ストックフォトの考え|写真販売副業はスマホとカメラのどっち?

ストックフォト副業を始めて約10ヶ月経ちましたが、現在のトータル収入は・・・約8,000円です。

と言っても、ストックフォトではある程度の金額にならなければ換金ができませんので、実際に手にしたお金は5,000円しかございます。5,000円しか稼げていないのにやる意味あるの?と思う人もいるかもしれませんが、これは人それぞれだと思います。

ただ、私はやる価値があるものだと思っていますので写真販売副業をしているのです。

今回は、写真販売をするにあたりカメラは必要なのか・・・ということについて書いて見たいと思います。

 

一眼レフカメラ上達講座

初期投資は必要なの?

ストックフォトをするにあたり初期投資が必要なのかという話をすると、必ずしも初期投資は必要ではありません。ただ、初期投資をした方がそのあとの収入が大きく変わることは目に見えています。

初期費用の違いでどのくらい収入が変わる?

私は初期投資として以下のパナソニックのミラーレス一眼であるルミックス(DMC-GX8H-K)と言うカメラを約11万円で購入いたしました。

私は上記のカメラで撮影した写真とiPhone6で撮影した写真を販売しているのですが、iPhoneで撮影した写真の売り上げは・・・全体の半分程度となっています。スマホだけで全体の半分も稼げるならそれでもいいんじゃない?

と思う人もいるかもしれませんが、私はカメラを買って良かったと思っています。

ストックフォトの性質を読みよる

ストックフォトというのは写真をストックして行くことですが、過去に撮影した作品も売れる!!!

というのが大きなメリットとなります。私の1年目のストックフォト売り上げは・・・約1万円になる予定で、そのうちスマホの売り上げは半分の5,000円になります。

スマホだけで5,000円稼げるならカメラを買わなくても良いのでは?と思う人もいるかもしれませんが、同じ活動を来年(2年目)もすればおそらく収入は2万円となるのです。内訳はカメラ写真が1万円、スマホ写真が1万円と考えます。

これを10年間行うと・・・一年間の売り上げは、10万円となるはずなのです。(そう単純にはいかないとは思いますが・・・)

10年間のトータル収入(予想)はというと・・・1+2+3+・・・10=55万円となるのです。スマホ写真だけでは、27.5万円になると思います。

これだけ見てもカメラは買った方が良いと思います。(写真販売は続けるほど大きなお金を生む仕組みになっています。)

今は最低報酬だけど・・・

今はPhotoACで販売しているスマホ写真の売り上げが大きいことから、スマホでも結構稼げているという感じになっていますが、カメラで撮影した写真がアドビストックやシャッターストックで売れ始めてくると、PhotoACと比べて一枚売れた時の収入が最低10倍ですので収入が上がる・・・はずなのです。

カメラを持っていないとアドビストック・シャッターストックで写真を売ることはかなり難しいため、将来のためにもカメラで撮影した写真をストックする必要はあると思います。

ストックフォト不労所得は完全ではない

ストックフォトはある意味・・・不労所得になり得るのですが、それは完全なものではないのです。

写真は不動産ではありませんので、価値がないものになる可能性が大いに考えられるからです。もっと言うと、カメラ写真よりもスマホ写真の方がリスクは大きいのです。

なぜなら、スマホのカメラ性能は新機種が出るごとに良いものになっているからです。そのため、今年撮影した作品が1年後5年後まで売れ続けるという保証はないのです。

つまり、リスク分散としてもカメラ写真は必要になってくるのです。

とは言ってもすぐにはカメラはいらない

とは言っても今はスマホだけでも写真販売副業が成り立ちますので、無理してカメラを買う必要はないとは思います。ただ、カメラを買うと決めたら早い方が良いとは思います。

なぜかというと、同じシャッターチャンスは二度とやってこないからです。あの時カメラで撮っておけば〜というような後悔をしたくない人はぜひ、初期投資をケチらずにやる時は大胆に始めてみてください。

 

評判のPhotoACで毎月5,000円ストックフォト収入が稼げている人
PhotoACで初5,000円の換金|換金方法と振込みまでにかかる日数
写真販売副業でPIXTAを勧めない理由はアップロード制限とスマホ不可

 

・カテゴリー一覧|月収一万円を目指すストックフォト体験談

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします