年末年始の宴会場勤務って稼げる?超短期リゾバ派遣のリアル口コミ

年末年始の短期アルバイトといえば、一昔前までは郵便局の年賀状配達アルバイトや神社で巫女さんのアルバイトをしたりする(男性はできませんが…)というのが定番でしたが、最近では年末年始に日本全国のリゾート地で住み込みをしながらお仕事をするリゾートバイトというものが流行っているのです。リゾートバイトは、年末年始にしかないお仕事ではありませんが年末年始はどのホテル・旅館でも大忙しですのでリゾートバイトの求人がものすごく増えるのです。

ということで、今回はそんな年末年始の超短期リゾートバイトについて、リゾートバイト経験者の筆者が少し詳し過ぎるくらい気合を入れてまとめてみたいと思います。

年末年始の超短期リゾバの概要

リゾートバイトの概要
それでは早速年末年始の超短期リゾバ住み込み派遣についての話を始めたいと思います。まず、年末年始リゾバというのは、この期間に派遣スタッフを多く雇い忙しい期間を乗り切るぞ!ということで、年末年始の期間だけ雇われるスタッフになります。そのため、超短期リゾバ以外の求人は年中ありますので、リゾバ=年末年始限定…ということではなく、超短期で派遣のお仕事をするならこの時期を逃してはいけない!ということなのです。

ちなみに、この時期の超短期リゾバを逃してしまうと次に超短期の求人が増えるのは…ゴールデンウィーク(GW)になりますので、年明けや4月から正社員として働くんですけど〜という人には最後のチャンスとなっているのです。

リゾバ住み込み派遣とは一体何?

リゾバ住み込み派遣というのは、日本全国のリゾート地で遊びながら働くことのできるお仕事!と言えば聞こえは良いと思いますが、実際は日本全国の人手不足に困っているホテル・旅館・スキー場等に住み込みで派遣に行くお仕事になりますので、どこがリゾート地なの?どう見ても田舎だよね〜?なんていう場合があるのです。ただ、日本のリゾート地なんて…海外じゃあるまいし…と、始めから思っている人であれば現実をすんなりと受け入れられるのではないでしょうか。

食費・寮費・交通費が無料!?

リゾートバイト派遣では基本的には食費・寮費・交通費が無料となっていますので、生活費がほとんど必要ない!そんな生活が送れたりするのです。


上記のリゾバ派遣会社の中で最も人気のある派遣会社である「アプリリゾート(はたらくどっとこむ)」が製作したリゾバCMによれば、ご飯が付いてくる!交通費が無料!とはなっていますが、派遣先によっては食事が社員価格でかなり安いけど…有料であったり、寮費に関しても月に3,000円程度必要である、派遣期間によっては交通費が全額支給されない…なんて場合もありますので、リゾバ住み込み派遣ではどの職場でも生活費が全くかからない!と言うわけではないのです。
※年末年始リゾバの交通費に関しては、1つ注意していただきたい点がありますので、記事の最後の方で詳しく書きたいと思います。

年末年始の超短期リゾバとは?

超短期リゾバ派遣
ここからは、年末年始の超短期リゾバの特徴についてお話ししたいと思います。

まず、リゾバ派遣のお仕事は、基本的にはホテル・旅館のレストランスタッフとして勤務をすることになりますので、業務としてはレストランがバイキングであれば食事を補充したりお客様の食事が済んだお皿を下膳するというお仕事になりますし、懐石料理(コース料理)を提供するレストランであればお客様の食事のスピードに合わせて料理を運んだりすることでしょう。

年末年始限定の宴会場勤務って?

上記は一般的なリゾートバイトのお仕事になりまして、そのような職場で働く場合は例え年末年始リゾバでも業務自体はほとんど変わりはありませんが、年末年始の期間だけ募集している職種も実はあるのです。それが…宴会勤務のお仕事になります。年末年始は忘年会と新年会のシーズンにもなりますので、大きなホテル・旅館では毎日のように宴会の予約が入っているため、どのホテル・旅館でも人手が足りず…リゾバ派遣会社に頼って派遣スタッフを募集しているのです。

 

ヒューマニック
アプリリゾート
アルファリゾート

筆者が実際に体験した宴会場のお仕事

筆者が実際に体験した宴会場でのお仕事ついて少し書きたいと思います。

まず、宴会場のお仕事って何をするの?

というと、勤務時間のほとんどは会場の準備・片付けと食事のセッティングをいたします。例えば、6時からスタートの宴会の場合は、3時頃に出勤をして会場を作りながら冷めても大丈夫な料理から席に並べてゆくのです。料理は指示された場所に並べるだけですので難しい作業は一切ありませんが、大きな宴会の場合は100人分の料理を並べなければならない!?なんて時もありますので、時間に追われながらお仕事をしなければならなかったりするのです。

宴会が始まりましたら、お客様のテーブルの上にある小鍋に火をつけ回ったり、温かい料理を運んだり空いた器を下げたりと結構忙しく働きます。ただ、宴会場で一番良いのは…コンパニオンさんがいることです。コンパニオンさんは皆さん可愛くてお金も払っていないのに、一緒にその時を過ごすことができる…という話ではなく、コンパニオンさんがお客様にビールを注いで回りますので、リゾバスタッフは冷蔵庫からビールを出してテーブルに置いておけば飲み物は勝手にやってくれるということなのです。実はこれは結構ありがたい話で、コンパニオンさんがいれば酔っ払ったり調子に乗っているお客様の相手をほぼしなくても良いからです。

宴会は大体2時間程度で終わりますので、終わった後は散らかった会場を片付ける…という作業をいたします。片付け作業も特に難しいことはなく、器を回収したりゴミを片付けたりするだけ…です。

以上、かなりざっくりとお話しいたしましたが宴会場勤務で難しいことはありません。また、もし何か失敗をしても宴会場にはその会社の上司や会社の社長がいますので、ちょっとのことでは怒鳴られたりはしません。つまり、未経験者でも全然できる仕事になります。

年末年始リゾバって稼げるの?

年末年始のリゾバ派遣って稼げるの?
それで、年末年始のリゾバ住み込み派遣って正直稼げるのかというと…稼げるでしょう。ということで、ここからは年末年始の超短期リゾバ住み込み派遣ではなぜ稼げて貯金がガッポガポ貯まるのかということについて書いて行きたいと思います。

年末年始はお部屋が満室です!

筆者のように年末年始にホテルや旅館で過ごす!という習慣がなく、年末年始は実家で過ごすのが1番!と考えている人にはわからない考えなのですが、年末年始をホテル・旅館で過ごす人は結構多くいます。もっと言うと、11月頃から年末年始のホテル・旅館の予約を皆さんいたしますので12月にもなるとどこも予約で満室なのです。

年末年始の宿泊料金は通常の1.5倍以上になりますので、なんでそんな高い宿泊料金の時に泊まるわけ?なんて貧乏人の筆者は思ってしまいますが、年末年始のホテル・旅館の料理は通常の料理内容にプラスか一部変更でおせち料理が提供されるのです。そのため、おせちは作りたくない!買うのがもったいない!(いつも残るので…)という方は、ホテル・旅館で過ごした方が色々な意味で良い年を迎えることができるのです。ということで、年末年始はどのホテル・旅館でも満室ですのでリゾバスタッフに休みがあるわけがないのです。というか…年末年始の予約があるからリゾバスタッフを雇っていると言っても良いでしょう。

年末年始は早出や残業もある

年末年始のホテルの食事は普段とは違う!という話を上記で少しいたしましたが、料理が違うということはその料理を盛る器も当然違うということです。そのため、この料理どこに並べるの?この料理何?なんてことがよくあるのです。

また、年末年始のお仕事は社員さんであってもそう多くは経験していませんので、万が一準備が間に合わなかったら…一年の始まりなのに…最悪…となってしまう可能性がありますので、年末年始はリゾバのお仕事では珍しい早出シフトがあったりするのです。筆者の経験では…朝5時出勤というのも一度経験したことがあります。(朝は寒すぎでしたが、新年でしたの気持ちは軽やかでした!)

ハイシーズンの給料明細の公開!

年末年始のリゾートバイトではたくさん働けることがわかっていただけたと思いますが、それではどのくらい稼げるの?収入ていくらなの?ということに関しては…正直派遣先によって変わりますので、なんとも言えません。ただ、ほとんどの職場で8時間以上は働けると思いますので、8時間×時給は最低稼げると思っていただけたらと思います。忙しい職場であれば、10時間以上の勤務になると思います。

以下に、筆者がリゾバ派遣をした時の給与明細について詳しく説明した記事を掲載いたしますので、リゾバ住み込み派遣の収入について知りたい方は参考にしてみてください。

上記の給与明細は実は…2月中の勤務で、年末年始でもハイシーズンでもありませんが、職場が連日満室稼働をしている…という派遣先で勤務した時の給与明細になりますので、年末年始リゾバに近い給料になるのではないのかな…と思います。

年末年始リゾバの交通費に関する注意点

注意!年末年始の交通費について
食費・寮費・交通費が無料!というところで、年末年始リゾバの交通費に関しては注意が必要です!と言いましたが、まずリゾバ住み込み派遣における交通費に関しては『リゾバ住み込み派遣リゾバ住み込み派遣の交通費について詳しく書き過ぎた口コミ』という記事で詳しく書きましたが、リゾートバイトでは通常3ヶ月間の派遣期間を想定していますので、交通費の満額支給額に関しても3ヶ月がある種の基準になっているのです。そのため、年末年始の1・2週間だけの超短期リゾバの場合は交通費が全額支給されない場合もあるのです。

交通費はかかった分だけ

と言っても、例えば交通費が5,000円かかった場合、年末年始リゾバだから50%の2,500円しか払いませんよ!というものではなく、交通費の上限金額が2万円までの職場で超短期リゾバだから…全額支給はできず交通費は8,000円までです…というような感じになりますので、交通費が8,000円以内に収まれば…自己負担はないということなのです。

交通費は実際にかかった分しか支払われませんので、高ければ良い!ということではなく範囲内であればそれで十分だということなのです。また、交通費は派遣期間満了がお支払いの条件となっていますので、忙しい…辞めよう…とは思わずに短い期間ですのでぜひ頑張ってみてください!

帰省・Uターンラッシュに巻き込まれるな!

年末年始のリゾートバイトでは、例えばクリスマスくらいから働き始めて年明け5日くらいまでの勤務の場合、帰省ラッシュとUターンラッシュに巻き込まれる可能性が十分あるのです。その場合、人が多すぎて気持ち悪い…となりますし、飛行機移動の場合は航空チケットが高額ですので、LCC(格安航空会社)でも片道30,000円…なんてことは普通なのです。そのため、いくら高時給・高待遇のリゾートバイトであったとしても、短期間のリゾートバイトでは稼げるお金が限られていますので無駄な出費は避けたいところなのです。

もし、派遣期間が帰省ラッシュ・Uターンラッシュに被っている時は、リゾバだから全国に行ける〜行こう!ではなく、地元や隣の県くらいでお仕事を探すと無難で良いのかなと思います。

リゾバ派遣の持ち物とは?

持ち物に関しては年末年始リゾバだからこれが必要だ!ということはありませんが、宴会場で勤務をする場合は自分用の栓抜きはあった方が仕事がしやすいと思いますので、派遣会社の方に持ってきて!と言われなくても100円ショップで購入しておくと良いと思います。

その他、リゾートバイトで必要になる持ち物については、以下の『初めてのリゾバ住み込み派遣でキャリーバッグに入れるべき持ち物一覧』という記事にまとめてみましたので、リゾバ派遣に出発する前に読んでいただけたらと思います。

どの派遣会社を使えば良いの?

ヒューマニックのホームページ
最後に年末年始の超短期リゾバをする時に選んで欲しいリゾバ派遣会社をご紹介したいと思います。

まず、年末年始のリゾートバイトの求人はどのリゾバ派遣会社にも掲載されていますが、求人をよく見ると…即日から年始までという求人や1ヶ月という期間のリゾバ求人がほとんどなのです。というのも、リゾートバイトというのは派遣業になり派遣というのは…一ヶ月間以上(30日以上)のことを指すのです。一ヶ月未満のお仕事は…日雇い派遣と言われたりするのです。

そして、日雇いの派遣は…労働者派遣法の改正によりフリーターは基本的にはできないのです。つまり、フリーターが大多数のリゾバ派遣では一ヶ月未満のお仕事は扱わないのが…一般的となっているのです。

大手派遣会社のヒューマニックならできる!

それでは1・2週間の超短期リゾバってできないの?というと…老舗大手リゾバ派遣会社の「ヒューマニック(リゾバ.com)」であれば超短期のお仕事ができるのです。なぜヒューマニックでは超短期のお仕事ができるのかというと、ヒューマニックは超短期のお仕事をリゾバ派遣という形ではなく職業紹介という形でお仕事を紹介しているのです。これは、大手リゾバ派遣会社であるヒューマニックだからできるサービスだと言えるでしょう。そして、職業紹介によって雇用契約が派遣会社とではなくホテル・旅館との直接雇用であれば…派遣のお仕事にはなりませんので、労働者派遣法の対象外となり、超短期のリゾートバイトが出来るのです。

ということで、年末年始にリゾートバイトをするならヒューマニックしかないのです。

「ヒューマニック(リゾバ.com)」については『ヒューマニックの口コミ|老舗大手派遣会社を使うメリットと評判』という記事でご確認してみてください!。

最近はヒューマニックだけではなく「アプリリゾート(はたらくどっとこむ)でも超短期リゾバをすることができますので、俺はアプリリゾート派!という方は、アプリリゾートでもお仕事を探してみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!