【リゾートバイトの就業規則】給料の未払い・違法支払いはあるの?


リゾートバイト派遣というのは、

日本全国のホテル・旅館で働く、

 

レストラン(スタッフ)のお仕事になりますので、

リゾバ≒飲食業になるのです。

(スキー場勤務などは例外です。)

 

飲食業界で働くということは、

1日8時間超えの勤務先で、

働くことがほとんどなのです。

 

”つまり、残業がある。”

 

残業があるリゾートバイトでは、

働けば働くほど、給料はどんどん増えて高収入!

貯金もガッポガポ貯まる!

 

気づけば貯金100万円!

(嬉しい〜)

 

一方で、経費節減・人件費節減に、

厳しい社員さんがいた場合

 

残業が原因で、

タイムカードの改ざんや、

違法な給与計算が行われることもあるんじゃない?

 

ということで今回は、

実際のリゾバ経験から、

 

違法な給与計算はあるのか、無いのか!?

という話をしたいと思います。

ブラックリゾバで違法はあるの?労働基準法による法定残業とは?

ブラックリゾバで違法はあるの?労働基準法による法定残業とは?
労働基準法による法定残業は、

1日8時間を超えた場合、

25%〜50%割増しをしなければなりません。

 

で、当然リゾートバイトでも適用になりますので、

残業をすれば、その分割増で給料が支払われます。

 

割増しされた時給(額)に関しては、

派遣会社から送られてくる、

 

雇用契約書に記載がありますので、

ご覧になってみてください!

 

おそらく、25%割増しの記載があるはずです。

 

また、深夜割増しというものもあって、

これは、夜22:00〜朝5:00までに勤務した場合、

 

基本時給に、25%割増しで、

給与計算されるというものです。

 

よくコンビニアルバイトで、

深夜勤務の時給は、

高く表示されているのを見かけると思いますが、

 

これは、サービス精神旺盛な店長が、

”深夜アルバイトの時給を上げよう!!!”

としているのではなく、

 

律で割増しをしなければならないため、

割増した、金額を表示しているということです。

 

さらに、リゾートバイトでは、

1日8時間超勤務のうえに、

深夜時間帯に残業をすることもあります。

 

例えば、1日8時間超えの勤務で、

22:30まで働いたとします。

 

この場合、30分間だけ残業25%、

深夜割増し25%の合わせて、

50%増しの時給になります。

(例)時給1,000円でリゾバをした場合


朝4時間、昼3時間、夜4時間(19:00〜23:00まで労働)合計11時間の場合

・基本時給分:8時間で8,000円
・残業時給分:2時間で2500円(1,250円×2時間)
・残業+深夜時給分:1時間で1,500円

合計:日給12,000円ということになります。

それで、リゾートバイトでは違法支払いはあるの?


リゾートバイト派遣は、

フルタイムで働きますので、

ボーナスのない準社員のようなものです。

 

派遣スタッフは、

ホテル・旅館に、直接雇われていませんので、

 

派遣会社(派遣元)が、

第三者的立場から、時給計算をしてくれます。

 

そのため、リゾバ派遣会社は、

不正な処理は行いません。

(詳しい理由は、次項でお話しいたします。)

リゾートバイト体験|こんな出勤ってありなの?


リゾートバイト派遣会社は、

不正をすることはありませんが、

 

派遣先のホテル・旅館が、

不正をする可能性は十分あります。

 

以前、働いた職場では、実際にありました。

 

どのような不正なのかというと、

その職場は、寮と職場が遠かったため、

毎日送迎がある派遣先でした。

 

送迎時間は、

朝の5:30で、職場には5:38くらいに着きました。

 

到着後、すぐタイムカードを押し、

朝食の準備(つまり仕事!)をする職場でした。

 

リゾートバイトでは、

通常15分刻みで時給計算されますので、

通常なら、5:45から時給が発生致します。

 

が!!!

 

この派遣先では、

6:00出勤になっていたのです。

 

午後の出勤も、

毎回15分間計算されていませんでしたので、

1日30分も損をしていることになります。

 

その職場の出勤日数は、

23日程度ありましたので、

 

30分×23日分の給料が、

計算されていなかったのです。(1万円以上です。)

 

”こんなのあり?”

 

と思いまして、

派遣会社の担当者に、不満の電話を入れたところ、

 

ホテルから送られている勤務表には、

6:00出勤になっているとのこと…。

 

実は、派遣先のホテルは、

私の出勤時間が打刻されたタイムカードではなく、

 

ホテル側がExcelで書き直したものを、

派遣会社に提出していたのです。

 

しかも、締め日があるからという理由で、

派遣会社に勤務表を提出してから

 

たった一週間で、派遣会社は勤務表を確認して、

給与を確定させなければならないとのこと…。

 

派遣会社の社員さんも、

出勤時間が違うことを知らなかったようです。

 

その後、派遣会社の担当者は、

ホテルにExcelデータではなく、

”タイムカードの情報を送ってくれ!”

 

と強く言っていただき、

タイムカードに、打刻されている出勤時間を確認し、

 

すでに支払いが完了している月でも、

未払い給料として、後日支払ってくれました。

 

ちなみに、この時使っていた派遣会社は、

「アルファリゾート」です。

 

「アルファリゾート」の担当者は、

不正を許してたまるか!

 

という感じで、

ホテル・旅館の担当者に、

強く言ってくれますので、大変心強い味方です。

アルファリゾート公式

【参考】公式サイト

アルファリゾート

 

”「アルファリゾート」ってどんな派遣会社なの?”

って話は、以下の記事で確認してみてください!

まとめ|「アルファリゾート」の口コミが詳しすぎてごめんなさい!

【ごめん!】「アルファリゾート」の口コミ・評判が詳しすぎて…

2019.12.25

派遣会社(派遣元)は絶対に給料を低くしない!


リゾバ派遣会社は、

故意に給料を低く計算したりはしません!

 

なぜなら、派遣会社は、

リゾバスタッフが働いた給料に

 

上乗せした金額を、

派遣先(ホテル等)に請求するからです。

(例)派遣会社はこんな風に請求するよ!


・派遣会社→派遣先(ホテル等):1人1,200円でアルバイトスタッフを派遣!
・リゾバスタッフ→時給1,000円で働く!
・リゾバ派遣の売り上げ≒200円×時間

かなり簡略化しましたが、

派遣会社の売り上げは、

上記のようになっています。

 

リゾバ派遣会社の収益は、

リゾバスタッフが、働けば働くほど多くなる!

という仕組みになっているのです。

 

ということは、派遣会社は、

リゾバスタッフの時給を違法操作する必要がないのです。

 

もし、給与計算が違う場合は、

ホテル側が、違法にタイムカードを書き換えたか

単純にどこかで間違いがあったかです。

 

リゾートバイト派遣会社は、

心強い味方ですので、

 

もし、自分で計算した給料よりも、

支払額が低かった場合は、

すぐ派遣会社に連絡をしましょう。

 

担当者は、

どのような計算をしたのか教えてくれます!

 

派遣会社の利益は、

リゾバスタッフの労働である以上

違法はまずないと思いますし、

 

筆者は、3社のリゾートバイト派遣会社を使い、

13か所のホテル・旅館でお仕事をいたしましたが、

派遣会社による違法はありませんでした。

 

また、給料の未払いも当然ありませんでした!

 

ということで、

安心してリゾートバイト派遣を、

始めていただけたらと思います!

 
→リゾートバイトの仕事を見てみる!

関連記事のご案内!前払いサービスを比較してみました!

関連記事のご案内!前払いサービスを比較してみました!
初リゾートバイト派遣では、

何かとお金がかかりますので、

 

”早めに給料を受け取りたい!”

って人が多いんですけど、

 

各派遣会社によって、

前払い給料の額対応が違いますので、

 

どんなサービスになっているのかを、

比較してみましたので、

 

これからリゾバ派遣をする方は、

ぜひ、参考にしてみてください!

リゾートバイト派遣会社の前払い(前借り)制度の5社比較

2016.11.02