写真資産があれば不労所得で生きることができる話。

写真資産があれば不労所得で生きることができる話。

今回は、写真資産を、

若いうちから作っておくと、

 

将来、不労所得だけで生きていける!

(その写真が自動で稼いでくれる!)

 

可能性がある!という話です。

生きて行くのに重要なのは資産と継続的な収入(不労所得)

重要なのは資産と不労所得
このご時世、今している仕事を、

65歳まで続けられる!

 

って保証はどこにもありませんし、

 

”続けるぞ!”って気持ちがあっても、

企業や景気の都合で、

やめざるを得ない…ってこともありますよね?

 

そんな予期せぬ出来事が、

人生にはありますので、

長い目で考えた時に重要なものとは?

 

ってことについて、

よく考えて欲しいんですけど、

 

どんなことがあっても、

消えることのない資産と、

何もしなくても継続的に稼いでくれる

不労所得は大変重要だと思います!

写真資産って何?それがどう不労所得になるの?

短期で大量に撮影して売ることのメリット
写真資産というのは、

彼女との思い出の写真をスマホに保存!

というようなことではなく、

 

スマホカメラで撮影した写真を、

誰かに購入していただける状態にしている

 

いわゆる、(個人の)写真ショップを作ることです。

 

ギャラリーと言っても良いかもしれませんが、

重要なのは、その写真が販売中であるということ!

 

どんなに良い写真をたくさん持っていても、

スマホやPCに保存しているだけではダメで、

 

その写真を販売する必要がある!

ということですね。

 

写真資産とは、写真ショップ!

写真ショップが資産で、不労所得にもなる理由を解説!


写真のショップと言われても、

意味がわかんないんですけど…

 

って人が大半だと思いますので、

詳しく解説します!

 

で、比較として、

一般的なお店を例に解説したいんですけど、

 

例えば、コンビニなんかは、

商品を仕入れて、それを店舗で販売し、

売れた時に商品の差額分が利益!

 

という感じだと思うんですけど、

 

写真ショップというのは、

写真を撮影して、それを販売しますが

店舗ではなく、インターネットで売りますし

 

もっというと、写真を買いたい!

という人に、勝手に写真を見てもらえ

勝手に買ってもらえますので

 

販売者は、基本何もしなくても、

写真が売れた時に、報酬を得られる!

 

だから、将来的には働かない≒不労(所得)

になり得るビジネスとなってるんです!

写真ショップは開設するのではなくすでにあります!


では、写真ショップを作ってください!

って言われると、

 

ものすごく難しいように感じますが、

写真ショップは、

すでにあるサービスを使えばOK!

 

アドビストック」(海外:最もお勧め!)

シャッターストック」(海外:サブで使いたい!)

写真AC」(日本:小金稼ぎに最適!)

 

上記のような、

写真販売サイトがありますので、

そこでクリエイター登録(販売登録)をして、

 

撮影した写真をバンバン、

アップロードしてゆくだけで

 

その販売サイトで、

写真を売ることができ、

売れれば報酬になる!って仕組みです。

実際にはアップロードした後に、タグ付けを行い、さらに写真の審査も必要になりますが、逆にいうとこれだけの作業で写真を売ることができます!

写真資産を構築中!不労所得で毎月1,500円!


筆者は、まだまだ初心者なんですけど、

上記に載せた、

「アドビストック」に写真を120枚ほど

「写真AC」には600枚ほど

写真をストックして、販売してるんですけど、

 

これで、毎月1,500円ほど、

安定的に報酬が入ってきますし、

 

中には、


上記のような感じで、

一枚写真が売れただけで

3,960円もの報酬になることもあります!

 

写真の枚数を増やせば、

すぐに報酬が増える!

 

ってことではありませんが、

写真資産(写真枚数)を増やすことで、

報酬は右肩上がりに増えますので、

 

写真資産を構築していない人は、

将来に向けて、少しずつでも良いので、

 

撮影した写真を販売サイトに、

アップロードしておくことをお勧めします!

 

毎月1,500円でも、嬉しい報酬ですが、

これを5,000円、10,000円…

と増やしてゆけば、

 

生活が変わってくると思いますし、

 

写真販売に本気で取り組んでいる人は、

月に5万円、10万円と稼いでいる人もいますので、

 

そうなってくると、

将来、不労で生きてゆくこともできるのかな…

と思います。

まとめ|写真資産があれば不労所得で生きることができる話。

写真資産があれば不労所得で生きることができる話。
今回は、写真資産があれば、

将来、不労所得で生きて行けるかの?

という話でした。

 

不労所得というのは、

例え、事故怪我をして、

働けない体になっても

 

それを作っておけば、

そこから毎月収益が発生しますし、

 

遠い話ですか、

本人が亡くなっても

お金は入り続けますので、

ある意味、相続財産になり得るものだったりもします。

 

写真販売はただの副業ではなく

資産を形成できる、副業になりますので、

 

一度報酬を受け取って終わり!

ではなく、写真の需要があり続ける限り、

半永久的に報酬を手に入れることができますので、

 

ぜひ、この機会に写真資産を、

形成してみてください!

 

以下、写真販売の始め方と、

写真販売に必要なものをまとめましたので、

参考にしてみてください!

【保存版】ストックフォト副業の始め方と写真販売に必要なもの

2018.05.13

この機会にお金の知識を身に付けてください!【お勧め書籍】