WEB通信講座「スタディング」の口コミ・評判

まとめ|WEB通信講座「スタディング」の口コミ・評判

今回は、WEB通信講座の、

「スタディング」について、

 

FP3級・FP2級・宅建士試験に、

一発合格した筆者が、

口コミ・評判を書いてみたいと思います!

評判のWEB通信講座「スタディング」ってどんなサービスなの?

スタディング
はじめに「スタディング」って、

率直にどんなサービスなの?

というと…

 

スマホパソコンで、

各試験の対策講義動画を見ることができて

テキストや問題集も使い放題!

 

「スタディング」を利用するだけで、

勉強に必要なものは全て揃う!

 

という、ある意味オールインパック!

みたいな通信講座となっています。

「スタディング」はWEB特化の通信講座です!

「スタディング」はWEB特化の通信講座です!
有名な資格予備校だと、

TAC、LEC(東京リーガルマインド)、

東京法経学院、大原などがありますが、

 

”「スタディング」って、

あまり聞き慣れないですよね?”

 

有名資格予備校というのは、

各都市の駅前に店舗を構え

通学型の講義を行っていますが、

 

「スタディング」というのは、

WEB特化の通信教育となっています。

 

生の講義ではなく

各資格試験の対策講義を収録して、

それを配信する!というサービスです。

 

店舗運営はしていませんので、

駅で買い物をしていたら、

よく目に入ってくる!

 

みたいなことはありませんので、

この機会にそのサービスを、

知っていただけたらと思います!

通学型よりもWEB通信講座の方が良かった口コミ!

通学型よりもWEB通信講座の方が良かった口コミ!
筆者は、FP3級・FP2級・宅建士の資格を取りましたが、

FP3級・FP2級資格は、

 

通学型の資格予備校に通い

毎週、生の講義を受けて合格しました!

 

で、講義を聞いておいて、

こんなことを言うのは、あれなんですけど、

 

通学型の講義だと、

その日に予定があって、行けない…

ってことがあるんですよね。

 

で、講義が聞けなかった時は、

DVDで補講を受けることができたんですけど、

 

DVD講義というのは、

その内容を多くの方がチェックして

”この講義は完璧だ!OK!”

 

という講義を収録していますので、

ぶっちゃけてしまうと、

生の講義よりも質が良くて

 

普通にDVD講義を一気に見て、

勉強をガンガン進めたいな…

なんて思ったりもしました。

 

”生の講義の良さって何かな?”

って考えると、講義を聞いた後に、

先生に直接質問ができる!

 

ってことだと思うんですけど、

筆者は、質問は一度もしませんでしたね…

 

自習をしっかりとしていれば、

質問をしなくても、理解できると思います。

「スタディング」って、どんな人に必要なサービスなの?


資格試験を受験する人というのは、

”資格を取得して、活用したい!”

という人がほとんどだと思います。

 

そのため、資格試験を受験する全ての人に、

活用していただきたいサービスにはなりますが、

 

例えば、就活をする時に、

”履歴書にかける国家資格が欲しい!”

 

国家資格そのものが欲しいだけで、

受かってしまえば、内容なんて忘れてもOK!

 

みたいな人は、

「スタディング」を利用しなくても

 

頑張って、独学で勉強して、

資格を取った方が、

安上がりですよね…

 

「スタディング」をオススメするのは、

  • 通信講座を受講したいけど通学はできない
  • 通学型の通信講座だと受講料が高くて手が出ない
  • 自分のペースでガンガン勉強をしたい!

通学ができないなら「スタディング」を使った方がお得です!

通学ができないなら「スタディング」を使った方がお得です!
駅前にある資格学校というのは

都市部に住んでいる人であれば、

利用はできますが、

 

都市部でも少し離れている場合は、

毎週、交通費が重くのしかかります。

 

また、地方の方は、

そもそも資格学校に通うことはできませんので、

必然的にWEB講座になるとは思うんですけど、

 

有名な資格学校のWEB講座は、

通学と変わらないくらい、

高額な授業料がかかります。

 

資格学校のWEB講座に申し込むなら、

「スタディング」の方が、

圧倒的にコストパフォーマンスが良くて

 

その結果、本記事作成時点では、

「スタディング」は、

6万人が利用しているサービスとなっています!

「スタディング」と一般的な通信講座の料金の違い!

「スタディング」と一般的な通信講座の料金の違い!
一般的な資格学校と、

「スタディング」のWEB通信講座の、

料金について比較したいと思います。

 

参考例として、

資格学校として、最も有名な、

LECで宅建士試験の対策講座を受講すると、

通学で15〜20万円ほどします。

 

受講するコースによって、

授業料は変わってきますが、

 

15万円って、相当高いですよね。

 

LECの宅建士試験対策講座を、

WEB(講座)で受講しても

1万円ほどしか安くはならない…

 

という料金設定なのが、

通常の資格学校になるんですけど、

 

これが、「スタディング」であれば、

受講料は18,500円です。

 

WEB講座、WEBテキスト、問題集、

12年分の過去問題集の利用ができて、

18,500円です。

 

一般的な資格学校と比べると、

7〜10分の1の値段で、

試験対策ができる!というのが、

「スタディング」のサービスとなっています。

MISO
でも、どうしてこんなに安いの?逆に不安です…

資格学校というのは、

駅前に店舗を構えるのが一般的ですが、

 

駅前≒賃料が高い、たくさんの講師を雇っている、

 

ということで、それに合わせて、

授業料もめちゃくちゃ高額となってるんですけど、

 

「スタディング」は、

各試験の対策講義動画を作ることに

力を入れている会社ですので、

 

授業料は安いのに

クォリティーの高い講義を聞くことができる!

 

というサービスになっています。

 

「スタディング」の授業料が安いのではなく

 

各資格学校が、

ハイコストで運営をしているため、

 

高額な授業料を取らなければ、

運営できない…ということだと思います。

自分のペース(ハイペース)で勉強するなら「スタディング」


通学型の資格学校の場合、

受講しているコースにもよりますが、

講義は週に2回だけ!

 

みたいなことって結構普通なんですけど、

 

これだと、”えぇ?いつ試験受けるんですか?”

という感じになってしまいます。

 

宅建行政書士司法書士試験のように、

年に一度の試験であれば、

 

その年の試験日程に合わせて、

講義が進められますので、

問題はありませんが、

 

FP試験のように、

年に何度か試験がある場合

直近の試験日程に合わせて、

勉強をしたいと思いますよね?

 

WEB通信講座の場合

自分のペースで勉強ができますので、

 

”のんびり勉強したい!”

という人でも、

 

筆者のように、

一日6〜8時間ほど勉強をして

”最短で試験に合格したい!”

という人もいると思います。

 

「スタディング」であれば、

各々に合ったスピードで、

勉強ができますので、

ストレスなく、学習が進むと思います。

「スタディング」が対応している資格講座一覧

「スタディング」が対応している(国家)資格一覧
最後に、「スタディング」が対応している、

資格試験を紹介して

今回の話を終わりにしたいと思います。

ビジネス・経営に関する資格試験

  • 中小企業診断士
  • 技術士
  • 販売士
  • 危険物取扱者
不動産に関する資格試験

  • 宅建士
  • マンション管理士
  • 賃貸不動産経営管理士
  • 建築士
法律に関する資格試験

  • 司法試験
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 社会保険労務士
  • 弁理士
  • ビジネス実務法務検定
  • 知的財産管理技能検定
  • 個人情報保護士
会計・金融に関する資格試験

  • 税理士
  • 簿記
  • FP
  • 外務員
ITに関する資格試験

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
ビジネスに関する資格試験

  • コンサルタント養成講座
  • データサイエンティスト基礎講座
公務員・語学

  • 公務員試験対策
  • TOEIC

上記が、「スタディング」で学べる、

WEB講座の一覧となっています。

 

詳しい情報は、

「スタディング」の公式サイトで、

確認していただけたらと思います。

6万に選ばれている通信講座
「スタディング」公式サイト

まとめ|WEB通信講座「スタディング」の口コミ・評判

まとめ|WEB通信講座「スタディング」の口コミ・評判
今回は、口コミで評判の、

「スタディング」について、

 

通信教育を利用して、

FP3級・FP2級・宅建士の資格を取った筆者が、

 

”どう?スタディングって、オススメなの?”

 

という話をさせていただきました!

 

(国家)資格試験を受ける目的は、

人それぞれだと思いますので、

 

通信教育は必ずしも必要だ!

ということではありませんが、

 

「スタディング」を利用した方が、

合格に近づける!と、思った方は、

ぜひ活用していただけたらと思います。