【宅建勉強法】過去問の徹底攻略で宅建合格を目指す方法

【宅建勉強法】過去問の徹底攻略で宅建合格を目指す方法

今回は、宅建試験に合格した筆者が、

どのような方法で勉強をしたのか?

 

という話をしたいと思います!

 

”次の宅建試験で必ず合格したい!”

”しなければならないんだ!”

 

という方は、ぜひ参考にしてみてください。

宅建試験合格までの道のり!過去問勉強法を一年以上!

宅建試験合格までの道のり!過去問勉強法を一年以上!
はじめに筆者の宅建合格までの、

道のりを簡単に紹介したいと思うんですけど、

 

すみません、筆者自身は完全に独学で

宅建試験に合格したわけではなく、

 

大学の授業で、

宅建試験対策講義というものがあり、

 

まさかの、駅前の資格スクール(LEC)で、

宅建の授業を行っている講師が、

 

非常勤講師として、筆者が通っていた大学で、

授業を持っていた…

 

ということで、

その宅建授業を履修していましたので、

完全に独学ではないんですよね…

宅建の講義は約30回!その後、一年以上過去問勉強法を!


大学の宅建講義は、

一年で30回の授業しかありませんでした。

 

また、授業の最後にもなると、

最初の方の内容は完全に忘れてしまい

 

結果として、

宅建の講義を受けたものの、

一年以上自分で勉強をしました。

 

宅建試験というのは、

講義(大学や資格学校で)を聞いただけでは、

合格するのは難しく

 

どれだけ多くの時間で、

独学(自習学習)ができるか?

ということが、合否を分けますので、

 

以下で、筆者が実際に行った、

過去問勉強法について解説したいと思います。

過去問勉強法!「出る順宅建士」の過去問を攻略せよ!

過去問勉強法!「出る順宅建士」の過去問を攻略せよ!
筆者が実際に行った勉強法は、

至って簡単なんですけど、

 

「出る順宅建士」という、

LECから出ている過去問を解くという勉強法です。

 

一応、宅建のテキストは、

理解度に関わらず、

一通り目を通した後の話になります。

MISO
宅建の過去問(問題集)ならなんでもいいの?

基本的にはなんでも良いとは思うんですけど、

「出る順宅建士」の過去問は、

 

問題があって、

次のページに回答(解説)があるんですけど

 

4つの選択肢のどこが合っていて、

どこが間違っているのか?

 

という解説が載っていますので、

一問解けば、4つの知識が身につく!

という過去問になっています。

 

「出る順宅建士」のような過去問であれば、

どのようなものでも良いとは思いますが、

 

中には、問題があって、その答えはこれです!

で、解説が少しある!

 

でも、正解以外の選択肢の解説がない…

という場合は、一問解いても、

一問分しか勉強できませんので、

 

非効率的な勉強法だと思います。

宅建テキストの内容を過去問に書き加える!

宅建テキストの内容を過去問に書き加える!
筆者が行った過去問勉強法は、

まず、過去問を解きます!

そして、解いた問題の解説も読みます。

 

さらに、解説だけでは足りない情報を、

テキストから引っ張ってきて

過去問に直接書き加えます!

 

例えば、〜は1週間以内にしなければならない。

 

という選択肢があったとして、

過去問には、1ヶ月以内が正解ですよ!

 

って書いています。

 

さらに自分で、〜の場合は1ヶ月間

〜の場合は1年間の期間となっている。

 

みたいな情報と追記します。

 

もっと簡潔にいうと、

過去問をベースに、

自分でテキストを作る!

 

外で勉強をするときに、

過去問にテキストの内容をぶち込んでおけば

過去問だけで勉強ができますし、

 

”宅建試験の直前に何を見る?”

というと、

 

そのオリジナルの過去問テキストを見れば

圧倒的な情報を短時間で得られますので、

最後の悪あがきにもちょうど良い!

 

この作業を「宅建業法」

「権利関係」「法令上の制限・税・その他」

の順番で行います!

 

最も重要なのは「宅建業法」

だというのは絶対に忘れないでください!

宅建試験に合格した筆者と同じ環境で勉強するなら?

宅建試験に合格した筆者と同じ環境で勉強するなら?
最後に、筆者と同じ環境で勉強をしたい!

という方向けに、

 

それを実現する方法について書きます。

 

筆者自身は、宅建試験講義を受講しましたが、

駅前の資格学校で、宅建講座を受講すると

 

授業料は20万円以上…

というのが通常ですので、

 

それでは、高すぎる…

ということで、6万人が実際に利用している

スタディング 宅建士講座」という、

WEB通信講座のサービスを利用してください。

 

「スタディング」は、

スマホ・パソコンで宅建試験の、

対策講義が見れる!というサービスで、

 

駅前の資格学校と比べると、

授業料は10分の一以下で18,500円です。

 

テキスト・過去問(問題集)は、

LECの「出る順宅建士」がおすすめです!

 

たった、これだけで、

宅建試験に合格した筆者と、

同じ勉強環境を整えることが可能です!

 

最後に、宅建合格までに必要な、

最低限必要な勉強時間はあると思いますが、

 

効率の良い勉強をするためには

それが可能な学習環境を揃える!

ということも重要になりますので、

 

興味がありましたら、筆者と同じ勉強法で、

宅建試験の合格を目指してみてください!

6万人が利用している通信講座
スタディング 宅建士講座