書き過ぎた!ブログ年収一億円の思考とアクセス数が増える運営方法

年収一億円ブロガーを調べるとこいつ本当に1億円稼いでるの?というようなブログや1億円稼げる方法をメルマガで公開していますので登録してください!なんて言う胡散臭いブログ記事に行き当たることがありますが、今回は純粋に筆者が考えるブログで1億円稼ぐための思考とブログ作りについて書いてみたいと思います。

始めに本ブログのタイトルは『書き過ぎた!ブログ年収一億円の思考とアクセス数が増える運営方法』ということで誇張し過ぎ!のタイトルとなっていまして、筆者はまだ1億円稼いでいません。というのも本ブログは2017年10月22日に開設したブログで、まだ…開設から一ヶ月と少ししか経っていないのです。そんなブログが1億円稼いでいるわけがないのです…。ということですので、だったらこんな記事読まないよ!という人もいるかもしません。そんな人には…googleの検索トップに表示されてしまう記事を書いてしまいまして”すみません”と言います。ちょっと、読んでみたい!という方は是非ご覧になってみてください!

1億円稼ぐためには何ページの記事が必要?


本テーマでブログ記事を更新する!と決めた時にどんな内容を書こうかな〜と考えましたが、書きたいことがあり過ぎて何から書いたら良いのかな…と迷ってしまいました。ということで、筆者がブログで1億円稼ぎたい!と思った時に、どのようなことが聞ければタメになった〜と感じるのかを考え、その順番にお話しすることにいたしました。

まずは、書いても書いてもアクセス数が上がらないブログで一億円稼ぐためには何ページ必要なのかということについて筆者の考えを話したいと思います。

3,000記事は必要なんじゃない?

ブログ年収1億円というバカ高い壁を越えるために必要なブログの記事総数は…正直なところ未知数です。ただ、100記事では1億円を稼ぐことは不可能だと思います。で、どのくらい書けば良いのかというと…参考になるブロガーが全然いませんので書きようがありません。それでは、なんで3,000記事くらい必要なのでは?と言ったのかというと日本のトップYouTuberの動画数を参考にしたからです。なんか話がよく分からないぞ!と思いますので詳しく書いてみたいと思います。

ブログとYouTubeは同じ広告収入

ブログの広告収入には「アフィリエイト」と「グーグルアドセンス」があると思いますが、広告収入を安定的に稼ごうと思った時にはgoogleの広告は必須になってくるでしょう。そして、ユーチューバーが扱っている広告はというと、そうですグーグルの広告になるのです。ということで筆者はユーチューバーの広告収入を参考にブログで1億円稼ぐために必要な記事数を予想してみたのです。

と言っても、ブログの広告単価とYouTubeの広告単価は同じではありませんので、ブログのアクセス数=YouTubeの動画再生回数が同じ広告収入になるというわけではありません。あくまでも1億円以上稼いでいるトップユーチューバーと同じくらいの作業(ブログ製作)をしなければ、1億円は稼げないということです。

Hikakin(ヒカキン)を越えよう!


日本で1億円以上の広告収入を稼いでいるトップユーチューバーというと、「ヒカキン」という方が大変有名です。筆者は「ヒカキン」は『最新版おすすめ台湾人ユーチューバー|この動画見ないで何見るの?』という記事でも強引に登場させるほど好きなユーチューバーになりますが、平成元年生まれの同じ28歳だというところで少し羨ましい…という気持ちや何か対抗したい!ということで結構話題にしています。今回もそんな「ヒカキン」についてご紹介しながらブログで1億円稼ぐために必要な思考を身につけてほしいと思います。

ヒカキンの動画総数

トップユーチューバーの「ヒカキン」は「Hikakin」「HikakinGames」「HikakinTV」「HikakinBlog」の4つの動画チャンネルを持っています。どのようなチャンネルなのかというと、まず「Hikakin」では筆者もリアルタイムで見ていましたが、ハモネプで披露していたヒューマンビートボックスが中心のチャンネルとゲームのプレイ動画を公開する「HikakinGames」、総合動画配信サービスの「HikakinTV」と「HikakinBlog」があります。そして、動画数はというと「Hikakin(167本)」「HikakinGames(1322本)」「HikakinTV(2354本)」「HikakinBlog(64本)」で動画総数は…3907本(2017.12月現在)にもなるのです。

これは、1年間に365本の動画をアップロードしても10年以上かかる計算になりますので、相当多い動画本数だと言えるでしょう。

これをブログに当てはめて考えてみると、100記事であるとか500記事では1億円稼ぐことは出来ないということです。少なくても3,000記事書いて始めて議論できるテーマになるのではないでしょうか。

ユーチューバーに学ぶブログ思考

「ヒカキン」の現在の動画総再生回数は…72億回で、今も刻々と100億回に近づいていると言えるでしょう。筆者はこの動画再生回数を見てすげ〜という話をしたいのではなく、一人の方が「ヒカキン」の動画を何度も見ているというところに注目していただきたいのです。日本人の人口は一億人以上いますが、全ての方が「ヒカキン」のYouTube動画を見ているわけではありませんし、親の世代にはYouTubeって何?なんて人も多くいるのです。それでも日本の人口をはるかに超える動画再生回数を記録しているのは、同じ人に何度も見てもらえているからです。

ということは、ブログで3,000記事を書くだけでは1億円稼ぐことは不可能で、一人に何度も見てもらえるようなコンテンツを作ってゆく必要があるのです。つまり、ブログで重視して欲しいポイントの一つとして…直帰率を下げる…ということに拘ってほしいのです。

また、「ヒカキン」の場合は過去に発表したヒューマンビートボックスの動画も人気です。このことからブログにおいても過去に書いた記事が何度も読まれるというようなことがなければならないと思います。

筆者のブログのアクセス数をご紹介

筆者のブログは開設してから1か月程度しか経っていないと言いましたが、現在(2017.12.7)のアクセス数はどうなっているのかというと…

というようになっています。アクセス数はどんどん上がっていますので現在のアクセス数は以下のアクセスカウンターで確認してください。

それで、肝心の直帰率はどうなっているのかというと…

現在は直帰率は57%となっていますので、10人のうち大体6人は”つまらない!話が長い!”ということで1ページだけ見て離脱しているのです。このままでは、ブログ記事を3,000書いたとしても1億円にはいかないと思います。直帰率は40%以下が望ましいと筆者は考えています。

1日3記事発表VSバズ部


筆者がブログを開設する前にどうやったらアクセス数がどんどん上がるブログを作ることができるのか…ということを調べに調べまして、その結果行きついたのが「バズ部」です。「バズ部」というのは大変有名ですので知っている人も多いとは思いますが、SEOはContent is King(コンテンツは王様)だと言っているのです。つまり、何が言いたいのかというとブログのコンテンツが最も重要で読者にこの情報が必要だったんだよね〜と言ってもらえるようなブログ記事を届けて行けば、SEO対策なんてしなくてもgoogleの検索結果の上位に記事を表示させることができる!というものなのです。そして、それを自ら実践して成功をしているのが…「バズ部」なのです。

ユーザーにとって有益な情報を500文字で書くことはほぼ不可能ですの、バズ部の言う「コンテンツマーケティング」というものを実践していると必然的にブログの文章は長くなると思います。しかしながら、その考えの逆のことをしてブログで成功をしている人も中にはいたりするのです。どのような考えなのかというと、ブログはとにかく更新!更新!更新!という考えです。文字数に関しても特にルールはなく300文字でも1,000文字でもなんてもいい!というような考えです。

どちらも正解ではある!

まったく逆の考えの運営方法ではどちらを信じれば良いのか分からない!と、思うでしょうがどちらの方法でも成功を収めているということを考えるとどちらも正解だと思います。

それでは、2つの運営方法で共通していることを少し書いてみたいと思います。

まず「バズ部」の考え方はブログ記事は一つの作品のように完璧なものを公開するというもので、1日3記事ブログは質にはこだわらずにとにかく更新をするということに重きを置いています。この2つに共通することは、ブログを更新することです。「バズ部」では更新しなくても良い!と言っていなく、実際「バズ部」の初期のブログは毎日更新されていました。そのため、1日1回3,000文字の記事を発表するブログと1日3回1000字の記事を公開するブログではブログにあるテキスト量は変わりませんので、どちらもブログ運営としては間違っていないのです。

1日3記事ブログは失速する!

ブログ運営としてはどちらも正解ですのである程度までは同じく成長し、それなりには稼げるブログになるでしょう。しかしながら、1日3記事ブログでは1億円稼ぐことのできるブログには成長できないと…筆者は思います。まず、1億円ブログにするために最も必要なことは、ブログに訪れたユーザーが他の記事も読んでくれることなのです。ユーチューバーの話でも少し説明をいたしましたが、日本の人口から考えると1人に何ページも見てもらえるようなブログを作らなければ1億円稼げるブログにはならないのです。

完璧なブログ記事をたくさん書き、他の記事も読んでみたいな〜と思わせることができれば、ページビュー数はどんどん上がりそれに伴って広告収入も上がるのです。これが、大したこともない記事を量産していると…ブログへの入り口は当然増えますのでアクセス数は上がりますが、その他のページも見てもらえなければ思ったほどのページビュー数を獲得することができないのです。また、内容の薄い記事はgoogleで検索しても表示される可能性が低いため…過去の記事はゴミ同然になってしまうのです。ゴミ記事が多いブログはゴミ箱みたいなものですので、中には掘り出し物の記事が埋まっているかもしれませんが、誰にも見てもらえないのです…

トレンドブログとロングテールでは?

ブログ記事には今流行っている内容を書くトレンド記事と1年先でも読んでもらえるような賞味期限の長いロングテール記事というものがあると思いますが、どちらの記事を書いて行く必要があるのかというとトレンド記事というのは話題が過ぎるとゴミ記事になる可能性が高いため、基本的にはロングテール記事を書いて行くことをお勧めいたします。ただ、ロングテール記事だけでは爆発的なアクセス数を生むことが少ないため、トレンドではあるけど…比較的長く読んでいただけるような作品も書いて行くと良いでしょう。

筆者の記事を例にすると?

それでは筆者が書いたトレンドでありロングテール記事としても効果を発揮している記事を1記事ご紹介したいと思います。

まずトレンドというのはニュースであったりテレビ番組で紹介されたことをご紹介するのが基本になりますが、筆者が書いたトレンド記事は…

上記の、『詳しく書き過ぎた!短期リゾバキャバ嬢派遣の給料・待遇と登録方法』という記事になります。リゾキャバについて知りたい方は記事を読んでいただけたらと思いますが、『マツコ会議』というバラエティー番組で紹介された日本の離島にあるキャバクラでする派遣のお仕事について詳しくまとめた記事になります。実はリゾキャバというのは、『マツコ会議』という番組の1年くらい前に『幸せ!ボンビーガール』という番組でも特集を組まれた内容になっていますので、その『幸せ!ボンビーガール!』の放送の前に記事を書いた人は2度もアクセスの爆発があったということなのです。ちなみに、それは…筆者です。

実はリゾキャバに関する内容は他のブログでも紹介していまして、一年に一度アクセス数の大爆発があるということから本ブログで最新版のリゾキャバ情報に関する内容の記事を書いたのです。このように、トレンドでありロングテールとしても活躍してくれる記事というのも実は大事になってくるのです。

1億円稼ぐブログの月のアクセス数とは?


本ブログはまだまだアクセス数が少ないのですが、筆者は他にもブログをいくつか運営していますのでそのブログから1億円稼ぐために必要なページビュー数について書いてみたいと思います。まず、ブログの収益はアドセンスとアフィリエイト広告収入になりますので、アドセンスだけ…アフィリエイトだけ…ではなく両方使って欲しいと思うのですが、その2つの収入が安定しているブログである場合は1PV2円で計算すると良いのかなと思います。(あくまでも筆者のケースですが。)そのため、PV数で言うと月/500万PVくらいあると1億円の収入に手が届くのかな…と思うのです。と、考えると一人に1ページしか読まれないブログでは一億円はかなり難しいと思います。

月/500万PV耐えられるレンタルサーバー

1億円稼ごうとしている人が月に1,000円のレンタルサーバーで一生ブログを運営する!とは考えてはいないと思いますが、月/100PVくらいまではレンタルサーバーでブログを運用するのが一般的だと思います。それでは、どのレンタルサーバーを選べば良いのかというと、筆者は「バズ部」が製作した『WordPressに最適なサーバーの3つの条件とおすすめサーバー』の記事を参考にレンタルサーバーを借りて現在は落ち着いていますので、これからブログを作る!という方や最近表示エラーが多くて困っている…という方は是非参考にしてみてください!

ちなみに、筆者は初めはさくらサーバーのスタンダードを使っていましたが月にたった10万アクセスでエラーがすごく多くなってしまいましたので、レンタルサーバーをエックスサーバーに変えました。そのことに関する内容は『レンタルサーバーは同じじゃない!長期稼働で差が出るブログ運営とは』という記事で確認してみてください!

月/100万PV稼げるワードプレスデザイン!

月に100PV稼げる有料のワードプレスデザインに関しては、『月間100万PV集めることのできる有料ワードプレステーマとは?』という記事で詳しく書いてみました。と言っても、そのブログデザインは筆者が使っている本ブログであって、月/100万PV稼げるブログというのは本ブログの3年後の姿ですので、大した参考にはならないとは思いますが、本ブログのデザインと同じブログを作りたい!という方がいらっしゃいましたら是非ご覧になってみてください!

まとめ|年一億円稼ぐブログについて

本記事ではブログで1億円稼ぐための思考について筆者の考えを話してみました。2017年10月22日に開設した本ブログの記事数は30記事です。ブログ記事を3,000書いて1億円稼ぐ!何年で?3年ですけど…ということは1ヶ月に約80記事書かなければならないのにまだ1%しか達成していないのです。目標設定が厳しすぎる!とは思いますが、挑戦したい気持ちがめちゃくちゃ大きい!

本記事の中で、バズ部なの?それとも1日3記事更新すれば1億円稼げる?ということについて筆者なりの回答をいたしましたが、筆者の目標ではバズ部の考えで尚且つ1日3記事更新するペースでブログを書いて行かなければならない…ということになっていますので、もはやすべてを取り入れるとどうなるの?というような挑戦になっているのです。

ブログ運営に関しては様々な意見があるとは思いますが、本日は貴重なお時間の中で本記事を最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

時折あいつ1億円に近づいてるかな?と、ブログを見に来ていただけましたら嬉しく思います!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

リゾートバイト業界に5年潜伏して決めたおすすめ派遣会社ランキング