海外からGMOコインにログインする方法!日本IPを使えば取引可能!

海外からGMOコインにログインする方法!日本IPを使えば取引可能!

今回は、海外在住者海外出張留学生など、

現在、海外にいる人向けに

 

通常、海外からは利用できない

”GMOコインを使う方法!”

”ログインする方法!”

について解説します!

GMOコインは海外IPでは使えない!


筆者は、仮想通貨の取引等で

ZaifGMOコインを使っています!

 

で、Zaifに関しては、

海外でも普通に使えますので、

使う分には、問題ないのですが、

筆者は、リップル(XRP)を、

GMOコインで保有していますので、

 

”売りたい!買い足したい!”という時には、

GMOコインに、ログインしなければならない!

 

ただ、GMOコインは海外からは使えない!

海外からのアクセスは、ログイン拒否される!

 

という、セキュリティー的には嬉しいのですが、

海外にいる日本人にとっては、少々面倒!

ログイン拒否されるのは海外IPだから!


で、海外からのログインを拒否されるのは、

海外のIPだから!

 

海外でも、日本のIPを通してアクセスすれば、

普通にログインできます!

 

その方法は、至って簡単ですので、

海外在住!留学生!という方は、

是非、参考にしてみてください!

無料!筑波大学の中継サーバーを使う!


海外から、日本のIPを取るのって、

”なんか、危険な感じしますよね?”

有料であったり、英語で書かれていたり…

で、間違ったらどうしようか…

って、不安もあると思います。

 

そんな方にオススメなのは、

筑波大学の中継サーバーを使うという方法です。

 

なんでも、筑波大学の研究の一環で

日本のIPを無料で使える!

というサービスを行っていますので、

これを使えば、無料で簡単に日本のIPを使え

海外からでも、GMOコインにログインできます!

(筆者もこの方法を利用しています。)

筑波大学の中継サーバーを使う方法!

筑波大学の中継サーバーを使う方法!
利用方法(接続方法)は、

筑波大学のページに、詳しく載っていますので、

それを見ながらやれば、誰でもできます!

 

一応、筆者はMacを使っていますので、

その方法をご紹介しておきます。

 

筑波大学のページ

L2TP/IPsec VPN プロトコルを用いた VPN Gate への接続方法

上記が接続方法です。

Macを押してください!

(Macを使っている方の場合)

 

で、ここに書かれている通りにやれば良いのですが、

注意点が一つあって、

基本どのサーバーを使っても問題ないのですが

「L2TP/IPsec VPN」

にチェックが入っている、

サーバーを使ってください!

 

チェックが入っていないのは、

L2TP/IPsecVPNプロトコルを使った接続はできませんので、

やり方が変わってきます!

VPNサーバーへの接続を確認してログイン!

VPNサーバーに接続されている状態で、

GMPコインのページを開き、

メールアドレスパスワードを入力すると、

海外からでもログインできる!

 

ということで、海外にいながらでも、

仮想通貨の取引ができますので、

ぜひ、この方法を使っていただけたらと思います!

ただし、海外からのアクセスではサポートなし!


一応補足で書いておくと、

海外からのアクセス・取引は、

想定していないようですので、

トラブルがあっても、

解決してもらえない可能性がありますね。

 

使い慣れている人であれば、

問題ないのですが、

慣れてない人は、

違う取引所を使った方が良いと思いますよ。

 

また、今回はGMOコインの口座を、

日本で、すでに開設していて

”その取引口座を海外で使いたい!”

という方向けの記事になります。

 

そのため、今海外に住んでいる方が、

”これから口座開設をするぞ!”

というのは、なかなか難しいと思います。

 

GMOコインの公式サイトも載せておきます!

 

公式サイトGMOインターネットグループの【GMOコイン】