家賃値下げ交渉の方法とタイミング|初心者でも実戦できる交渉術

賃料の値下げ交渉は一般的には2,000円前後可能です。

また、物件の中には賃料の値下げを検討しているものや、賃料の変更があったのに不動産会社のホームページの編集が追いついていないと言うケースも稀にございます。

家賃の値下げ交渉に成功すると、年間24,000円前後お得にお部屋を借りることが出来ます。ぜひこのページを見た方は値下げ交渉にチャレンジしてみてください。

家賃の値引き交渉方法とタイミング

契約時の交渉

賃貸借契約時は、対象の物件によっては数千円の値下げ(値引き)交渉が可能です。この賃貸借契約時は、家賃を安くしてお部屋を借りるチャンスです。このタイミングを逃してしまうと、次の値下げ交渉のタイミングは・・・更新時=通常2年後になります。

また、中でも引っ越しシーズン中に入居者が決まらなかった賃貸物件は、次の引っ越しシーズンまで入居者が見込めないという状態に陥り、オーナーさんは数ヶ月間家賃収入が得られないということになります。そのため、シーズン外で物件の下見に来て下さったお客様は絶対に逃したくないというのが実情です。引っ越しシーズン外であれば、家賃の値下げ交渉がうまくいく可能性が大いにあります。

どのタイミングで交渉するか…

家賃の値下げ交渉は、契約の手続きをする時では遅すぎます。?下見を行った際に、行うのが良いでしょう。

どのように交渉するのか…

例えば、お部屋清掃をしましたか?壁紙は張り替えましたか?と確認した上で、お部屋の内装にキズやシミ、もしくは使い勝手の悪いポイントをまとめ、「〜の部分が他の同等額の賃貸物件と比較して、少し難があると思うのですが、修繕・改善は不要な代わりに値下げしていただけませんか?」と切り出します。基本的にこの段階では家賃を下げる事は出来ません。なぜなら、家賃の値下げは仲介業者がその後、管理会社に連絡をしてさらにオーナー様に連絡を取ってもらわなければならないからです。もし「家賃が下がったら物件の契約をします。」と契約の意思があることを伝えて下さい。

更新時の交渉

札幌市の賃貸物件には、更新料がかかる物件はございません。通常、札幌市の賃貸物件の契約は2年間ですが2年を超えると自動的に2年の更新をした事になります。その場合、更新費用は一切かかりませんし、自動更新をしても一ヵ月前に退去の連絡をすると違約金なしで引っ越しが出来ます。スマホの契約やインターネットの固定回線契約のように自動的に更新して、更新月以外の解約は違約金がかかりますよ!と言うものとは話しが違います。東京などにお住まいの人は、契約から2年後のタイミング(更新のタイミング)で家賃の値下げ交渉を行うのが良いでしょう。管理会社には、「まだ物件は決まってませんが、引っ越しようと思っています。」と伝えてください。

管理会社側から、家賃値下げの提案があればそれを受け入れましょう。更新時以外の値下げ交渉の提案は、管理会社との関係を悪くしてしまう可能性がございますので、引っ越し覚悟で交渉する必要があります。

狙い目の家賃値下げ交渉物件の特徴とは

家賃値引き交渉のしやすい物件の条件

●空室の状態が長期間続いている物件

●低層階にしか空室がない物件

●繁忙期を過ぎても入居者が決まっていない物件

これらの条件に当てはまる物件は、家賃の値引き交渉が高確率で成功します。

空室期間が3ヶ月以上ある物件は狙い目

空室状態が長期化しているマンション・アパート(3ヶ月間以上、空室が続いている物件)であれば、高確率で値引き交渉は成功するはずです。

例えば、家賃5万円の物件が3ヶ月間空室のままだと、単純に家主(オーナー)にとっては15万円の損失になります。もし、このまま空室が続くくらいならば、思い切って1万円の家賃値引きを行ってでも早く入居者を確保した方がトータルプラスになるのです。さらに、空室物件が多い程値下げ交渉が成功します。10部屋中3部屋しか入居者がいない物件の場合、退去してしまうと大家さんの不動産収入は危険水域に達します。何としてでも留まってもらいたいと思うはずです。また、入居をする場合も、他にお部屋がありますので家賃を下げて入居させてもまだまだ物件が空いていますのでお客様を精査する必要が無くなるのです。

1階のお部屋は家賃交渉のチャンス

「低層階の物件」のお部屋は、正直人気がありません。つまり、低層階の賃貸物件は値引き交渉のチャンスです。むしろ、交渉しないのはもったいないです。1階は防犯上の問題や虫が寄り付く問題、道路沿いであれば車の騒音・ヘッドライトが窓に当たる問題、または覗き(プライバシー)の問題が危惧されます。実際に家主の多くは、家賃を少し下げてでもいいから早く入居者を確保したいと思っていますので、そこを口実に値引き交渉を行えば成功確率は高くなります。但し、1階の物件は始めから上階のお部屋よりも家賃が安くなっている場合があります。その場合は、交渉が難しくなる場合もございます。

もし、万一すでに入居している方に家賃を下げたことを知られてしまったとしても、「1階部分だから家賃を下げた」という口実ができますので、低層階の物件は家賃の改定が比較的簡単に行える物件でもあります。

入居時期による家賃交渉術

賃貸物件の繁忙期は、皆さんもご存知のように転勤や新生活が始まる3月?4月とブライダルシーズンの6月と夏休み期間の7月?8月と言われています。家主側は、例え3月?4月の繁忙期で入居者が決まらなくても、6月から始まる第2繁忙期で決まるだろうという楽観的な考えをもっているオーナーも中にはいます。しかし、第2繁忙期でもある6月?8月に入居者が決まらないとかなり焦ります。家賃値下げ交渉で最も有効な期間は、10月?11月です。第2繁忙期も終わり、年内には入居者の確保をしたいと思っている家主が多いため、この時期は家賃交渉が最も成功する時期になります。

家賃と共益費の値引きならどっちがお得?

入居時の交渉の場合、家賃と共益費(管理費)の値引き金額が同じ場合は家賃の値引きを選択しましょう。共益費の割引では、敷金や仲介手数料に金額が反映されません。仮に3000円の値引きの場合、仲介手数料・敷金・礼金のかかる物件であれば、約9000円初期費用が違う事となります。

単身者向け物件は、絶対交渉するべき!

賃貸物件の中で今最も空室の多くあるお部屋は、単身者向け(シングル)物件です。つまり、沢山物件がある中からお客様が見つけてくれたのだから、ぜひとも入居していただきたいと思うのが本音でしょう。ファミリー向け物件であれば、お部屋の設備や内装等で他の物件との差別化が図れますが、3〜4万円台の単身者向けの物件は、家賃以外のところで差別化をすると言うのが難しいのが実情です。そのため、家賃を下げることで他と勝負するしかないのです。

家賃の値下げ交渉は誰に行うの?

入居前の家賃交渉

賃貸物件に入居する前の家賃値下げ(家賃値引き) 交渉は、不動産仲介業者に行います。(例.札幌の場合は「常口アトム「や「アパマンショップ」等)不動産仲介業者とは、お客様を入居させることが目的(仕事)ですので快く交渉に応じてくれます。交渉をすると仲介業者は管理会社に連絡をして管理会社と大家さんとの間で話し合いを行い家賃の値下げが出来るかを判断致します。家賃交渉を切り出した際、仲介業者がその場で賃料の”値下げは出来ません”と言われる場合がありますが、このように言う仲介業者からは、絶対に物件を借りては行けません。上記で述べた通り、値下げを決めるのは管理会社と大家さんですのでこのように言う営業マンは、自分の仕事が増えることが嫌で言っているのに間違いがありません。

入居後の家賃交渉

賃貸物件に入居後の家賃値下げ交渉は、不動産管理会社に交渉することになります。 入居後は、仲介業者との関わりはほとんどございません。物件には各管理会社がついておりますので、入居後の家賃値下げ交渉は管理会社に行いましょう。

※ただし、入居時に管理会社から直接物件を借りる場合や仲介業者が所有している物件に住もうと考えている方は、交渉相手が変わることを頭に入れておきましょう。

仲介手数料50%割引の物件ってお得?

家賃の値下げ交渉は、基本料金(家賃)を下げることです。なぜなら、家賃を下げることが一番お得だからです。もし2,000円の値下げ交渉に成功したとすると、12ヶ月×2,000円で24,000円になります。大学生がお部屋を借りた場合(4年間住んだ場合)24,000円×4で96,000円になります。物件紹介の際に「仲介手数料を割引致します!」と、仲介業者の営業マンが逆に交渉することもございます。40,000円の物件であれば50%オフで20,000円です。家賃を下げるのと比較すると全然金額が違うことが分かります。4年以上住む予定の方はさらに差が開きます。そのため、交渉の場合はまずは家賃を下げる交渉を行いましょう。しかしながら、家賃を下げることができない物件もございますのでそのときは仲介手数料の割引きでも良しとしましょう。特約(ハウスクリーニング費用や火災保険の金額)の変更でも構いません。

交渉を行わずに賃貸借契約をしてしまうと、次に交渉できるのは2年後です。絶対にお部屋探しの段階での交渉を逃さないようにしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします