シャッターストックでスマホ写真って売れる?審査に通る?

今回は、シャッターストック(shutterstock)でスマホ写真って売れるの?

と言う話です。

日本企業のPhotoAC(写真AC)だと、1ダウンロード2.75円で、正直副業・不労所得としては物足りない!

と言う事で、本格的にストックフォトを始める方は、ぜひ参考にしてみてください!

シャッターストックでスマホ写真って売れるの?


最近は、副業!副業!副業!

って、みんな言ってますね。(特に、20代・30代)

だって…年金が68歳からの受給になるかもしれないんでしょ?

いや、時間が経てば年金の受給開始年齢は、70歳まで引き上げられるってことも考えられるぞ…

それに、消費税が10パーセント!?

これは、将来を見据えて副業をするしか無い!

ってみんな思いますよね。

シャッターストックでスマホ写真は売れます!

早速結論を言うと、シャッターストックではスマホ写真が売れます!

(ちなみに、アドビストックでも売れます。)

シャッターストックでは、カメラで撮影した写真と同じように、スマホ写真も審査され、

採用されると、カメラ写真と同じく売ることができるのです!

シャッターストックでスマホ写真を売る時の注意点

シャッターストックでは、スマホ写真でも売ることができますので、ガンガン撮影して売りましょう!

ただ、注意していただきたいことがあります!

それは、アプリを使って撮影したとき、画像サイズが小さくなっていないか!!!

みなさんがiPhoneを使っているのかアンドロイドスマホなのかはわかりませんが、

最近のスマホ写真は、画像サイズがカメラと同じくらい大きい!

ということで、スマホのカメラを起動して、普通に写真を撮影すれば、良い写真であれば結構高い確率で写真の審査に通りますし、

筆者なんかは、iPhone6で撮影した写真でも、審査に通っていましたので、2年くらい前のスマホでも全然大丈夫です!

が、スマホアプリを使って写真撮影をすると…

写真の保存時に画像サイズが縮小して保存されてしまうため、売ろう!

と思っても、写真のサイズちっさ!これじゃ、売れんやろ!

ということで、これは絶対採用だろ!と思った写真でも、ダメです!って言われたことがよくあるのです。

(不採用の理由は他にもあるようですが、サイズは重要だと思います。)

スマホ写真でも買いますし、売れます!


スマホ写真って、実際買ってもらえるの?

と言うと、買ってもらえますし、筆者は買ってます!

筆者は、シャッターストックで写真を売るだけではなく、このようにブログも書いていますので、

実は、シャッターストックで写真を買っているのです!

月額2万円くらいのプランですね。(買ったり、買わなかったりしています。)

ブログの場合は、横幅800pxもあれば十分!

有料写真の使われ方は様々ですが、例えばブログなんかでは横幅800pxもあれば画像としては十分です!

中には、画像を加工して使うという人もいますが、横幅1500pxもあれば問題なく使えます!

そして、筆者は”この写真いいな〜”と思った時は、バンバン購入していますので、カメラ写真でもスマホ写真でも関係はありません!

(購入してからサイズを確認すると、あ〜スマホ写真か!ってことがよくあります。)

と言うことで、筆者はスマホ写真を購入しますし、

筆者のようにブログ用に画像を買っている人もたくさんいると思いますので、スマホ写真でも売れます!

あと、最初にも書きましたが、これからは副業時代になりますので、ブログ運営者が増えます!

そして、他の人とは一味違うブログを作る!

と言う人も当然出てきますので、やはり画像販売はこれからどんどん伸びてゆくのです!

と言うことで、今回はシャッターストックでは、スマホ写真も売れます!と言う話でした。