二拠点生活をすると生活レベルが格段にアップするのは当然のこと

どうも台湾在住のリゾバまじっく筆者の(@mannakarizoba)です。

台湾在住とは言っても、ビザの関係や個人的な手続きの関係で3ヶ月に一度北海道で2週間くらいですかね…充電期間を設けているんですが、ふと思ったんですよ…あれ?これってもしかして夢の二拠点生活?って!

と言う事で、今回は二拠点生活をすることのメリットや私が感じたデメリットについて書いてみたいと思います!

台湾ー北海道の二拠点生活ってどんな感じ?


はじめに筆者の二拠点生活について少し書いてみたいと思いますが、私は現在台湾ー北海道を行き来する生活を送っています!もう少し具体的に言うと、台湾は台北で北海道は筆者の実家がある道東の網走というところで生活を送っています!

台北のお部屋は賃貸物件ですが、現在台北から電車で1時間ほど離れた場所に建物を建築中ですので、年内には賃貸生活から持ち家生活に変わる予定です。

賃貸×実家の生活って二拠点なの?

筆者が考える二拠点生活というのは、自分で借りているもしくは買ったお部屋に住み、誰にも邪魔されない2つの生活拠点で生きていることを二拠点生活というのだと思います。北海道の実家に帰っているだけの筆者の生活は…二拠点生活ではなくただの帰省…です。

ただ、フリーランスという仕事柄、実家を第二の拠点として使ってもある意味、二拠点生活なんじゃないの?

と言う事で、エセ二拠点生活をしているのが筆者なのです。

成功者の二拠点生活とは?


二拠点生活ってみんな憧れると思います!よく有名人なんかが軽井沢なんかに別荘を建てて夏場の暑い時期に優雅に過ごす!なんてことをしていると思います。

また、筆者が大好きなユーチューバーのヒカキン(HIKAKIN)さんなんかは、新潟県出身ですが東京に住んでいますよね?

それは、上京っていう言うんだよ…

確かに!でもヒカキンさんの場合は東京に2つのお部屋を借りて生活をしていることから、これもある意味二拠点生活だと言えるでしょう。

注意二拠点生活というのは、違う県で生活をしていたり、日本と海外を行き来している人だけではなく同じ県で近距離二拠点で生活をするというのもあるのです。

二拠点生活のメリット

  • 気温(四季)に左右されずに生活ができる
  • いつも新鮮な気持ちで生きて行ける!
  • 独身であればその土地でムフムフ

日本というのは四季があって、一年中様々な楽しみがある大変魅力的な国ではありますが、沖縄の人からすると北海道って夏でも涼しくていいな〜!北海道の方からすると沖縄は雪が降らなくていいな〜雪かき大変なんだよね〜

なんて思っているはずなのです。

台湾ー北海道は理想の生活?


台湾というのは一年中暑く、長〜い真夏と2ヶ月ほどの冬しかない二季の国です。で、北海道はというと四季はありますが、秋から春までの長い期間寒い!!!

ということで、夏は北海道!冬は台湾!なんて生活はものすごく魅力的!そして、何と言っても国内で二拠点生活!!!ではなく、日本と海外で二拠点生活をしたい!という方にとっては、台北までの直行便がたくさんあって、北海道からでも4時間で行ける台湾というのは…海外で二拠点生活をしたい!という方にとっては理想の場所なのです!

ちなみに、筆者は日本ー海外の二拠点生活ではなく海外ー海外の二拠点生活を将来的にはしたい!!!と、少し考えたりもしています。

二拠点生活では気分転換が可能

筆者がブロガーですのでカフェでも喫茶店でも、ファミレスでもパソコン一つあれば作業ができるのですが、同じ店に何時間も居座るわけにはいきませんので、やはり家での作業が多くなるのです。

すると、何時間ものパソコン作業で飽きてくる上に同じ部屋!?

って、これほどつまらない仕事はないのです。

もし、作業に飽きた〜ネタが切れた〜という時にお部屋が2つあればすぐに気分チェンジできるのです!

独身であればその土地でムフムフ


これは書こうかどうかめちゃくちゃ迷いましたが、一つの例として参考までに…(お金持ち独身貴族フリーランスが意外にも多い!)

独身の方で二拠点生活をしていたとして…例えば、東京と大阪!

よくお笑い芸人さんが地方ロケの時に浮気をして…なんていうニュースがよくあると思いますが、筆者が言いたいことはそういうこと。二拠点生活というのは一つの拠点で生活をしている方よりも生活範囲が広いことから、普通に生きている人よりも出会いのチャンスが多いといえるでしょう!

それに、地方から遊びに来ています〜〜〜!(イエーイ)という人よりも、お部屋借りています!という人の方がなんとなく興味がわきますよね?

一応、筆者はブロガーということで以下に優良マッチングアプリのPRをさせていただきますので、興味のある方は使ってみてください!(女性は完全に無料、男性は残念ながら有料です。)

 

pairs
ハッピーメール公式サイト
ワクワクメール公式サイト

二拠点生活のデメリットとは?

  • 費用が単純に2倍かかる!(交通費もばかにならない!)
  • 住民票ってどうするの?
  • 仕事面の制約がめちゃくちゃある!

生活拠点が二つあるということは単純に家賃が2倍かかるということです。

筆者の場合は、拠点の一つが実家のなんちゃって二拠点生活になりますので賃料に関して言うと台北のお部屋が4万円ほどです。札幌にある単身者向けのシングルルームは2万円代から借りることができますので、2部屋借りても10万円以下だったりもしますが…

これが東京ー大阪での二拠点生活になると10万円では収まらないと思いますので、結構大きな出費だと言えるでしょう。また、移動費も結構かかりますね…。

筆者の場合は台北ー北海道(網走)の行き来で往復4万円ですので、年間の移動費だけで最低15万円以上必要ですね…

住民票ってどうするの?

拠点が二つあるからと言って2か所で住民登録をする!ということはできません。

ということは、重要な書類等はメイン拠点でしか受け取ることができないのです!また、クレジットカードや証券口座の開設なんかをすると免許証に書かれている住所宛に本人限定受取郵便が届けられ、本人確認をして書類を受け取ることになりますので…住民票がない住所地では重要書類が受け取れないのです。

仕事面の制約がめちゃくちゃある!

二拠点生活ができる人というのはお金に余裕のある方や自由なお仕事をしている方になります。

公務員です!会社に勤めています!

という方なんかは、なかなか二拠点生活はできないと思いますし、二拠点生活をするメリットもそこまでないと思います。

まとめ|二拠点生活をすることのメリット

今回は二拠点生活のメリットとデメリットについてお話しいたしました。

二拠点生活は通常の生活に比べてお部屋の固定費が2倍ほどかかってしまいますが、普通の人よりも2倍以上も生活範囲が広いため得るものや人との出会いなんかは断然多くあると思いますので、お仕事の関係で比較的自由な生活ができるのであれば二拠点生活をお勧めいたします。

ブロガーの方は、物価が高い東京でやっている意味って?なんてことも思っちゃいますね。

いっそのこと、北海道や東北、沖縄なんかでブロガー生活をするのも面白いのかな…って。

 

・0から1を生み出せる人間に!与えられるだけの人生なんて送るなよ!
・死ぬまでに何が残せる?30代終活、お金と1人の人間が生きていた証
・全て捨てた!ポイントカードを一枚も持たない男の考えとそのメリット

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

リゾートバイト業界に5年潜伏して決めたおすすめ派遣会社ランキング