

社会に飛び出すことになったんですよね…

専門学校の場合は2年間ですので、数年の返済で良かったりもしますね。
そして、31歳になった現在も、

奨学金の返済をしているんですよね。

 

ちなみに、奨学金の返済はまだまだ続きます…。

奨学金を借りている人は、無駄遣いは禁物です!

奨学金を借りている人は、無駄遣いは禁物です!
奨学金を借りている人の中には、

生活がギリギリで、そのお金が本当に必要な人と、

 

奨学金がないと生活は苦しいけど、

無駄にもらい過ぎている人もいますよね?

 

節約をしたり、アルバイトをすれば、

奨学金にはほとんど手をつけなくても生活はできる!

 

まあ、上記は筆者のことなんですけど、

 

余裕があるのに、

奨学金を使ってしまったんですよね。

 

”奨学金を使うな!”

とは、絶対に言わないんですけど、

 

大学や専門学校を卒業したら、

奨学金は借金に変わる!

 

ってことをしっかりと理解した上で、

お金を使っていただけらたと思います。

社会人になって返済すればいいや!でも、なかなか返済は厳しいですよ。

社会人になって返済すればいいや!でも、なかなか返済は厳しいですよ。
奨学金は、大学・専門学校を卒業した後に、

”働いて稼いで、そのお金で返済すればいいや!”

 

って、誰もがそう思っているんですけど、

 

初任給が18万円(手取りは16万円くらい)で、

そこから、毎月1万円引かれるんですよ?

 

ローンで車を購入すると、

毎月3万円くらいですか?

 

奨学金の返済と合わせて、

毎月4万円もお金が飛ぶんですよ?

MISO
その他にも、支出ってたくさんあると思いますよ!

それに、すぐに就職ができるとは限りませんし、

 

就職をしても、

すぐに辞めてしまうことがあるかもしれません…

 

筆者みたいに海外移住をした場合は、

”日本円って、どうやって稼ぐんだよ!”って…

 

まあ、これは特殊なケースですが、

 

人生には何が起きるかわかりませんので、

少なくとも借金だけは負うべきではないんです…。

 

とはいえ、

奨学金は貰い続けても良いとは思います。

(無駄遣いだけは絶対にしないでください。)

 

日本学生支援機構の公式サイトでは、

奨学金の返済シミュレーションができますので、

 

毎月いくら、何年で返済する必要があるのかを、

この機会に確認していただけたらと思います。

日本学生支援機構のサイト
奨学金の返済シミュレーションページ

まとめ|奨学金は借金です!大学・専門学校を卒業と同時に返済生活が始まる

奨学金は借金です!大学・専門学校を卒業と同時に返済生活が始まる
今回は、奨学金というのは、

借金です!って話でした。

 

奨学金は、大学や専門学校を卒業した後に、

毎月返済をしなければならず

 

それは十数年間続く場合があります。

 

毎月安定的な収入があれば、

月/10,000円くらいの返済は余裕だと思いますが、

 

すぐに就職ができるとも、

仕事が続くとも限りませんので、

 

もし、可能であれば、奨学金は貰いつつも、

極力使わないような生活を心がけると

数年後に苦労をしなくても済むと思います。

 

ということで、

今回は、奨学金の話でした。

 

以下に、速攻でお金を貯めることのできる

リゾートバイト体験談を載せておきます!

MISO
リゾバをすれば100万円の貯金はすぐだよ!

お金に困ったときは、

リゾートバイトが最強だと思いますので、

 

稼ぎたい人は、

必ず読んでみてください。

【ぼったくりって本当?】ヒューマニックの口コミ・評判のまとめ

2016.02.13
上記は、筆者の初リゾバ体験談と、その時使った派遣会社の口コミ・評判になっています。

生涯に役立つお金の話を若い時から理解しておこう!