リゾートシェフ|リゾートバイト派遣の調理(補助)で月収25万円

約2年13ヶ所のホテル・旅館で、

住み込みリゾバ派遣を経験した筆者が、

 

調理士・調理補助のリゾバ事情について口コミ・評判を書きたいと思います。

(筆者は調理人ではなく、レストランスタッフとして2年以上派遣のお仕事をいたしました。

 

リゾバ派遣=レストランスタッフや、

フロント勤務、販売員(売店)、スキー場勤務しかない!!

 

と思っている人もいると思いますが、

実は調理士・調理補助のリゾバスタッフも年中募集しているのです。

 

現在、ホテルや旅館で調理士としてアルバイト・正社員で働いている!

という方や居酒屋なんかで調理のお仕事をしている20代・30代で

 

このままここで一生働き続けていて良いのだろうか?

もっと他の世界を見てみたい!

 

さらには、異性の女性同年代の人たちと交流ができる職場で働いてみたい!

 

と、思っている方は、

是非最後までご覧になってみて下さい。

リアルリゾバ派遣スタッフから見た調理の世界って?


調理の世界は、とても厳しい縦社会です。

 

我々レストランスタッフは、

調理士さんとは部門が違いますので”料理長〜お願いしま〜す!

 

と、気楽に言えても調理部門の一番下の新人さんにとっては、

恐ろしくてそんな事は出来ないものです。

 

よく”親方!”と呼んでいたりもします。

 

レストランスタッフは、

皆が協力して接客・サービスを行いますので、

現場では縦の関係は特別気にはなりませんが、

 

調理人にとっては料理長の言葉は絶対なのです。

 

味が濃いと言われれば薄くし、

切り方が悪いと言われれば当然切り直します。

 

更に、片付けろ!掃除しろ!

 

と言われればすぐに行動をしなければならないのです。

 

上記の事を普通だと感じる人がいれば、

厳しいな〜と感じる人もいると思います。

 

ちなみにレストランスタッフは、皆で片付けよう!となります。

 

そんな厳しい調理の世界では、

縦の関係に耐えきれずに辞めてしまう人もいるのです。

 

それに職場によりますが、

調理の人は出会いの機会がなくつまらない…というか、

 

よく”なんでここで働いてるんだろう?”という人に、

リゾバ派遣をしていると結構お会いするのです。

リゾバ派遣で調理士の求人ってあるの?

リゾートバイトとは、

いわゆるリゾート地にあるホテル・旅館で住み込みをしながら働くアルバイトの事を言いますが、

そこには当然調理士さんも働いているのです。

 

しかし、リゾート地のホテル・旅館で調理人が仕事を辞めてしまうと、

すぐに新たな人材を見つけることは…困難なのです。

 

なぜなら、リゾート地には働き盛りの若い人材が少ないからです。

(これに関してはレストランスタッフも同じですね。)

 

リゾート地では、働く人材が慢性的に不足している=リゾバ求人がある。

 

つまり、リゾバ派遣では、

調理人も例外ではなく当然募集をしているのです。

リゾバ派遣の調理と一般的な調理とでは給料が違う?


調理人やホールスタッフ・フロントスタッフであっても、

リゾバ派遣会社から派遣されるスタッフになりますので、

派遣会社側の人間だと言う事になります。

 

調理のお仕事はサービス残業が多く、

新人の正社員の方は下準備なんかで1時間も前から出勤する!

 

退勤の時間も、明日の仕込みがあるので1時間残業をする…

というようなことが平然と行われている世界になりますので、

 

正直なことを言うと働き方が今の時代に全然合っていない!

と思うことが多々あるのです。

 

そんな時にリゾバ派遣会社を通して調理のお仕事をすると、

給料や出勤時間について派遣会社の担当者が対応を取ってくれるのです。

 

もちろん、自分でも言うことはできると思いますが、

調理の世界は本当に縦社会で厳しいものになりますので、

なかなか上に方に言えない…という現実があるのです。

 

でも、リゾバ派遣であれば、

適正な勤務形態で働きに見合った給料を受け取ることができるのです。

 

給料でいうと時給で働きますが、

残業をしたらその分きちんと給料に残業手当が上乗せされますので、

不当に働くことはございません。

 

一応、リゾバ派遣のレストラン勤務の給料(給与明細)については、

筆者のリアル給与明細を公開した、

 

リゾバ住み込み派遣の給与明細大公開|本当に高収入で稼げるの?

の口コミ・体験記事を参考にしていただけたらと思います。

親方の感覚は常識外の場合があるので注意が必要

上記でホテル・旅館で正社員として働くのと、

リゾバスタッフとして調理のお仕事をするのとでは、

守られ方が違うという話をいたしましたが、

 

実際に働く現場によっては親方の力がものすごく強大であるため、

リゾバ派遣で調理のお仕事をしているのに、

そこで働く正社員と同じような扱いを受けて、

残業三昧…なんてケースも実際にはあるのです。

 

ただ、派遣会社の方が親身に相談に乗ってくれますし、

派遣期間はたった3か月間(延長も可能)になりますので、

 

相性の悪い人と関わるよりも、

同じリゾバ派遣スタッフとの交流を心がけると良いのかな…なんて思います。

筆者が見た実際のリゾバ派遣における調理の仕事

筆者が見たリゾバ派遣の調理のお仕事は、

お客様の前に出ず懐石料理やバイキング用の料理を厨房でひたすら作ったり、

下ごしらえをすると言うようなお仕事や、

バイキング会場の調理スペースでお肉や天ぷらを焼いたり揚げて、

その場でお客様に調理を提供するお仕事をしている人もいました。

 

また、朝食バイキングではお客様の前で、

ソーセージやベーコン・魚を焼いている調理のリゾバスタッフもいました。

 

お客様の前に出ないで厨房で調理をしたい!

 

お客様に直接料理を提供したい!

 

と言うような要望のある方は、

派遣会社の担当者に相談をすると良いと思います。

リゾバ派遣の調理人の待遇とは?


調理人も当然リゾバスタッフになりますので、

寮費・食費・交通費等が無料になります。

 

もちろん、光熱費なども無料ですので、

生活費はほとんどかからないと言っても過言ではございません。

 

調理人の時給は、1,000円〜1,600円と、

ホール・フロントスタッフよりも少し高めです。

 

調理スタッフの場合は調理師免許が必要になりますが、

調理補助の場合はただのお手伝いになりますので、免許は不要です!

 

リゾバの世界では、調理・調理補助の仕事でも、

ホールスタッフ・フロントスタッフであっても基本的な待遇は同じです。

 

ちなみにですが、

リゾバ派遣会社に登録をするとホールスタッフでも勤務ができます。

 

個人的には調理という能力は筆者にはございませんので、

羨ましい能力ではございますが職業選択の自由があるのが日本なのです。

 

ということで、リゾバ派遣期間中は、

ホールスタッフを経験するのも有りなのかな…なんて思ったりも致します。

リゾバでシェフ(調理)をやる意味

一ヶ所の職場で学べる事って限られていると思うんですよね。

これから先も調理の世界で生きてゆく!と考えているのであれば、

若いうちはたくさんの派遣先で色々な方に出会い、

自分の能力を磨くのが良いのでは?と思います。

 

それに、調理の世界では横の繋がりというのも結構大事で、

引き抜きのお声かけは人とのつながりを大事にしている方に訪れるものなのです。

 

さらに、最初の方に言いましたが、

調理のお仕事をしていると女性との出会いが全然なくて、

独身のまま40代になってしまい…今後も期待できないな〜なんて人が結構いるのです。

 

人生というのは一人で生きてゆくのは大変だと思いますので、

パートナーを見つける!

 

という意味でも、

お仕事をしながら人との出会いも豊富にあるリゾバ派遣はオススメなのです。

まとめ|リゾートバイトで調理・調理補助の仕事で月収25万円


リゾバで調理をする仕事には興味を持っていただけましたか?

 

正社員のお仕事を辞めてリゾバ派遣をすると、

そんなフラフラしてどうするん?

 

なんて周りから言われますが、

それはレストランやフロントスタッフをしている人にも言えることです。

 

多くのリゾバ派遣スタッフは、

リゾバ派遣でたくさんの経験をして自分のやりたいことを見つけていますので、

 

それは調理の方にも同じことが言えて、

例え調理人であってもリゾバ派遣を経験することで一回り大きく成長できるのです。

 

リゾバ派遣というのは、

個人的にはマイナスな面がほとんどなく得るものが多くございますので、

ぜひ興味が湧いた方はリゾバ派遣をしてみると良いと思います!

(人気タグ)リゾバ体験談」「出会い」「給料明細」「前払い

以下は、リゾバ前に知っておきたい4つの話になります。