末っ子女性の競争心が強い理由|生まれ順が性格に与える影響について

はじめに:生まれ順と性格の関係性

今回は、家庭内の生まれ順が個々の性格形成にどのような影響を与えるのか、特に末っ子女性はなぜ競争心が強いのかについて書いてみたいと思います。

生まれ順による心理学|一般的な観察について

心理学の世界では、子供の生まれ順が性格に影響を与えるという考え方があります。

あなたの周りに”しっかり者のお姉さんタイプの友達”が長女だったり、”社交的でいつもニコニコしてる男友達”が末っ子男子だったりってことがあると思います。


「第一子」
第一子長男・長女というのは責任感が強くて、リーダーシップを発揮する傾向があると言われています。

「真ん中っ子」
真ん中っ子は兄弟の中で最も独立心が強く、周りとの調和を大切にする平和的な性格なのが特徴です。

「末っ子」
末っ子は自由奔放で、大胆に行動ができるのが特徴になります。

「一人っ子」
一人っ子は創造性が豊かで、物事に挑戦的な一面を持ち合わせています。

末っ子女性の競争心が強い理由について

それでは、なぜ末っ子女性は競争心が強いのでしょうか。

それは、兄弟姉妹の中で自分の存在を確立しようとするからです。兄弟にはそれぞれ役割があったりすると思いますが、末っ子というのは兄弟のやっていることを見て成長をしますので、自分もできるようになりたいという気持ちが競争心を高めるのです。

また、末っ子は家族の中で最も若い存在になりますので、周りの存在全てが大きく見えるのです。その結果、自分を高めようと競争心が高くなるのです。

 

「第一子」や「真ん中っ子」というのは下に兄弟がいますので、年齢的な部分で下の兄弟に勝る部分が大きいことから競争心はなく、特に真ん中っ子は親から与えられる役割も少ないことから競争心という部分では他の兄弟と比べると低い傾向があります。

まとめ

社会を生き抜く上で競争心というのは必須です。競争心があることで、人より努力をして何かを成し遂げようとするのはとても大切なことです。

ただし、世の中には一人ではなくみんなで戦わなければならない!ということが多々ありますので、競争心を持ちながら周りをまとめる力や人に信頼される行動を心がけると良いと思います。

 

今回は、末っ子の競争心が強い理由についての話でした。

【関連カテゴリー】
第一子」「真ん中っ子」「末っ子」「一人っ子