海外にいるため運転免許証の更新手続きができない!忘れた!

今回はですね、海外に住んでいる人なら誰でも気になるであろう日本の運転免許証の更新ができない!忘れた!という時の手続き関係はどうなってるの?という話です。

筆者の運転免許証の期限が…もうすぐ切れてしまいます。同じように海外にいて運転免許証の更新手続きに行けない!なんて人もいるのかなと思いますので、海外にいる期間中に運転免許証の期限が来る!という方はぜひチェックしてみてください!

免許の期限が切れても運転しなければ問題なし!

結論から申し上げますと、運転免許証の期限が切れそう、でも更新に行けない!という場合、あなたは免許の更新をしていないのでまた一から運転免許証を取ってください!仮免とか…そういうことをまたやってください!とは…ならないようなのです。

で、どのくらい免許更新を放置しても良いのかというと、6ヶ月間未満であれば視力検査や聴力検査・運動能力検査などの適性試験(そんな検査したかな?昔…)を受けて、免許更新時に必要な講習を受講することで運転免許を再取得することができるようなのです!

仮免・本免試験は必要なし!ということですので、運転免許証の期限が切れてもそんなに焦らなくてもOKみたいなのです!

運転をしない場合ですよ!

改めて確認をしておきますが、運転免許証の期限が切れても半年間はOK!という意味ではなく、運転免許証の期限が切れている期間中に海外にいたり日本で全く車の運転をしない!という人であればそんなに焦らなくても大丈夫!ということですが、車の運転をする方が期限切れの運転免許証で車の運転をし、警察に捕まってしまうと無免許運転(免許外運転)になりますので、絶対に免許の有効期限が切れている時は車の運転をしないでください!

6ヶ月間以上過ぎるとどうなるの?

免許更新手続きを6ヶ月間以上放置すると、本免許試験を受けて合格しなければなりません。1年以上になると、ほぼ初めからです。ちなみに、費用に関しては…わかりません!免許の更新手続きだけであれば、おそらくですが受講・講習手数料を合わせて5,000円程度になると思います。(これに関しては期限前の更新と同じ!かな…)が、本免試験などを受けるとなると…それ相応の費用が必要になるのかなと思います。

期限が切れてしまったら6ヶ月以内に必ず更新手続きを忘れずに行きましょう!としか言いようがありません。

ちなみに、海外に住んでいる方は海外に住んでいることを証明することができれば学科試験などの免除ができるみたいですが、3年を超えた期限切れの免許証を更新するとなると…それば難しいようです。

とまあ、こんな感じで運転免許証はすぐに更新をしなくても車を運転しない人であれば急ぐ必要はないとのことです。が、運転免許証は本人確認書類としてよく使うものとなりますので、お時間のある方は忘れずに更新手続きをいたしましょう!

詳しくはお近くの警察署でご確認を!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

リゾートバイト業界に5年潜伏して決めたおすすめ派遣会社ランキング