【旅人を職業にすると楽なのか?】リアル旅人生活体験談と1つの価値観

旅人というと社会からのリタイア者のように思われることもございますが、”旅人”を職業にしている人もいるのです。現在私は、世界を旅している!と、大層なことを言うことはできませんが日本・アジア圏を中心に”旅人”と言う職業をしながら、世の中に自分の思いを伝える仕事をしているのです。旅をするだけでお金がもらえる!ということはございませんが、旅をして知り得たことをブログにして発表したり、世界各地で撮った写真を販売することで生計を立てています。

世の中には世界各国で絵を売ったり、歌を歌ったり、パフォーマンスをしてお金を稼いでいる人もいます。今回は、ほんの一例ですが旅人生活で収入を得る方法と世界で働く!という考えについてお話ししたいと思っています。

旅人はどうやってお金を稼いでいるの?


旅人として世界を回ると自分自身の経験値を高めることができますので、その経験を活かすことで将来的に高収入につなげることができます。が、何も考えずに世界を回っても1円にもなることはないのです。そのため、計画的に収入に繋がるような旅をする必要があるのです。それでは、以下で私が行っている旅人を職業にする方法についてお話しさせていただきたいと思います。

ブログと写真販売で稼ぎながら旅をする!

私の行っていることはブログ副業写真販売副業になります。世の中には数え切れないほどのブロガーがいますし、写真販売を行っている人もたくさんいてその人たちと行っていることは何ら変わりはございません。しかしながら、活動の舞台が違えばそれはそれで別物になるのです。野球選手やサッカー選手が日本のプロリーグでプレーするのと、海外でプレーするくらい意味が異なるのです。

私の活動はまず一つの観光地に行き、写真を撮影します。写真のテーマは特になく、気になったものを撮って行くというものになります。仕事をしている!という感覚ではなく観光をしながら気になる風景や物などの写真を撮っているだけ!という感じです。撮影した写真は、一度の観光が終わった時にまとめて販売いたします。大量に撮った写真の中から厳選した写真だけを販売するようにしています。ブログに関しては、観光情報やどのような写真を撮ったのか、その観光を通してどのようなことを感じたのかということについて書いています。一度の観光(旅行)で写真を大量に販売することができますし、ブログ記事も何記事か書くことができます。

ブログ副業に関しては『書き過ぎた!ブログ年収一億円の思考とアクセス数が増える運営方法』という記事でどのくらい稼げるの?一億円稼げるの?という話をしています。

旅人生活の中で今後できることは?

旅人生活では写真販売以外に動画販売も可能です。さらに、現地の人とのつながりができれば輸入業もできたりします。また、海外には日本語を勉強したい!という人が意外にもたくさんいますので日本語講師として働くこともできます。海外移住ができたりもします。国際結婚もできたりします。

世の中で一番簡単な仕事とは?


高校生や大学生が仕事を探す時に”簡単な仕事は何?”と検索する人がいるみたいですが、私に言わせてみれば”雇われる”と言うだけですべて簡単なのです。世の中には「雇う側」と「雇われる側」があります。難しいのは「雇う側」である経営者(個人事業)の行っている仕事で「雇われる側」の仕事はすべて!とは言いませんが、大方は簡単な仕事なのです。

皆さんは居酒屋で”今やっている仕事は難しい!”と愚痴っている人を見たことがありますか?私は今までに一度もございません。ほとんどの方は、”休みが少ない!給料が安い!上司がうざい!”などという愚痴を言っているのです。そして、私から言わせてみれば休みが少ないのは雇われているのだから当然で、給料が安いのも固定給で働いているのであるからこれまた当然で、上司がうざいのは誰もが楽をしたいという気持ちを持っていることからうざくなるのです。そして、根本的な考え方を理解しなければいつまでたっても同じことの繰り返しなのです。今の仕事を辞めて、もっと待遇の良い会社で働く!という考えはそもそも雇われる側から脱却できていませんので結局は同じなのです。

旅人の仕事って超難しい!

多くの人は旅人=仕事もせずにフラフラとしている人!と思っている人がいますが、そもそもお金(収入)なしで旅人が続けられるわけがありません。旅人の仕事は簡単なように見えてとても難しいのです。旅人=個人事業主なのです。

皆さんは0から1を生み出す難しさを知っていますか?例えば、コンビニでアルバイトをすると0や1ではなく1時間で800円も貰えるのです。もしこれがブログ収入に置き換えると、2,000PV(ページプレビュー)のアクセス数が必要です。2,000PVと聞くと簡単なように感じますが、芸能人や歌手(アーティスト)ではない一般人が2,000PVのアクセス数を集めるのはかなり難しいことなのです。コンビニで5時間働くとすると4,000円で、ブログでは大体10,000PVが必要なのです。

写真に関しても一枚の価格が3円〜数百円になりますので、どれだけ多くの写真を販売しなければならないか分かるはずです。旅人の仕事とは自分をプロデュースして売り出す仕事です。そのため、自分に価値がなければ一円もお金にすることができないのです。つまり、旅人という仕事はとても難しい職業なのです。

海外に住んでみて気づいた日本は住み難い!

日本人は真面目で働き者です。しかし、真面目で働き者であるがゆえに住みにくい環境になっているのです。例えば、食べ物は美味しいが高い。品質はいいが高い。生活費が高い。社会保障の将来が不安。給料が低い上に働く時間が長い。働きすぎがゆえにストレスが溜まる。職場環境が悪い。時間に正確だが、ルーズな人にはとても厳しい。家族と過ごす時間がない。最近は、結婚する人も減ってきている・・・etc

無駄なルールが多すぎて面倒!!!

日本には細かいルールが多く、そのルール(暗黙のルール・慣習)を破ってしまうと恐ろしいほどのバッシングを受けてしまいます。なんでこんなルールが存在するの?ということもございます。例えば、日本のマクドナルドの壁には”お客様の迷惑になりますので長時間席を占領する勉強等はご遠慮ください!”と書かれています。しかしながら、海外の多くはマクドナルドで勉強が出来たり、学生同士が学校終わりにハンバーガーを食べながら楽しくおしゃべりをしています。

さらに、日本の地下鉄にはお年寄り・体の不自由な人の専用席があると思います。休日やイベント時の混雑の時間でさえ、お年寄りや体の不自由な人以外は座ってはいけない席になっています。私は以前、ジャニーズグループのコンサート帰りのお客様が大勢乗った地下鉄に乗り合わせたことがありましが、車内はぎゅうぎゅう詰めであるのにもかかわらずお年寄り・体の不自由な人専用の席は誰も座ることなくそこだけ空席になっていました。誰が決めた席かはわかりませんが、そんな無駄なルールを作っていいの?と思いました。
海外では優先席はあります。専用席ではないためいつも空席がなく席が埋まっています。しかしながら、お年寄りが乗車されると若い人は自然と席を譲るのです。もし、譲らなければ周りから譲りなさい!と言われてしまいます。私はこれが普通だと思います。下手に専用席などというものを作るから”専用席があるのだから、お年寄りや体の不自由な人は専用席に行け!”となるのです。

日本人であるということを活かして世界で活躍したい!

とは言いつつも日本はアジアで一番の先進国であるため、日本人であると言うだけでその恩恵(社会保障など)を受ける事が出来るのです。また、日本人の正社員の賃金は安い安いと言っても15万円以上はもらえると思います。(私が新卒採用で働いた職場の給料が15万円であったため・・・)しかし、例えば私が生活の拠点としている台湾の正社員の給料は約30,000台湾ドルになりますので日本円にすると約10万円にしかならないのです。同じく働いて5万円違うのであれば日本で働いて、お金を貯めてから海外に行けば1年・2年住む事は簡単なのです。もちろん、物価が違いますので日本に住んでいたら単純に5万円の貯金が出来る!と言う訳ではございませんので注意して下さい!

さらに私が行っているブログ副業と写真販売副業の報酬は日本円でもらうことが出来ます。海外でブログを更新したり、海外で撮った写真を海外から販売したとしても日本円で振り込まれるのです。つまり、海外にいながら日本の水準で給料を受け取る事が出来るのです。もし、私が日本人でなければそもそもブログ報酬がもらえなかったり(国によって対応していない場合があるため)写真を売ったとしても全くお金にならない!!と言う事も考えられるのです。

日本人だから日本で働かなければならない!と言う事はございません。海外で活躍しても良いのです。しかし、わざわざ日本人であると言う事を捨てる必要はございません。日本人として海外で活躍する事にも多少意味があるのです。日本・海外とうまく付き合って行く事が大切なのです!

お勧め関連記事のご紹介

海外にいるため運転免許証の更新手続きができない!忘れた!全て捨てた!ポイントカードを一枚も持たない男の考えとそのメリット
住民票のない赴任先でパスポート申請|他県から新規申請は可能?自由業向き独創的発想が多い真ん中っ子男子の年収って高いの?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

リゾートバイト業界に5年潜伏して決めたおすすめ派遣会社ランキング