札幌で生活保護受給者が入居可能な賃貸物件の上限家賃とお部屋探し

2015.7〜法改正により、

札幌市の生活保護受給者が住むことのできる賃貸物件の上限家賃が変わりました。

 

大きな改正点としては、単身者世帯の方が住むことのできる物件(上限家賃)は、

お部屋の広さによって上限家賃が変わったこと、

夫婦・母子家庭(シングルマザー)の住むことのできる上限家賃が、

改正前に比べて基準が下がったことです。

 

この法改正により現在お住みの物件の家賃が条件を満たしていない場合、

直ちにと言うわけではございませんが随時条件を満たす物件に引っ越しを命じられることになります。

以下に、札幌市の生活保護受給者が住むことのできる、

上限家賃を記載いたしましたのでどうぞご覧になってみてください。

札幌市の単身世帯の上限家賃

  • お部屋の面積6㎡以下の物件:25,000円
  • お部屋の面積7㎡以上〜10㎡未満の物件:29,000円
  • お部屋の面積11㎡以上〜15㎡未満の物件:32,000円
  • お部屋の面積16㎡以上の物件:36,000円

以前までは単身世帯の方はお部屋の上限家賃は一律36,000円でしたが、

今回の法改正によって上記のようにお部屋の面積に応じて、

入居可能な家賃上限が設定されました。

 

多くの方はできれば広いお部屋に住みたい!

ということで面積の広いお部屋を探すと思いますので、

比較的大きなお部屋であれば、

法律上の家賃上限金額いっぱいの賃料のお部屋を借りることができると思います。

世帯向け生活保護受給者の上限家賃

  • 2人(例、母(シングルマザー)と子供):43,000円
  • 3人〜5人(例、夫婦+子、母と子供2人など):46,000円
  • 6人:50,000円
  • 7人以上:56,000円

単身世帯の方は特別大きな問題はない!という人も多いとは思いますが、

夫婦で生活保護を受けている方やシングルマザーの2人で住んでいる!

という方の多くは、かなりの影響がある法改正になりました。

 

で、上限家賃に関して言うと、以前まではシングルマザー・夫婦の上限家賃は46,000円でしたが、

今回の改正で43,000円まで引き下げになりました。

 

ということは…44,000円〜家賃上限である46,000円の物件に住んでいた方は、

今後引っ越しせざるをえなくなった…ということです。

 

引っ越しに関しては法改正によるお引っ越しで自己都合の引っ越しではありませんので、

国からの保障があるとは思いますがなんとも面倒なものとなってしまいました。

生活保護受給者のお部屋探し

札幌で生活保護受給者向け物件をどのように探せば良いのかわからない…という人もいると思いますので、

今回は簡単にですが、札幌市の生活保護受給者向け物件を探す方法をご紹介したいと思います。

はじめに不動産仲介業者から物件を探す場合ですが、

札幌の多くの仲介業者のホームページを見ても生活保護受給者の入居が可能という物件は表示されませんので、

仲介業者ではなく「スーモ(SUUMO)」などの不動産ポータルサイトを使って物件を探すのが一般的です。

北海道で生活保護受給者が入居可能な物件をスーモで検索してみました。

筆者が検索した時は、2,854件表示されました!

 

個人的には結構多いのかな〜という気も致します!

札幌市の物件に限らず道内、道外の物件も当然検索できますので、

生活保護物件をお探しの方はぜひ一度検索してみてください!

 

SUUMO

物件管理会社から直接物件を借りる

札幌市で生活保護受給者向けの賃貸物件を借りるのであれば、

管理会社に直接問い合わせるのが一番手っ取り早い方法になります。

不動産会社というのは「不動産仲介業者」と「不動産管理会社」というものがございます。

そして、大手不動産会社というのは全て…「不動産仲介業者」に当たりますが、

その仲介業者から借りるこのできる物件を管理しているのが…

「不動産管理会社」になるのです。

 

不動産仲介業者というのは、不動産管理会社の管理している物件を管理会社に代わって、

お客様に貸している(このことを「仲介」という)だけですので、

物件に関する実権は管理会社が握っていると言えるでしょう。

(当然と言えば当然です。なぜなら、管理会社の管理物件だからです。)

そのため、生活保護受給者向けの物件を借りるのであれば、

仲介業者に連絡をするよりも不動産管理会社に連絡をする方が確実な方法だと言えるでしょう。

 

ただし、各管理会社が所有している賃貸物件は相当少ないため、

自分の求めている物件を探し当てることが果たしてできるのか…ということは微妙です。

 

ということで個人的にはまずはスーモ(SUUMO)で物件を探し、

不動産会社にお問い合わせをして、”お問い合わせをした案件の他に、

似たような生活保護受給者向けの物件は近くにありませんか?”

というような感じで聞くのが一番だと思います。

 

・札幌市の生活保護受給者へ|家賃上限を超えて賃貸物件を借りる方法
・【札幌市のプロパンガス事業者】ガス料金一覧&ガス会社の変更方法

大手リゾートバイト派遣会社3社の公式サイト

リゾートバイト業界に5年潜伏して決めたおすすめ派遣会社ランキング