【賛否両論】リゾバ派遣会社が給料明細をメールで済ませている件

クレジットカードのご利用明細は自宅宛には郵送されず、専用のmyページやメール配信でその日にいくらの商品を購入したのか、月にいくらの支払いがあるのかなどを確認することが出来ます。

しかし、このクレジットカードのご利用明細をメールやmyページで確認ができるサービス(書面にて明細を受け取らないこと)を利用しているのは、カード所有者が書面で明細を受け取らないことを選択したからです。

今回の内容は、大手リゾートバイト派遣会社が給料明細をメール送信で済ませようとしている。と言う話です。

派遣会社からの給料明細がメール送信に変わったことを知る!

リゾバ派遣ではメールで給与明細が!
大手リゾバ派遣会社のアプリリゾート(はたらくどっとこむ)では、給料明細が書面ではなくメール送信(PDF)に変わりました。正確には変わっていました。

以前までは、アルファリゾートと言う派遣会社でリゾートバイトをしていた筆者ですが、閑散期にお仕事の案件がほとんどないことと最後のリゾバ生活!と言うことで少しでも自分の希望する職場で働きたいと思いまして、派遣会社をアルファリゾートからアプリリゾート(はたらくどっとっこむ)に乗り換えたのです。

以前にもアプリリゾートで3ヵ月間のお仕事を満了したことがありましたので、快くお仕事を紹介してくれ、無事3ヵ月間のお仕事に就くことが出来ました。

アプリリゾートでは給料明細がメール配信で受け取れる

アプリリゾートでは給料振込日の5日くらい前になると、給与明細のPDFが添付されたメールが送られてきます。以前は、書面にて給与明細を受け取っていましたのでなかなか給与明細が手元に届かず、給料がいくら振り込まれているのか分からない…ということが起きました。そんな時にふと、メール確認をすると…アプリリゾートから給与明細付きのメールが送られていたというオチ…。

これからはメールで給与明細の確認ができます。

アプリリゾートでは希望をする人には書面で給与明細を送ってもらえるようですので、紙媒体で情報を管理している人にとっても安心のサービスになります。給与明細は基本的には書面での通知はしないと言うことですので、何もアクションを起こさなければメール配信のみで手元に書面が届くことはございません。

給与明細は自分で印刷をすることができますが、面倒だと言う人は派遣会社に言って送ってもらいましょう。

今回のアプリリゾートの給与明細の通知に関する変更は、担当者の話では単純に経費削減のためだそうです。

※冒頭では給与明細の通知がメール配信になったことを否定するような書き出しになってしまいまして申し訳ございません。

アルファリゾートでは書面で給料明細がもらえるけど交通費の申告にお金がかかる

少し話は変わりますが、少し気になったので…

アルファリゾートでは給料明細を自宅宛または派遣期間中であれば派遣先のホテルや宿泊先に送ってもらえます。このあたりは、何も問題はございませんが、アルファリゾートでは交通費の申告をする際、郵送費(郵便代)が自己負担になります。

アプリリゾートやヒューマニック(リゾバ.com)は、派遣会社側で交通費を計算してくれますのでリゾバスタッフは何もすることはございませんが、アルファリゾートの交通費支給は、派遣期間の満了後にかかった交通費の領収書を一枚の紙にまとめてアルファリゾート宛に郵送をしなければなりません。そして、この郵便代が自己負担なのです。また、返信用の封筒が用意されていると言う訳ではございませんので封筒代と切手代で100円くらい毎回支払うことになります。

アプリリゾートでは経費削減のために給料明細をメールにて配信することになりましたが、我々派遣社員への負担は特にはございませんし、むしろメール配信で給料明細を受け取れて良かったと思っています。一方、アルファリゾートは経費削減はしていませんし、リゾバスタッフに封筒代や切手代を負担させる形で交通費の申請をさせるのは…たかだか200円程度だと言われるかもしれませんが、この費用を負担させる派遣会社もどうかと思います。

 

ヒューマニック
アプリリゾート
アルファリゾート

給料明細がメール配信に変わったことによる影響

給与明細がメールに変わったことの影響
給料明細がメール配信に変わったことによる影響は、手元に紙ベースの情報が残りませんので手続き関係で給料明細を使う時に自分で印刷をしなければならないと言うことです。

給与明細が必要になるシーンは、車やバイク・家をローンで購入する時に給与を証明する書面を求められることがございます。また、賃貸借契約をする際に保証人がいない場合で保証会社を利用すると言う時にも給与明細が必要だったりします。

源泉徴収票は電子化されず派遣会社から送られてきますので、必要に応じて給与明細を印刷すると良いと思います。また、マイナンバー制度の導入に伴い個人の収入・年金等が一括管理されます。そのため、派遣社員としていくら給料をもらっているのかと言う情報がマイナンバーによって管理されていることになりますので、給料明細は単純にいくら給与をもらったのかというただの明細になります。

給与明細は、2年間分くらいは各自で保管しておいた方が良いと言われていますが、それが紙媒体なのか電磁媒体なのかはもはや問われません。

今後のリゾートバイト派遣会社の経費節減対策は?

給料明細をメール送信にしているリゾートバイトの派遣会社はまだ一部ではありますが、今後は給料明細をメールで送信する手段が主流になるでしょう。また、派遣先のホテル・旅館が決まった後派遣会社から送られてくる労働契約書もPDFで送られてくる日が近いと思います。個人的には労働契約書は派遣期間が終われば捨ててしまいますので、給料明細の方を書面で送ってほしいとは思うのですが、近い将来全ての手続き書類はメールで送られてきます。また、派遣会社が次に取り組む経費節約対策として電話料金の節約を行うことでしょう。

派遣会社は、企業用のLINEアカウントを取得し、派遣登録の際に企業用のLINEも登録してもらい、担当者との連絡は全てLINEで行うようにするでしょう。幸い、リゾートバイトの派遣会社で働く人も、リゾバをする人も比較的若い人が集まる業界ですのでむしろLINEで連絡を取ってもらった方が効率が良いのかもしれませんね。私自身もスマホに替えてから携帯のアドレス帳が不要になってしまい、今ではアドレス帳は使わず全てLINEで代用しています。

2018年にDMMが作ったハッシャダイリゾートという派遣会社の連絡手段は完全にLINEとのことです。そんな派遣会社があるのか!と、知らなかった人はこの機会にチェックしていただけたらと思います!「口コミで評判のハッシャダイリゾート、DMMが運営の派遣会社って?」の記事になります。

リゾートバイトの派遣会社の経費節減対策が、我々派遣社員にとっても良いこと(プラスなこと)であればどんどん行ってほしいと思います。

以下、おすすめ記事になりますので、お時間のある方は合わせて読んでいただけたらと思います。

 

高時給で働きたい方におすすめのリゾートバイト派遣会社
1年間リゾートバイト派遣で生計を立てたい方におすすめの派遣会社
1ヶ月間の短期リゾートバイトにおすすめの派遣会社
一ヶ月間未満(1週間)の超短期リゾートバイトにおすすめの派遣会社
お金がない!給料の振り込みが早いおすすめのリゾートバイト派遣会社
ブラック企業を避けたい方におすすめのリゾートバイト派遣会社

 

・リゾバ記事一覧はこちらから(5年分、100ページ越え!!!)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします