【台湾留学リアル体験談】留学費用と中国語勉強と台湾生活について

親日国である台湾で語学留学をしたい!ワーキングホリデーをしながら1年間台湾で生活をしてみたい!

今回は、台湾(台北)で生活するための費用(生活費や留学費用など)はいくら必要なのかということについて、1年間の台湾留学を経験した筆者が実体験から詳しくお話ししたいと思います。

また、中国語の勉強に欠かせない台湾人との言語交換やビザについても少しお話ししたいと思います。

代理店を使った台湾留学の費用まとめ


初めて海外留学(台湾留学)をする場合、ほとんどの方は留学代理店を利用し自分ではできないような複雑な手続きを代わりに行ってもらいます。

筆者自身も初めて台湾留学(ワーホリ)をした時は、留学代理店のラストリゾートを使い台湾留学を行いました。

それでは1年間の台湾留学に必要な費用についてのお話を致します。

〜日本を出発する前にかかる費用の一覧〜

日本を出発する前にかかる費用としては、航空券と海外旅行傷害保険(任意加入)、そして代理店に支払う手数料が必要になります。

台湾までの航空券は、代理店を使っていても自分で手配をする事になります。今は各格安航空会社(LCC)の海外路線(台北行き)が1日に何本かありますので、往復で20,000円〜30,000円程度で台湾へ行く事が出来ます。

海外旅行傷害保険は、どの保険会社を選ぶのかや保証内容によって金額が大分変わります。筆者が初めて台湾留学をした時は、1年間のAIU海外旅行保険に加入して219,430円にもなりました。(途中解約をした場合は、残りの保険期間に応じて返金されます。)代理店手数料は、199,000円でしたので全ての費用を合わせると448,430円となります。

※代理店と言うのは、留学先の学校の入学手続きや滞在先の手配を行ってくれたり、ビザの手続きをしてくれる会社の事を指します。
※代理店を使わないで海外留学をすると約20万円安くなると言う事です。

〜台湾の現地でかかる費用の一覧〜

台湾は物価は安い!!!と、思っている人もいるかもしれませんが、日本よりもほんの少し安い程度で基本的には日本とあまり変わりません。詳しくは「台湾の物価は日本以上に高い|地元のスーパーと高級スーパー比較」の記事なんかを読んでいただけたらと思います。

台湾のアパート・マンション・学生寮で生活をする場合、1ヵ月の家賃は最低30,000円〜(8,000元〜12,000元くらい)になります。

探せばもう少し安い物件に住む事も出来ますが、基本的には30,000円〜35,000円程度だと考えると良いと思います。食費は1ヵ月20,000円〜25,000円程度で、交通費は日本よりも断然安く1ヵ月で2,000円程度あれば十分です。

更にお小遣いとして別途5,000円程度は必要になると思います。この他に大学(語学学校)に通う場合は授業料が必要になります。

授業料は語学学校によりますが1ヵ月35,000円〜40,000円程度になります。

    • 家賃:30,000円×12=360,000円
    • 食費:8,000円×12=96,000円
    • 交通費:2,000円×12=24,000円
    • お小遣い:5,000円×12=60,000円
    • 語学費用:35,000円×12=455,000円
    • 合計:995,000円

※外貨レートによって金額は変動致します。
1年間全く仕事をせずに台湾留学をする場合に必要な費用は、448,430円+995,000円=1,443,430円(約150万円)必要になります。ワーキングホリデービザを使い働きながら生活をする方は100万円くらいで生活ができると思います。

代理店を使わずに台湾留学って出来るの?


代理店の主なお仕事は、大学の入学手続きと滞在場所の確保、ビザの取得に関する手続きになります。

もし、上記のことが全て出来る!と言う方であれば留学代理店を使わずに海外留学をする事が出来ます。代理店を使わない場合は、繰り返しになりますが約20万円安く台湾留学をする事が出来るのです。

〜台湾の語学学校の入学手続きの話〜

台湾の大学(語学学校)には、代理店を使わずに自分で入学手続きをする事が可能です。

パソコン上での入学申し込みでは中国語か英語で入学案内があります。中国語(英語)がある程度出来る方であれば各大学のホームページから外国人の入学申し込みに関する要項を閲覧し、オンラインで入学手続きができます。

留学費用に関しては、クレジットカード決済ができますが、心配だ…という方は現地の学校に行ってからクレジットカード支払いまたは現金払い(確か、銀行振込も可能)をするのがいいと思います。

〜台湾の滞在場所はどうする?〜

台湾には日本人が経営するゲストハウスが沢山存在致します。

しかも、1日・1週間・1ヵ月間と自分の滞在期間に合わせてゲストハウスに泊まる事が出来ます。

一泊500元(日本円で約1,500円)程度で泊まる事が出来ますので、1ヵ月間ゲストハウスに住んでも45,000円で滞在する事が出来ます。もし、1ヵ月で45,000円は高い!と思う方は台湾に行ってからアパート・マンションを借りると良いと思います。

え?台湾でお部屋探しするの?

台湾のお部屋探しは日本とは違い仲介業者ではなく大家さんがお部屋を案内してくれます。物件は家具・家電付きになりますので個人的にはゲストハウスに住むよりもお部屋探しをした方がいいのかな…なんて思います。お部屋探しに関しては「台湾の賃貸事情|お部屋は家具・家電付き!自分で用意するものとは?」の記事をご覧になってください!

〜滞在のビザはどうする??〜


台湾の語学学校は3ヵ月更新になります。

正確には3ヵ月間の授業が終わればクラス替えが行われますので、3ヵ月間が1セメスターとなるのです。もし、3ヵ月間の台湾留学をする場合は特別なビザは必要ありません。なぜかと言うと、台湾は観光ビザ(ノービザ)で3ヵ月間滞在が出来るからです。

また、半年間(1年間)留学をしたいと考えている方でも、入国から90日になる前に他国に出国し再び台湾に入国をすればまた3ヵ月間台湾に滞在する事が出来ます。

学生ビザを取得すると言う方法もございますが、日本にある台湾大使館で手続きがありますので面倒でなければ取得すると良いと思います。

〜ワーキングホリデービザとは?〜

ワーキングホリデービザ(ワーホリ)と聞けば、オーストラリアやニュージーランド・カナダ留学をする時に取得するイメージがありますが、実は台湾でもワーホリビザの取得が可能です。

台湾のワーホリビザは18歳以上30歳未満の方で、その他いくつかの条件を満たせばワーホリビザを取得する事が出来ます。

ワーホリビザを取得すると、ビザの有効期間中は自由に日本と台湾を行き来することができます。もちろん、お仕事もできます!

ワーホリビザというのは各国一度しか取得する事が出来ないビザになりますが、一年間滞在の予定がある方はワーホリビザを取得しても良いかもしれませんね。(台湾のワーホリビザは、半年経過のタイミングで現地で更新の手続きが必要になります。)

現地(台湾)で友達は作れるの?

台湾で友達を作りたいのであれば大学(語学学校)選びがとても重要になります。

例えば、筆者が留学をした中国文化大学は台湾でとても有名な大学になりますが、留学生が勉強する校舎と台湾人の大学生が通う校舎とは別になりますので中国文化大学に留学をしても台湾人の友達を作る事は出来ません。

ただし、中国語を勉強するために台湾へ来ている様々な国の方と友達になる事は出来ます。筆者が中国文化大学に留学をしていた時は、クラスに韓国人・モンゴル人・アメリカ人・スペイン人・ブラジル人がいました。

台湾の台湾大学師範大学に通うと、同じく台湾の学生も学校に通っていますので交流する機会があるようです。

〜台湾人の言語交換パートナーを探せる掲示板〜


台湾人と出会い現地で言語交換をしたい!と考えている方は、「JC.info」「J&T日台交流掲示板」「まるごと台湾」という無料の掲示板を使うと良いと思います。どれも筆者が語学留学中に実際に使っていた掲示板になりますので安心してお使い下さい!

台湾留学では1日3時間しか中国語の授業がありませんので、日本人留学生の多くが台湾人と言語交換をしているのです!無料掲示板の詳細は「台湾人の言語交換相手を探す方法|安全で無料の掲示板の評判・口コミ」でご確認ください!

〜Hello talkアプリって?〜

実は無料で外国人の方と言語交換が出来るアプリケーションもあるのです。

そのアプリの名は、「hello talk(ハロートーク)」です。日本語を勉強したい!!!と言う台湾人の多くが利用しているスマホアプリ(世界で使われているアプリケーション)になります。日本にいる時に台湾人の言語交換相手を見つけ、台湾に留学した時に実際に会ってお話しが出来ればどの大学に通っても、授業が終わったあとにカフェで一緒に勉強をする事が出来ます!

HelloTalk ハロー トーク言語交換 学習
HelloTalk ハロー トーク言語交換 学習
無料
posted withアプリーチ

最後に台湾留学で注意していただきたいこと

1年中真夏のイメージがある台湾ですが、時々寒い日もありますので長袖は必須です!また、建物の中はどこも冷房で冷えていますので、薄い上着も必要です。(大学の教室も寒い!)冬は、当然上着が必須です!

台湾では至る所に台湾料理のお店がありますので、いつでも(旧正月以外)食事が出来ます。また、日本以上にコンビニ(セブンやファミマ)がありますので、買い物に困る事はございません。が、コンビニで売っているお茶には砂糖が入っていますので苦手な人は注意して下さい!(砂糖が入っていないお茶もあります。)

台湾には日本の飲食企業が数多く進出していますので、台湾料理に飽きてしまった!と言う人でも、日本食を食べることが出来ますので安心してください!

台湾の吉野屋で牛丼を注文すると濃いめのレモンティーが付いてきます!と言いつつ、牛丼はすき家の方が断然美味しい!野菜も付いてくる!台湾の洋菓子(ケーキ)は日本と比べるとクォリティーが低い店が多いため、甘党には少し厳しい生活になるかも…。

ということでいろいろ書きましたが、台湾は本当に良いところですので留学をしようか迷っている…という方は思い切って台湾留学をしていただけたらと思います!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







リゾバweb説明&派遣会社ランキング



リゾートバイトのweb説明とリゾートバイト派遣会社についてまとめた記事になります。
【リゾートバイト派遣会社大手3社比較】リゾバの口コミ・評判・特徴