海外のストックフォトサービスを使うデメリットとは?

今回は、海外のストックフォトサービスである、

「シャッターストック」「アドビストック」デメリット面倒なところって?

という話を利用者がしたいと思います。

・海外のストックフォトサービスを使いたい!
・写真販売で不労所得を作りたい!
上記のような方は、ぜひ参考にしてみてください。

海外のストックフォトサービスのデメリットや面倒なところ!

【シャッターストック】
シャッターストックの公式サイト
【アドビストック】
アドビストックの公式サイト
はじめに海外のストックフォトサービスって、”使いやすいの?”というと、

写真の販売画面(マイページ)は、完全に日本語翻訳がされていますので、

日本のサービスだと思って使うことができますし、

 

お問い合わせは日本語でサポートしてくれるようですので、(日本支社がある企業になります。)

なんて言うんでしょうね、

 

例えば、Instagramってアメリカの企業ですが、日本人の多くが問題なく利用していますし、

Google・Amazon・Facebook・YouTubeアメリカの企業ですよね?

って考えたら、「シャッターストック」や「アドビストック」も問題なく使えるんですよね!

MISO
海外のサービスでも、気にすることなく使っちゃおう!

注意:「シャッターストック」はタグ付けが英語なので少々面倒です!

注意:「シャッターストック」はタグ付けが英語なので少々面倒です!
「アドビストック」は、完全に日本語対応がされていますので、

 

写真のタグ付け作業も日本語で「桜」「犬」「日本食」みたいな感じで付ければ良いんですけど、

「シャッターストック」の方は、タグ付けだけは英語でしなければなりません!

 

英語が苦手な方は、Google翻訳が必須なんですよね…

ただ、以前【効率UPテクニック】シャッターストックの英語タグ・タイトルの記事で書きましたが、

 

翻訳は一瞬で出来ますので、そこまで苦では無いと思います!

(が、作業が少し増えますので、面倒だと言えば…面倒です。)

海外のストックフォトサービスでは報酬の振り込みがペイパル口座!

海外のストックフォトサービスでは報酬の振り込みがペイパル口座!

MISO
海外のストックフォトサービスを使うデメリットや面倒なことってある?

「シャッターストック」「アドビストック」は、アメリカの企業になりますので、

”報酬はゆうちょ銀行に振り込んでください!”

ということは出来ず、PayPal口座で受け取ることになります。

 

PayPal口座に入金されるということは…PayPal支払いができるお店でしか使えない…

ということで、使い勝手は少々悪かったりします…。

デメリットが、逆にメリットでもあります!


”PayPal!?マジか…”と思った方もいるとは思いますが、

実は、デメリットがメリットだったりもするんですよね。

・報酬は自動的に入金される!
・PayPal支払いのできるお店が多い!
・円安の影響で毎日お金が増える!?

”みなさんは副業は初めてでしょうか?”

 

筆者は、ブログ副業をしたり、写真販売をしているんですけど、

副業をしていて、”改善してほしいな〜”って思うのが、

 

報酬の支払いです。(報酬の支払いってどこも遅い!)

 

ブログ副業を例にすると、報酬が発生してから、

実際の入金まで2〜3ヶ月かかることもあります…

 

それが、「シャッターストック」であれば、

月末で25ドル貯まっていれば自動的に入金手続きを行なってくれ、

1週間ほどでお金が振り込まれます!

 

「アドビストック」に関しては、

手動で報酬の請求をすることになっていますが報酬の支払いはかなり早いです!

日本にはPayPal支払いができるお店が意外にある!

【ヤマダ電機(オンライン)】:PayPal支払い可
【アゴダ】:PayPal支払い可
筆者自身も最初は”なんだよペイパルって!”って思ったんですけど、

 

日本にはPayPal支払いができるお店がたくさんありまして

食品類・家電・ホテル予約・飛行機予約など、

お店を選ばなければ基本は何でも揃っています!

最近は円安!円が安いからドルを集めたいですよね?


最近は、”円安!円安!”ってことで、物価がめちゃくちゃ上がってしまい、

”スーパーに行くと商品が高くなっていますよね?”

 

今後も円安はどんどん進むと予想されていますので、

”できるだけ外貨を持ちましょう!”

なんてニュースで言ってるのを見かけますが、

 

PayPal口座に振り込まれるお金は…ドルです!

 

ドルが振り込まれますので、円安が進むにつれて、

PayPal口座に入金されたお金の価値は上がります!

 

ということで、PayPalのお金は少々使いにくい…

というデメリットがありますが、実はメリットも多いのです!

「PayPal支払い」をすると「ドル→円」に変えて支払ってくれますので、”ドルだから買い物ができないのでは?!”という心配はありません。

まとめ|海外のストックフォトサービスを使うデメリットとは?


海外のストックフォトサービスのデメリットは、

一部英語を使わなければならないところがある…ということと、

 

PayPalを使ったことがない人にとっては、

”何ですかそれ?”ってなってしまうデメリットがありますが、

 

海外のサービスでもほぼほぼ日本語対応をしていますので、

英語を使うのはほんの一部ですし、google翻訳を使えば問題なく利用できます。

 

また、PayPalで報酬が支払われたとしても、

日本にはPayPal支払い対応のお店がたくさんありますし、

 

報酬はドルで支払われますので、「円安」に強い!というメリットもあります。

 

少なくとも、写真販売を諦めるほどの大きな要因にはなりませんので、

”写真販売で稼ぎたい!”と思っている方は、海外サービスを使って稼いでください!

公式サイト:「シャッターストック

「利用方法(登録方法)」は、以下の記事で確認してみてください!

上記は、筆者がメインで利用しているシャッターストックのリアルな報酬です。

直近では71ドル(約11,000円)稼げました。(2024.4)

シャッターストック】(公式ページ)
【「シャッターストック」の登録方法を解説】
「シャッターストック」は海外のサービスですので、登録で分かりにくい部分を詳しく解説しています。 >>>"【徹底解説】シャッターストックの始め方(登録方法)と注意点"<<<

写真販売副業|カテゴリー