リスク分散のために複数社のストックフォトサービスを使うべき

現在私はPhotoAC(写真AC)、アドビストック(Adobe)、シャッターストックの3社を使ってストックフォト写真販売副業を行っています。なぜ、3社のストックフォトサービスを使っているのかというと写真販売収入を増やす!という意味も当然ありますが一番の理由は・・・そう、リスク分散です。

 

一眼レフカメラ上達講座

30年先もそのサービスがあるかはわからない!


ストックフォトというサービスが30年先もあるかどうかは・・・正直わかりませんし、ストックフォトというサービスが仮に30年後も存在していた場合であっても私が現在使っている3社すべてが生き残っているとは限らないのです。新たなストックフォトサービスが誕生し、そのサービスが独り勝ちすることだってありえると思います。つまり、一つの販売サイトだけ使って安心していてはいざという時に対応ができない・・・となってしまうのです。

各ストックフォトサービスを分析

各ストックフォトサービスを少し分析してみたいと思います。

PhotoACを分析

現在私のストックフォト収入の中で最も売上が高いのはPhotoACです。PhotoACとはどのようなサービスなのかというと、月額500円〜800円程度の有料会員が写真を何枚でもダウンロードできる!というサービスを展開しています。そして、ストックフォトクリエイターには1ダウンロード2.75円(人物写真の場合は5円)の報酬を支払っていますので、月に500÷2.75=約180枚のダウンロードをみんながすると会社的に赤字となってしまいます。

なかなか180枚はダウンロードしない

実は私自身も以前は有料会員でした。というのもブログを書くときによく画像を使うからです。その時に・・・1ヶ月間で180枚以上も写真をダウンロードしたのかというと・・・最高で100枚くらいで1ヶ月間に10枚もダウンロードしなかったという月もありました。全ての方が私と同じとは言いませんが、一年間に2,000枚以上も写真をダウンロードするということはなかなかありませんので、会社としては黒字運営ができているのではないかと思います。ただし、私は1年間で有料会員を辞めました。理由は一年間に欲しい画像を全てダウンロードしてしまったからです。

もちろん、毎日多くの写真がPhotoACにアップロードされていますので良い写真もたくさんあるのですが、自分が欲しい作品かどうかは・・・微妙で、大概は私が求めている写真ではありませんでした。というわけで、たった一年間で退会したのです。

photoACのホームページにはグーグルの広告が掲載されていたり、自社の広告枠からの広告収入もあると思いますので、今すぐに会社がなくなるということはないとは思いますが、私的にはPhotoACの運営には賛同できないサービスも多々あり、長期的に見ると・・・ここから先は言いませんが、大きな変化があるかもしれないと思っているのです。

adobe(アドビストック)の分析

アドビストックはadobeの中の一つのサービスになります。Photoshop(フォトショップ)は誰もが聞いたことがあるソフトでデザインをしている人の多くが使っているソフトになります。adobeはストックフォトがメインサービスではなくむしろ他のサービスの方が有名ですので、Adobeがなくなる可能性は限りなく低いと思います。

また、PhotoACと違い無制限に写真がダウンロードできるというわけではなく、一枚一枚の写真購入(プランによっては月に何枚まで〜というようなものもあります)になりますので、報酬は写真が売れた時に一部を支払います!というスタイルになります。そのため、アドビストックでは赤字運営になるということは考えられません。

シャッターストックの分析

シャッターストックは、PhotoACのように写真販売をメインにしている会社になりますが写真の販売方法はアドビストックとほぼ同じになります。そのため、シャッターストックはストックフォトが衰退するとともにサービスがなくなる・・・という可能性はありますが、会社の運営方法によってサービスの継続ができなくなってしまった・・・なんてことはないと思います。

販売はアドビストックと同じく世界規模になりますので、どこかの国で新たなストックフォトのサービスが誕生し、シャッターストックが使われなくなったとしても大きな影響はないと予想しています。

稼げるからって安心するな!

ストックフォト副業ではやはりPhotoACが安定的に稼げます。でも10年先のことを考えると、サービス内容や日本だけのサービスであるということから最もリスクがあるストックフォトサービスになるのです。アドビストックとシャッターストックに関しては、今のところ運営方法に欠陥は見つかりませんのでストックフォトというサービスが世の中にあり続ける限り無くならないサービスになるのかな・・・と思います。

基本はAdobeとシャッターストックで写真枚数を増やす

いつも言っていることですが、ストックフォト副業の基本はAdobeとシャッターストックの登録枚数を増やしてゆくことです。写真は先にadobeとシャッターストックで審査に出し、審査落ちした作品をPhotoACにアップロードするようにいたしましょう。

初めは審査落ちする作品が多くPhotoACにアップロードする写真がたくさんあり、収入もPhotoACが一番高い!なんてこともあるとは思いますが、長い目で見るとAdobeとシャッターストックの方が高額収入を狙え尚且つ安全です。決してPhotoACでも稼げるじゃん!PhotoACで気合を入れて写真を売るぞ!などとは思わずに販売作業が多少面倒ですがリスク分散のために3社を使い、中でもAdobeとシャッターストックで気合を入れて売るぞ!という気持ちで頑張ってみてください。

 

評判のPhotoACで毎月5,000円ストックフォト収入が稼げている人
PhotoACで初5,000円の換金|換金方法と振込みまでにかかる日数
写真販売副業でPIXTAを勧めない理由はアップロード制限とスマホ不可

 

・カテゴリー一覧|月収一万円を目指すストックフォト体験談

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします