【札幌で新生活】大学・専門学生の一人暮らしにかかる生活費

今回は「大学生・専門学生の初めての一人暮らしin札幌」というテーマで、一人暮らしにかかる総費用をザックリと計算してみたいと思います。

札幌の大学や専門学校に進学する方はぜひ参考にしてみて下さい!

札幌の一人暮らしでかかる光熱費はいくら?

札幌の光熱費っていくら?
まず一人暮らしの光熱費について考えてみたいと思います。

単身者の電気料金に関しては、一ヵ月3,000円程度になると思います。(筆者の実際の一人暮らしから計算!)

水道代は、3,000円程度です。(水道代は、2ヵ月に一度6,000円程度の請求書がお部屋に届きます。)なお、アパート・マンションによっては水道料金込みの物件もございます。水道料金が家賃に含まれる場合は、毎月家賃と一緒に支払ってください!ガス代に関しては、都市ガス又はプロパンガスの賃貸物件なのか、はたまたお住まいの賃貸物件(管理会社)が契約をしているプロパンガス事業者のガス料金の値段(基本料金+単価料金)が高いのか安いのかによって、月々のガス料金が大きく変わります。

毎日簡単な料理をする方で、お風呂(シャワー)が一日に1回の方であれば6,000円程度になると思います。冬場のガス料金は+3,000〜4,000円程度と考えると良いと思います。(冬場は、9,000〜10,000円くらいになると思います。)

ちなみに、光熱費(水道・電気・ガス)料金は、基本料金+使用料金で計算されますので、どんなに節約をしても0円になる事はございません。

札幌市のプロパンガス業者の一覧とガス料金に関しては「札幌市のプロパンガス事業者|ガス料金一覧&ガス会社の変更方法」で確認してください!

1ヵ月の食費にかけるお金は?in札幌

札幌での食費
食費に関しては、毎日家で料理をする人毎日スーパー・コンビニ等でお弁当屋やお惣菜を買う人とでは月々の食費が全然違います。

食費は一日1,000円以内で、月30,000円以内に収まるように心がけてみて下さい。なお、1日の食費を1,000円以内にしようとすると、一日一食は節約料理を作らなければならないと思います!

一人暮らしの男性に、クックパッドでレシピを調べて節約料理を作って下さい!と言う訳ではございません。スーパーで売っている食材で簡単に作れるものや温めるだけのものを買って食べてみて下さいと言う意味です。コンビニ弁当は控えたほうが良いですよ!という話です。

ご飯や麺にレトルトのものをかけるだけの料理でも全然ありです!

筆者が大学生の時は、レトルトカレーのパックを開けずに電気ケトルの中に突っ込み、水を沸騰させてしばらく待ってから自分で炊いたご飯の上にかけて食べていました。友達に電気ケトルの使い方が雑すぎて笑える!と言われたこともあります!が、一度やると簡単すぎてこの温め方が定着してしまいました。

電気ケトルで温めたお湯の中にお茶のパックを3ついてれ、大量にお茶を作る!という、裏技もあります!

札幌の飲み代はいくら?ほら、合コンとかさ?


札幌の大学・専門学校生の飲み会では、基本は食べ飲み放題プラン又は飲み放題+単品注文のどちらかです。

食べ飲み放題プランの飲み会の費用(予算)は、2,500円〜3,000円くらいです。飲み放題+単品注文の場合は、2,000円〜4,000円くらいです。仲の良い友達と飲みに行き、飲み放題+単品注文をした場合は、2,000円〜3,000円で納まる事が大半ですが、大勢の飲み会で飲み放題+単品注文をしてしまうと空気の読めない人がガンガン注文をして、1人3,000〜4,000円になる事もございます。

合コンの場合は席を予約すると思いますので、ほとんどが飲み放題付きのコースです!(3,000円くらいのコースです!)二次会でカラオケなんかに行くと、さらに3,000円程度かかりますので一回の合コンで6,000円ほど必要になります!(交通費を含めて7,000円!)

個人的には合コンは積極的に参加した方が楽しい学生生活を送れると思います!が、単品注文のお店で合コンをする!と言う場合は、一人5,000円!?になることもありますので、どんな女の子いるの?イケメンは?と言うことばかりではなく、どんなお店でどんな予約をしているのか?ということもチェックしてから合コンに参加していただけたらと思います!

以下は、アルバイトをしながら札幌で学生生活をしたい!という方にお勧めのバイト探しアプリになります!乃木坂46のCMで有名です!無料アプリですので、ぜひこの機会のどうぞ!!!CMも載せておきます!

PR|アルバイト探しに活用して欲しいアプリ!

バイトル - バイトの求人情報・アルバイト探しアプリ
バイトル – バイトの求人情報・アルバイト探しアプリ
開発元:ディップ株式会社
無料
posted withアプリーチ

札幌の一人暮らし向け賃貸物件について


大学生・専門学校生の物件(単身者向け物件)は、3万円台で探すと良いと思います。

札幌市の生活保護受給者(単身者世帯)の家賃は、36,000円以下になりますので、札幌市内には36,000円以内で住める賃貸物件が沢山ございます。管理費・共益費を含めても4万円以内で一人暮らしをすることが出来ます。

札幌市の賃貸物件は、高ければ良い!ということではありませんし、お部屋は一度決めると2年間家賃を支払い続けなければなりませんので、慎重に選んでいただきたいところです!

札幌の場合、お部屋が広過ぎると冬場にどんなに暖房をつけてもお部屋が暖まらない!と言う問題が発生致します。詳しくは以下の記事を参考にしていただけたらと思います。

 

・【北海道札幌市の物件とは】一人暮らしに適した間取り・広さ・家賃

クレジット支払いで楽天スーパーポイントを貯める!


これから話す内容は、実際に私が大学生の時に実行していた支払い方法になります。

その方法は、まず学生専用の楽天カード(クレジットカード)を作ります。学生カードは自分と言うよりも親の収入等が審査対象になりますので、比較的簡単にカードを作る事が出来ます。また、楽天カードは年会費が無料というのも大きなポイントです!

楽天カードを作った後は、月々の固定費の支払いを全て楽天クレジットカード払いにします。

光熱費の合計12,000円(電気・ガス・水道)と食費(スーパーで買い物をするとき)、携帯代金(6,000円程度)、インターネット使用料金(4,000円)この約50,000円を全て楽天カード払いにします。

楽天カードは、楽天ショッピングをしなくてもクレジットカード払いをすることで、支払い代金の1%の楽天ポイントが貯まります。月の支払いが50,000円だとすると毎月500円ポイントが貯まり、一年間で6,000円分もの楽天ポイントになります。(大学生活の4年間で24,000円になります。)また、最近はドラックストアやマックなんかでも楽天ポイントが貯まりますので大変お得です!

この方法は、支払いをカード払いにすれば良いだけですのでカード利用者の負担は全くございません。 楽天ショッピングを利用する方でしたら、更にポイントが貯まりますので季節の変わり目に楽天ポイントで買い物が出来たりもします。ぜひ、新生活に慣れてきたら試してみて下さい。

 

楽天カード

まとめ|札幌の1ヵ月の生活費は?

光熱費交際費その他の費用
電気代:3,000円 水道代:3,000円 ガス代:6,000円(冬期は9,000円)

食費:30,000円 飲み代:5,000円
家賃:40,000円 携帯電話:6,000 インターネット:4,000円 生活用品とお小遣い:?円
札幌で一人暮らしの方が1ヵ月間にかかる生活費は、約100,000円になります。

この金額よりも安く抑える事も可能ですが、絶対的に必要なラインがございますので7万円程度は必ず必要になることでしょう。

また、上記の金額には日用品の費用(トイレットペーパーやシャンプーなど)が含まれていません。そのため、多くのケースで10万円以上かかることが予想されます。

一人暮らし用の家具・家電に費用一覧

一人暮らし用家具の値段一人暮らし用家電の値段
ベッド:20,000円〜 カーテン:3,000円〜 絨毯:5,000円〜 テーブル:5,000円〜 ソファー:10,000〜 本棚:5,000円〜 合計:48,000円〜
テレビ:円30,000〜 洗濯機:20,000円〜 冷蔵庫:20,000円〜 炊飯器:15,000円〜 電子レンジ:5,000円〜 合計:90,000円

まとめ|北海道の札幌市で一人暮らしをする!

札幌生活に限らず一人暮らしをするというのはお金がかかることになります。

中には、奨学金で大学や専門学校に通っている人もいるかもしれませんが、奨学金は社会人になった時に毎月支払っていかなければならないお金になります!

つまり…大学や専門学校を卒業すると同時に100万円〜200万円の借金背負うということです!

実は、筆者も毎月15,000円ほど返済しています…(涙)

もし、就職ができなかったら???って考えたらものすごく怖い話になりますので、学生はタダで生活をしている!とは思わずにぜひ節約生活をしていただけたらと思います!

以下に、お勧めの関連記事を掲載してこの話を終わりにしたいと思います。

 

全て捨てた!ポイントカードを一枚も持たない男の考えとそのメリット
派遣社員と正社員の生涯年収の差とリゾバ派遣期間にするべきこと

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします