PhotoAC(写真AC)の海外サイトで非公開にした写真が売られている

以前、PhotoAC(写真AC)が自作自演でビットコインをバラまいているんじゃない?なんて話をいたしました。

というのも、ビットコインで投げ銭をする人なんていない!と、(自身も投資家である)筆者は考えているからです。

おそらく、Photo ACは海外サイトを成功させるための伏線としてビットコインによる投げ銭のサービスを始めたと思うのです。

今回の話はというとPhotoACが海外展開をするというニュースは皆さん知っていると思うのですが、2018年4月まで海外でダウンロードされた写真には報酬が支払われないのです。そのため、海外サイトで写真を販売するかしないかの選択がマイページからできるようになっているのですが、ビットコインの件もあり”なんか怪しい…会社だな…”と思い始めている筆者は、自分の作品が本当に海外で売られていないかを確認することにしたのです。

PhotoACの海外サイトが気になる方や海外での写真販売を拒否した!という方はぜひ最後までご覧になってみてください!

 

一眼レフカメラ上達講座

筆者は海外で公開しない設定に!

筆者はビットコインには期待ができない!と思っていますので、海外での写真公開は報酬がもらえるようになってからで!ということで写真は非公開設定にいたしました。

チェックをすると写真が非公開になるとのことで、筆者はチェックを致しました。

ここで気になるのが、非公開設定にしても日本からは海外サイトが見れないとのことですので確認のしようがないのです。ということで、海外に住んでいる筆者が本当に自分の写真が非公開になっているのか…確かめたのです。

完全に裏切られた!?写真は公開されている!

結論から申し上げますと、海外サイトで筆者の写真が公開されています。

始めに英語サイトを見てみたいと思います。

デザインは日本のPhotoACの画像ダウンロードサイトとなんら変わりませんが、URLが違っています。

早速、筆者の写真を検索してみました。それが…こちら!

この赤枠で囲んだ写真が筆者の作品になるのですが、普通に英語サイトで公開されています。続きまして、中国語サイトはというと…こちら!

ここで気づいたのですが、皆さんは海外サイトのURLって知ってますか?ということで、中国語サイトは上の方にURLが載っている画像を掲載したいと思います。日本にお住みの方は海外サイトが見れないとPhotoACが発表していましたが、この情報も怪しくなってきましたので興味のある方は検索してみてください。

それで、中国語サイトで写真が公開されているのかというと…こちらも普通に公開されています。

これはやばいと思いませんか?(笑)

結論はPhotoACはヤバイ会社!

前回、ビットコインの話で怪しい会社…だと思った人もいるかもしれませんが、今回の海外展開におけるクリエイターの画像の取り扱いはかなり最悪だと筆者は思います。写真販売というのは写真(商品)がなければ商売が成り立たないというのは皆さんわかると思いますが、その写真を撮るクリエイターにこんな扱いして良いの?と、筆者は思うのです。

PhotoACを使うな!とは言いませんが、PhotoACの使い方は考えた方が良いと思います。

PhotoAC以外のサイトではカメラの写真で!

今すぐにPhotoACをやめて違うサイトで写真を販売する…ということにしても、他のサイトではスマホ写真ではなくカメラ写真の販売が基本となっているのです。そのため、カメラを持っていない方はそこから準備することになりますのでまたこれまた考えものなのです。

ということで、筆者が使っているカメラを掲載しておきますのでストックフォトをしている人はこんなカメラ使っているのか〜というよな感じで参考にしていただけたらと思います。

 

評判のPhotoACで毎月5,000円ストックフォト収入が稼げている人
PhotoACで初5,000円の換金|換金方法と振込みまでにかかる日数
写真販売副業でPIXTAを勧めない理由はアップロード制限とスマホ不可

 

・カテゴリー一覧|月収一万円を目指すストックフォト体験談

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします