札幌市で初めての一人暮らし!お部屋の相場や賃貸事情のまとめ

今回は北海道の道東(網走市)出身の筆者が、大学生の時に初めて札幌で一人暮らしをした経験から、大学進学や就職・転職のため札幌に住むことになった!という方向けに札幌で一人暮らしを始めるにあたり気をつけて欲しい賃貸事情についてまとめたいと思います。

地方・道外から見た札幌市の賃貸事情について


筆者が初めて札幌でお部屋を借りた時は、”札幌市の賃貸物件はめっちゃ高い!都会だしな〜”というイメージがありました。なぜこのようなイメージを持っていたのかと言うと、札幌市は5大都市のうちの1つになりますので、人口の多い地域=空いている物件が少ないよ〜ということは家賃が高いのでは?ということで、網走市民には考えられないくらい賃料が高い地域だと思い込んでいたのです…

しかし、実際には土地の価格が高いのは札幌駅周辺や大通り・すすきの駅・中島公園周辺くらいで、大学近くの物件はどこも高くはなかったのです!

北海道大学の学生がよくお部屋を借りる北12・18条駅周辺でも、北海学園大学の学生が住む学園前駅(東豊線)も札幌大学の学生が住む澄川や福住・月寒中央駅なんかも比較的安いです!

が、そんなことを全く知らない当時の私が借りたお部屋は1LDKで45,000円のマンション木造マンションで、築年数も結構経っている物件でした。家賃45,000円のお部屋と言うのは一般的に高いのか?安いのか?

地方出身の筆者にとっては札幌市の賃貸物件は高いというイメージがありましたので、45,000円と言う家賃は妥当なものの様に感じましたが、実際には家賃45,000円の物件に住むというのは少し贅沢な…生活になるのかなと思うのです。

(驚愕)札幌の賃貸物件は2万円台から借りられる

札幌市の賃貸物件(アパート・マンション)は実はかなり安く、実は2万円台からお部屋を借りることが出来るのです。

札幌市では単身の生活保護受給者が住める家賃帯が25,000円〜36,000円(管理費・共益費別)だと言う事を考えると、2万円台からお部屋が借りられると言う事が納得できると思います。最低基準の生活が強いられる生活保護受給者が、最大で36,000円の賃貸物件に住んでいるのですから、札幌で一人暮らしをする大学生・専門学生も36,000円前後のお部屋に住むのが妥当なのです。

くれぐれも調子に乗って45,000円のお部屋になんて住むものではないのです。奨学金を無駄に使っているだけです!大学・専門学校を卒業した後に自分の力で奨学金を返さなければならない!と、考えると贅沢は禁物です!20代後半になって奨学金の返済の重みを知るのです…筆者のように…

札幌で2万円台からお部屋が借りれる理由

  • 札幌市の賃貸物件は駐車場料金が別!
  • 学生向けワンルームマンションがたくさん!

札幌市の賃貸物件は駐車場料金が別!


札幌市の賃貸物件の特徴は、駐車場料金が家賃とは別だと言う事です。

実は地方の賃貸物件は駐車場料金込み!の物件になりますので、家賃が4万円〜6万円ほどしてしまうのが一般的になりますが、札幌には地下鉄が通っていますので車を持っていない人がかなり多いのです。そのため、賃貸物件に駐車場料金が含まれています…なんて言われても要らねーよ!というケースがよくありますので、札幌では駐車場は始めから別料金!だから、物件は安いのです!

学生向けワンルームマンションがたくさん!

札幌市の賃貸物件は、地方の賃貸物件に比べて一人暮らし用のワンルーム(1Kも多くある)物件が充実しています。というよりも、札幌市では単身者向けの賃貸物件が供給超過の状態になっていますので、多くのシングルルームが空き物件状態になっているのです。そのため、入居者の獲得競争が激しく賃料を下げて物件を貸し出している大家さんが多くいるのです。

つまり、単身者向けの賃貸物件は比較的安く借りることが出来るのです。少子化の影響によって札幌市に住む学生が減少しているということも影響していることでしょう。

札幌で広すぎる木造物件はオススメしない!

筆者が札幌で初めて借りた賃貸物件は1LDKで45,000円の物件になります。お部屋は8畳のリビングと6畳の寝室があり、8畳のお部屋には備え付けの小さなストーブが付いていました。南向きのお部屋で、日中は陽が差し込むお部屋でしたので冬場でもぽかぽかと温かいお部屋でしたが、朝と夜はどんなにストーブの設定温度を上げてもお部屋が温かくならないのです。

なぜか?

一番の要因はお部屋が広過ぎたからです。

二つ目の要因は、隙間風がひどく冷たい外気がお部屋にどんどん入ってきていたからです。お部屋が寒過ぎてストーブの前に座って温まっていると、ストーブの後ろからヒューヒューと音を立てて隙間風が入って来ていたのです。

ストーブの前に座ると背中だけ熱く、正面と横は寒い…

札幌の木造物件は築年数がかなり経過している物件が多く、広いお部屋は隙間風がひどくて室内が全然が暖まらない!と言うケースがよくあるのです。ワンルームマンションであれば寒くても、我慢ができますし寒すぎる場合は隙間を塞げば良いのです。

しかしながら、木造物件で2部屋以上あるお部屋に住んでしまうとどんなに隙間を塞いでも隙間風の猛威には敵いません。4年間住む予定のお部屋だから荷物が増える事を予想し、広いお部屋に住もうとする気持は分かりますが、灯油代や生活環境の事を考えると適度な大きさのお部屋に住むのが良いと思います。

入居費用と引っ越し費用は?

入居費用は家賃3〜4か月分が目安です。礼金が必要な賃貸物件はほとんどなく、高級マンションや新築物件だけとなります。また、敷金のかかる物件も最近はかなり減って来ていますので、仲介手数料・前払い家賃・水回り清掃料・火災保険になると思います。3万円の物件に住むのであれば、10万円〜12万円程度になります。もし、フリーレント物件を借りるのであれば初期費用に入居月の家賃が不要ですので、1か月分安くなることでしょう。

引っ越し料金に関しては業者や道内のどこから荷物を送るのかによって変わってくると思います。引っ越し料金を知りたい方は「100社から一括引越し見積もり」を使ってみてください!

ただ、網走のように遠方から引っ越しをする!という場合は、札幌で家具・家電を買い揃えた方が手間が少ないのかな…なんて思います。

3・4月のインターネット申し込みは混み合う!

3・4月の固定回線の申し込み(NTT東日本でフレッツ光を契約する場合)は大変込み合いますので、引っ越しの当日や翌日からすぐにインターネットが使いたい!と言う方は、一ヵ月前には回線工事の申し込みを致しましょう!

と言うことで、今回は札幌で初めて一人暮らしをするという方向けに札幌の賃貸物件って高いの?なんて話をさせていただきました。

一度引っ越しをしてしまうとすぐに引っ越しをする!なんてことはできませんので、ぜひ引っ越し前によく考えてからお部屋を決めていただけたらと思います。


札幌生活に関する記事のご紹介

【札幌市のプロパンガス事業者】ガス料金一覧&ガス会社の変更方法【20代独身一人暮らし】カセットコンロで調理するメリットとは?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!







リゾバweb説明&派遣会社ランキング



リゾートバイトのweb説明とリゾートバイト派遣会社についてまとめた記事になります。
【リゾートバイト派遣会社大手3社比較】リゾバの口コミ・評判・特徴