リゾバ生活の準備|忘れがちな手続きとお部屋・持ち物は何が必要?

リゾートバイトのお仕事が決まり、いざ出発する!という時にそういえば出発する前に何か手続きってあるんだろうか?と、筆者はリゾートバイト住み込み派遣をする時に結構調べた記憶がありますので、今回はリゾバ住み込み派遣の出発前にやってほしい手続きと(一人暮らしをしている方って)お部屋を引き払ったほうが良いの?リゾバの持ち物は?ということについて、詳しくまとめたい思いますのでこれからリゾバ派遣をする!という方は是非ご覧になってみてください。

 

ヒューマニック
アプリリゾート
アルファリゾート

リゾバ派遣をする前の手続きについて


リゾバ住み込み派遣をする時に必ず必要になる手続きは…実はありません。

あれ?リゾバって住み込みじゃなかったっけ?という人もいると思いますが、確かにリゾバ派遣は日本全国で行う住み込みのアルバイトになりますが、リゾートバイトというのは『「住民票のあれこれ」リゾバ住み込み派遣では住所変更って必要?』の記事で書いた通り、単身赴任と同じになりますので引越しの時のように住所変更をする必要がある…ということはないのです。そのため、リゾバ派遣をするにあたり重要な手続きはありませんので、リゾバに旅立ったものの…すぐ実家に帰って何か手続きをしなければならない!!と、いうことはありません。ただし、手続きではありませんが出発する前に絶対にしておけよ〜!というようなことがいくつかありますので、以下で筆者の実体験を元に色々書いてみたいと思います。

バスの予約は意外に忘れる!

リゾートバイトというのはリゾート地にあるホテル・旅館で住み込みをしながら働くお仕事になりますが、現実は…地元に働く若い人がいない田舎のホテル・旅館がスタッフを集めるためにリゾバ派遣を使っている!ということが大半になりますので、駅近の職場も中にはありますがほとんどは駅からさらにバスに乗って移動したところにある!なんてことがほとんどなのです。

それで、この何が問題なのかというと観光シーズンにホテルに着任する場合は予約をしておかなければ乗れない…ことがあるのです。もちろん、市内を循環しているバスであれば予約なんてものは必要ありませんし、そもそもできませんが高速バスでの移動の場合は必ず予約が必要になるのです。

大分県の湯布院で働いた時の体験談


筆者は大分県の湯布院でリゾートバイトをした経験がありますが、その時に湯布院には福岡の博多バスターミナルから出ている(他にも乗り場はありますが)高速バス(湯布院号)に乗って湯布院まで行くように派遣会社の担当者に言われていましたが、バスなら乗れるだろう!と思い予約なしで当日バスターミナルに向かったところ…土日は外国人観光客の方が皆さんバスの予約をして日本に来られているため午後の便しか空きがありません!と言われてしまったのです。

マジか〜となってしまった筆者ですが、すぐにJRに向かい湯布院行きの便の切符を購入したのです。もちろん、午前の便の指定席はすべて売り切れでしたので自由席で湯布院まで向かいました。結果どうなったのかというと、JRの出発時間が遅かったため予定よりも30分ほど遅れて湯布院駅に着きました。何か問題があったの?と言われると、湯布院駅に着いたら着任予定のホテル・旅館に電話をして迎えに来てもらう!ということになっていましたので、特に大きな問題はありませんでしたが、これが初めてのリゾバの方だとバスに乗れない!どうするんだ〜JR使っていいの?(バスで!と担当者に言われていたため…)遅れた時って誰に連絡すればいいの?なんてことになる可能性があるのです。

そのため、飛行機の予約を忘れた〜なんていう人はいないと思いますが、バスの予約が必要なのかどうか…ということは調べていただきたいと思います。

健康保険証も忘れる!

意外に忘れてしまうのが…健康保険証です。健康保険証が無いと何かあった時にやばいだろ!(普通忘れないだろ!)という人もいるとは思いますが、普通は忘れません。が、2か月間以上の派遣期間があると、リゾバ派遣会社の社会保険に加入することができますので、新たな健康保険証が発行されるのです。そして、派遣会社の担当者の中には説明不足の方もいて職場に着いたら健康保険証が届きますので、派遣期間中に病院に通ったりする場合は、その健康保険証を使ってくださいね〜なんて言うのです。

確かにこの説明に間違いはありませんが、健康保険証を新たに発行をするときは今持っている健康保険証を加入する(ここではリゾバ派遣会社)に渡さなければならないのです。そして、社会保険(健康保険や年金)の加入手続きは派遣先に着いてから行われますので、必ず健康保険証を持ってリゾバ派遣に行かなければならないのです。

クレジットカードは作っておけよ!

一番最初にリゾートバイト派遣は単身赴任のようなものになりますので、転出・転入の届け出は必要ない!という話をいたしましたが、住所変更をしないということは手紙郵便物が実家であったり自分で借りているお部屋に届くと思いますので受け取ることができないのです。ま〜そんな重要な書類は来ないからOK〜という人もいるとは思いますが、本人限定受取郵便で届く書類が受け取れないというのは少し面倒だったりもすることでしょう。

例えば、リゾバ住み込み派遣をしているとクレジットカード(支払い)というものが大変重要になると思いますが、クレジットカードは本人限定受取郵便で送られきますので住所変更の手続きをしていない人は派遣期間中にクレジットカードが作れないのです。クレジットカードは使ったことがない…よくわからない…という人もいるとは思いますが、リゾバ住み込み派遣をしていると飛行機移動で派遣先に向かう!ということがよくありますので、その時の支払いでクレジットカードが必要になるのです。

いやいや…コンビニで支払えばいいんじゃない?という考えもあるとは思いますが、筆者のリゾバ経験を少し話すと最寄のコンビニまで車で片道30分もかかる!という職場が3か所もありましたので、徒歩で行くと…何時間かかるの?となったのです。また、リゾバ住み込み派遣はいつも忙しいため飛行機の予約を後回しにしていたら…航空チケットの価格が上がってしまい(LCCなんかでよくあると思います。)1か月前に比べて値段が倍以上になってるやん!なんてことがあるのです。

クレジットカードを使う機会が絶対に訪れる!とは言い切れませんが、年会費無料の「楽天カード」なんかは一枚持っていると便利だと思います。

 

楽天カード

お部屋って引き払った方が良いの?


続きましてリゾバ住み込み派遣をするときに月に5万円くらい支払って借りている賃貸のお部屋を引き払ったほうが良いのかどうかについてですが…リゾバ住み込み派遣を長く続けるつもりである人はお部屋を引き払って必要なものを実家に送り住所登録も実家にすると良いと思います。

筆者はお部屋を引き払わなかった

1年くらいリゾバ住み込み派遣をしたい!と思っている方は絶対にお部屋を引き払ったほうがお得です。(あくまでも長期で働きたいと考えている人はです!)筆者の場合は3か月間のリゾバ派遣をして、その後さらに違う県で1か月間の短期のリゾバ派遣を行った後に…お部屋を引き払い完全に家なしの浮浪者になりましたので、月5万円の賃貸物件を4か月間も物置として借りていた計算になるのです。20万円というと…リゾバ派遣1か月分の収入になりますので…かなりの大金です。

リゾバ生活が長く続くかわからない!

1年間リゾバ生活を続けられるかかわからないし…という不安からとりあえず3か月間リゾバ派遣をやってみて、やっていけそうだったらお部屋を引き払う!という考えは…リゾバ住み込み派遣をする前の筆者の考えと同じです。

まず、リゾバ住み込み派遣が長く続くかどうかわからない…という考えは要りません。というのも、派遣された職場の環境が悪かったり、あれ?この職種(レストラン・フロント・仲居・裏方・スキー場など)が自分に合わない…と思った時は、その職場を辞めて他の職場に移動して働けば良いだけ!というのがリゾバ住み込み派遣なのです。そのため、1年間リゾバ住み込み派遣をする!と決めている場合は1年間のリゾバ住み込み派遣が必ずできるのです。リゾバ生活を1年間やりたい気持ちはあるけど、仕事がどうかな…というのであれば1年のリゾバ派遣はできます。期間どうしようかな…と思っている方は、途中でリゾバ派遣以外のことをしたくなることがあると思いますので、その場合はお部屋は引き払わないでいつでも帰れるようにしておいた方が良いのかなと思います。

リゾバ住み込み派遣の持ち物を再確認!

リゾバ住み込み派遣の持ち物は多くのリゾバ経験者が”こんなもの必要だよ〜”と言っていますので、これは絶対に必要だ!と思うものを持っていけば良いと思います。筆者がリゾバ住み込み派遣で必要だと思う持ち物については『初めてのリゾバ住み込み派遣でキャリーバッグに入れるべき持ち物一覧』の記事で詳しく書きましたので、合わせてご覧になってください。

中抜け休憩や休日になんかこんなものは良いよ〜というものはないの?と言うと、あまりないな〜と筆者は思います。後からあれが必要だ!欲しい!と思った時はAmazonで購入すれば良いと思いますので、わざわざ荷物になるようなものは必要ないのかな…と思います。

リゾバ派遣をしている男性はキャリーバックの中にコンドームを忍ばせています。(これは結構マジな話です。)というのも、リゾバ派遣では宅飲み(寮飲み)が頻繁に行われますのでその時に…同じ派遣スタッフと良い感じになった!ということがよくあるからです。そんな時、コンビニがすぐ近くにあればいいのですが田舎で働いているとなかなか難しい…ということで、コンドームは必須!

筆者のおすすめは「最安値に挑戦!!コンドーム通販サイト」になります!リゾバ生活で期待している人もそんなこと考えてないよ!という人もぜひ!

 

・リゾバスタッフが使ってる派遣会社が知りたい!1万字越えの口コミ

リゾバでは仲間との時間を大切にして欲しい!

筆者はリゾバ派遣をするときに休日は暇かもしれないな〜ということでDSを持って行きましたが、一度も使いませんでした。というのも、リゾバ派遣では週に5・6日出勤をしますし残業も多くあることからゲームなんてしている時間はなかったのです。また、お部屋に戻ると相部屋でしたので同い年のリゾバスタッフが”おかえり〜〜!日本酒買ってきたで〜飲も!”なんてことがよくありましたし、休日には女性スタッフも加わり一緒に買い物に行ったりカラオケに行ったりと…とにかく、遊びまくりでした。そして…最高に楽しかった!

DSはできなかったのではなく、そもそもその存在を忘れていました。また、リゾバ住み込み派遣をする前はお仕事が終わって帰宅したらテレビをつけてダラダラ…していましたが、派遣期間中はテレビすら見ませんでした!

この記事を読んでくださっている方は、すでにお仕事が決まっていてこれからリゾバ派遣に出発をする!という人たちだと思います。リゾバ派遣では辛いこと悲しい事ふざけんな!!!と、思う事も起きるとは思いますが、楽しい!最高!という体験もできると思いますので、1週間働いて…辞めよう!とは思わずに、頑張って最低でも契約した派遣期間だけは続けてみてください!

 

高時給で働きたい方におすすめのリゾートバイト派遣会社
1年間リゾートバイト派遣で生計を立てたい方におすすめの派遣会社
1ヶ月間の短期リゾートバイトにおすすめの派遣会社
一ヶ月間未満(1週間)の超短期リゾートバイトにおすすめの派遣会社
お金がない!給料の振り込みが早いおすすめのリゾートバイト派遣会社
ブラック企業を避けたい方におすすめのリゾートバイト派遣会社

 

・リゾバ記事一覧はこちらから(5年分、100ページ越え!!!)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします