国際結婚後の手続き(健康保険・国民年金・市民税)について!

国際結婚後の手続き(健康保険・国民年金・市民税)について!

今回は、国際結婚をして日本を離れる!

という方向けに、国際結婚後の手続き(健康保険・国民年金・市民税)について

実体験からお話したいと思います。

筆者は台湾人と国際結婚をして、現在台湾在住です!手続きに関しては、台湾はほとんど関係はありませんので、国際結婚をする方は是非チェックしていただけたらと思います。

手続きは、婚姻手続きではなく海外転出後になります!


婚姻手続きに関しては、国際結婚であっても、

日本の市役所に提出すると思うのですが、

”婚姻手続きを行なったら、何か手続きが必要なの?”

というと特にはなく、海外転出届を提出した時に、いくつかの手続きが同時に発生する!

みたいな感じになっています。

 

海外転出の手続きは、市役所に記入用紙がありますので、

それに必要事項を記載して、提出するだけ!

本人確認で免許証等が必要なだけで、海外の住所を証明する書類なんかは…不要でしたね。

 

それに、必要事項に記入する時に、海外の住所ではなく

筆者の場合は、”台湾!!!”と書いただけでしたね…

海外転出をすると、「マイナンバー」に海外に住んでいます!みたいな、内容が追記されますので、必ずマイナンバーを持ってゆきましょう!(※返納をするわけではありません!)

海外転出後にする手続きについて!

海外転出後にする手続きについて!
海外転出届を出した後に行う手続きは…

・健康保険(支払い義務が無くなります!)
・国民年金(支払い義務なし!でも、任意で納付可能!)
・市民税もかかりません!(1月1日時点に、日本にいない場合!)
上記のことについて、以下で詳しく解説したいと思います。

健康保険が無くなります!病院に行ってから転出届を!

健康保険が無くなります!病院に行ってから転出届を!
海外転出届を出すと、健康保険に加入しなくても良い!

ということで、健康保険の支払い義務が無くなりますので、

市役所の国民健康保険課(名称が違ったりします…)に行って、

話を聞きましょう!

 

海外転出届を出した瞬間に、健康保険がなくなるわけではなく、

日本を出る前日に、(健康)保険が無くなるように手続きをしてくれます!

(海外転出届を出してから、歯医者や健康診断を行うことも可能です!)

 

健康保険料は再計算されますので、

いつまで、いくらの健康保険料を支払わなければならないのかを、

しっかりと確認していただけたらと思います!

健康保険証は、返納する必要がございます!返納用の封筒に、健康保険証を入れて、海外に出発する時にポストへ投函しておきました!

国民年金は海外転出と同時に支払い義務なし!

国民年金は海外転出と同時に支払い義務なし!
国民年金に関しては、海外転出と同時に支払いの請求が来なくなります!

強制脱退みたいな感じなんですかね…

MISO
国民年金保険料の支払い義務がなくなるのは、ラッキーだね!
国民年金保険料の支払いは不要ではありますが、

納付をしない…ということは、65歳から年金がもらえない!

もらえても、めちゃくちゃ少額…

ということで、老後の生活が不安でしかありませんので、

個人的には、国民年金保険料の納付をお勧めいたします。

(筆者は海外にいますが、国民年金保険料を納めています!)

 

国民年金に関しては、海外転出と同時に脱退になってしまいますので、

任意加入をする場合は、国民年金課に行って、

国民年金保険料の納付手続きを行いましょう!

 

筆者は、銀行口座から毎月引き落としされますね。

(毎月16,000円ほど、国民年金保険料を支払っています!)

市民税もかかりません!(1月1日を起算に納付義務あり・なし)

市民税もかかりません!(1月1日を起算に納付義務あり・なし)
市民税に関しては、1月1日時点にどこに住んでいるかが問われ

年末までに海外転出届けを出せば、市民はかからない!

年を明けてから海外転出を行なった場合は、住民税がかかるとなっているようです。

 

住民税は、10万円以上納めなければならない…

みたいなこともありますので、

”年明けでもいいか〜”とは思わずに、早々に出してしまった方がお得だと思いますね。

(住民税は、所得に応じてその金額が決まります!)

まとめ|国際結婚後の手続き(健康保険・国民年金・市民税)

国際結婚後の手続き(健康保険・国民年金・市民税)について!
ということで、今回は国際結婚後の手続きとして

健康保険・国民年金・市民税について解説いたしました!

 

一番重要なのは、国民年金保険料の支払いかな…と個人的には思います。

海外転出後何もしなければ国民年金保険料の支払いは不要ですが、

”将来、年金がもらえない…”というのも、大きな問題になると思いますので、

海外転出届を出した後は、健康保険・国民年金の手続きを必ず行なってください!