【一人っ子の育て方】礼儀正しさを身につけさせるための効果的な方法

序章: 一人っ子の子育てに挑戦

今日は「一人っ子の育て方」についてお話ししたいと思います。

一人っ子の育て方は、兄弟がいる場合とはまた違った挑戦があります。特に、礼儀正しさを身につけさせることは親としての大きな課題の一つかもしれません。

一人っ子の特性をしっかりと理解する

まず、一人っ子の特性を理解することが大切です。一人っ子は親の注意を独占するためしっかりとした自己意識を持つことが多いです。

これは、自己主張が強くなる一方で、他人との協調性を身につけるのが難しいという側面もあります。

「協調性がない≒礼儀がない」ということではありませんが、相手(人)の気持ちを理解して行動できるのか?というのも一つの礼儀になると思います。

地域コミュニティー(イベント)に参加して人との交流を持つ!

子供というのは親や兄弟の行動を見て、それが正しいことなのかそれともダメなことなのかを学んで成長していくと思いますが、

兄弟がいない一人っ子の場合、兄弟を模範に学ぶことはできませんので、地域のコミュニティーや子供向けのイベントに参加するようにすると良いと思います。

筆者の場合、娘が幼稚園に行く前は週に1回のお絵描き教室に通わせて、たくさんの子どもと一緒に先生の話を聞いて絵を描かせていました。

子供の創造性を高めながら、人との交流を持つことで人としての成長に期待して通わせていましたね。

一人っ子に礼儀正しさを教える方法

一人っ子に礼儀正しさを教えるにはどうすれば良いのかというと…まずは、親自身が模範となることが大切だと思います。

子供は親の行動を見てたくさんのことを学ぶと思いますが、母だけ…父だけ…というのは偏りがあるように感じますので、旦那さんに育児に参加してもらうことが重要だと思います。

 

個人的には小さなことでも良いと思っていて、例えばお母さんが毎回子どもと一緒にスーパーへ買い物に行くのではなく、夫婦揃って買い物に出かけたりするだけでも子供の成長に影響するものがあるのかな?と感じます。

祖父母の存在は大きいと思います!

一人っ子は特定の人としか関わりが持てない…ということがよくありますので、身近な存在に頼るのがベストな選択だと思います。

特に祖父母の存在は大きくて「礼儀正しさ」「マナー」は祖父母に教えてもらうのも良いのかな?なんて思いました。

まとめ: 一人っ子の礼儀正しさの育て方

一人っ子の礼儀正しさを育てるためには、親自身が模範となり他人との関わり方を教えることが大切です。また、一人っ子の特性を理解しそれに合わせた教育方法を選ぶことも重要だと思います。

親としては、子供の成長を見守るだけでなく、一緒に成長することが求められます。

一人っ子の育て方は挑戦かもしれませんが、その分、子供との絆を深める素晴らしい機会でもあります。皆さんも、一人っ子の育て方に自信を持って取り組んでみてください。

【関連カテゴリー】
第一子」「真ん中っ子」「末っ子」「一人っ子