【北海道札幌市の物件とは】一人暮らしに適した間取り・広さ・家賃

今回のBLOG内容は、雪国北海道で一人暮らしをする場合の物件の適切な間取り・広さ・家賃についてです。初めて北海道(札幌市)で新生活をする方向けに書いた記事になっています。これから札幌で一人暮らしをする新社会人の方、大学生・専門学校生に少しでも北海道の生活を知っていただけたらと思います。

北海道札幌市で一人暮らしに適した間取り


初めて札幌市で一人暮らしをする方は、1LDK以上の賃貸物件から探す!と言います。これは、リビングと寝室を分けたいと言う人が多いからです。また、予算内で出来るだけ広い物件に住みたい!と思っている人も多いのです。

上記のことは最初はみんな思うことで、私自身も一番最初(大学に入学した時)に借りたお部屋の間取りは1LDKでした。リビングと寝室が分かれているお部屋は、一番生活がしやすい間取りになることは間違いありません。が、札幌の生活の場合はお部屋の広さよりも冬場の寒さ対策(防寒対策)の方が重要なのです。

通常北海道の賃貸物件は、リビングにストーブが付いています。(エアコンは付いていない物件がほとんどです。)で、ストーブは付いていますが札幌の木造物件は築年数がかなり経過している物件が多く、隙間風がひどい物件ではストーブ無い寝室のお部屋がストーブをつけても全く暖まらないということが多く、もっというと隙間風によってストーブのあるリビングすら全然暖まらない物件もあります。

もし、お部屋が全然暖まらない物件でストーブを一日中使うと灯油代が無駄になってしまいます。と言うか、寒過ぎて死んでしまいます。そのため、札幌で一人暮らしをする場合は広めの1Rか1DK、もしくはロフト付きのお部屋がお勧めなのです。北海道は1年の半分以上でストーブが必要な地域になります。繰り返しになりますが、札幌で新生活をする方はお部屋の使いやすさではなくお部屋が暖まる間取り・構造のお部屋を選ぶようにしましょう。また、灯油・プロパンガスの料金はガス会社によって金額が全然違いますので、賃貸借契約前にアパート・マンションが契約している管理ガス会社がどこなのかといいうことも確認しましょう。プリパンガス業社一覧は『【札幌市のプロパンガス事業者】ガス料金一覧&ガス会社の変更方法』という記事で確認してください!

一人暮らしの用の物件の家賃は?

それでは、札幌で一人暮らしをするための家賃(賃料)はいくらなの?という話をしたいと思います。

札幌の家賃相場は下限が2万円台からで上限が40,000円を目安に考えると良いと思います。ちなみに、札幌市の生活保護受給者の単身世帯が借りることの出来る物件の上限賃料は36,000円です。生活保護受給者は共益費・管理費を除いて考えますので、一般の方は36,000円に3,000円〜4,000円の管理費・共益費を足した40,000円程度が妥当な家賃だと言えます。

※生活保護受給者が住める物件の上限金額は法律によってコロコロ変わります。

しかしながら、新社会人の方や学生の方で収入面に不安のある方は出来るだけ安い賃料の物件に住んだ方が良いと思います。2年経てば契約期間が満了します。大学生であれば大学3年生の4月に、専門学生であれば卒業を機に引っ越しすることが出来ますので、始めは親が勧める安い賃貸物件に住むと良いと思います。また、仲介手数料無料の業者を選び、初期費用を抑えると良いと思います。仲介手数料無料でお部屋を借りるには、仲介手数料無料の仲介業者か物件の管理会社との直接契約になります。管理会社の管理物件からお部屋を探すのは少し大変な作業になりますので、仲介手数料が無料の仲介業者からお部屋を借りるのがおすすめです。

話が少しそれますが、一人暮らしの方の生活費は一ヶ月5万円以内に収めると良いと思います。(食費3万円、その他2万円)食費は1日1,000円以内に収めるのが理想的です。コンビニでお弁当を買ってしまうと、一食で1,000円以上になってしまいますので、近所のスーパーで食材を買って自炊をすると良いと思います。料理ができない人でも、レトルト料理を週に何回か作るとかなり節約することが出来ます。また、その他の生活費は2万円くらいに収めると社会人の方だと少しの貯金と飲み代等にお金をまわすことが出来ます。

一人暮らしの理想のレイアウトは?

ワンルームのお部屋のレイアウトなんて簡単だと思われるかもしれませんが、ワンルームのお部屋は1つの空間に全ての物を納めなければなりませんので、工夫が必要になります。また、物を収納する場所を作らなければお部屋が散らかっているように見えてしまいますので、収納は必ず必須です。

ワンルームのお部屋でも建物によって全然違う間取りになっています。例えば、対面キッチンのお部屋があったりお風呂が玄関横ではなくお部屋を通らなければならなかったりと様々です。また、窓の位置やテレビ線の位置によっても配置が変わってきます。

ワンルームのお部屋のレイアウトでお勧めなのは、ワンルームを2部屋に見立てて使う事です。間仕切りは本棚でも良いですしカーテンを取り付けても良いと思います。カーテンレールはホームセンターで1,000円程度で購入する事が出来ます。カーテンは安い物であれば3,000円程度で買えます。ぜひ、ワンルームのお部屋を使いやすく改造してみて下さい!

北海道生活に関する記事のご紹介

【札幌市のプロパンガス事業者】ガス料金一覧&ガス会社の変更方法 【水道管凍結トラブル防止・対策】年末年始の帰省で注意すること
北菓楼エスタ店の焼きたてアップルパイを購入!値段や販売時間 セカンドストリートで家具・家電を売る!買い取り査定金額って高い?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







リゾバweb説明&派遣会社ランキング



リゾートバイトのweb説明とリゾートバイト派遣会社についてまとめた記事になります。
【リゾートバイト派遣会社大手3社比較】リゾバの口コミ・評判・特徴