米国株式と仮想通貨を併用運用するメリットは共倒れを防ぐこと!

まとめ|米国株式と仮想通貨を併用運用するメリットは共倒れを防ぐ!

最近は、米国株式を購入して、

お金の運用をしている人や、

 

コロナ以降、

資産の一部を仮想通貨に変えて、

保有している人も増えていますので、

 

今回は、米国株式と仮想通貨は、

どちらか一つではなく、

どちらも手をつけた方がいいですよ!

 

という話をしたいと思います。

 

行き先不安な世の中ですので、

自分のお金は自分で守りましょう!

筆者は米国株式を毎月買い増ししつつ、仮想通貨に積極投資!

筆者は米国株式を毎月買い増ししつつ、仮想通貨に積極投資!
はじめに筆者は、

どのような投資をしているのか?

 

というと、

筆者は毎月2万円分の米国株式を購入しつつ、

 

米国株式から得られる配当を、

全額再投資して資産を増やしています!

 

さらに、余分資産で、

仮想通貨を購入しています。

 

毎月2万円しか投資していない理由は、

海外在住者は月2万円米国株式を購入しましょう!【筆者も実践中】

の記事で詳しく解説しています。

 

ポートフォリオでいうと、

米国株式と仮想通貨の割合は、

 

1:1くらいでして、

安定的に資産を増やしている!

 

というよりも、

かなり攻めたポートフォリオになっています。

 

(米国株式は、月2万円しか買っていませんので、

徐々に仮想通貨の割合が増えることでしょう…)

MISO
仮想通貨って、危ないんじゃないの?

仮想通貨に対する筆者の考えは、

 

仮想通貨バブルが起きた2017年頃は、

 

仮想通貨取引所の、

通貨の保管体制が悪かったため

”危ない!”という感じだったんですけど、

 

現在は、取引所のセキュリティーが高く、

そういった心配はないと思いますし、

 

コロナ流行後、

自国通貨が暴落している国では、

 

お金が紙くずにならないうちに、

金や仮想通貨に変えているということで、

資産としての価値があるんです。

 

あと、ビットコイン(BTC)に関しては、

発行上限が決まっていまして、

 

埋蔵量に限りがあることから、

ある意味、金と同じなんですよね。

仮想通貨の投資で、一発当てようと、ビットコイン(BTC)以外のアルトコインを買う人もいますが、筆者はビットコイン一択で良いと思います。

米国株式と仮想通貨を持っていればいつでも売却ができる話!

米国株式と仮想通貨を持っていればいつでも売却ができる話!
株投資というのは、

 

株を購入して、

価格が上がったときに売却!

で、その差益で儲ける方法と、

 

株の保有者に配られる、

配当で稼ぐ方法がありまして、

 

どちらで稼ぐかは、

人それぞれなんですけど、

 

米国株式って、

いつでも売却ができますので、

 

お金がなくなった時は、

すぐ現金に変えることができるんですけど、

 

株の基準価格は、

上がったり、下がったりしますので、

 

”売りたい!”って思った時に、

価格が上がっているとは限りませんし、

 

購入した時よりも、

価格が低くなっている時に、

売却をするのって…嫌ですよね?

 

売る=マイナスだからです。

 

仮想通貨も同じで、

購入した金額よりも、

安くは売りたくないですよね?

米国株式と仮想通貨の値動きは同じではないので売れる!


米国株式と仮想通貨の値動きって、

同じではありません!

 

もちろん、アメリカや中国で、

大きな問題が起きた時には、

どちらも暴落!(または、暴騰!)

 

ってことはあるんですけど、

 

株が暴落してるのに

仮想通貨の価格はどんどん上がっている!

 

ってよくあるんですよね。

 

値動きが違うということは、

例えば、早急にお金が欲しい!

 

って時は、

プラスになっている資産を売却して、

円を用意することができますので、

 

マイナスで、

利益を確定することはないんですよね。

まとめ|米国株式と仮想通貨を併用運用するメリットは共倒れを防ぐ!

まとめ|米国株式と仮想通貨を併用運用するメリットは共倒れを防ぐ!
本記事のタイトルには、

米国株式と仮想通貨の両方を買うメリットは、

共倒れを防ぐこと!

 

って書いたんですけど、

 

長期投資で考えると、

米国株式も仮想通貨も価格は上がる!

 

って、筆者は思っていますが、

行き先不安な世の中ですので、

 

お金(円)に変えたい時に、

購入した価格よりも下がっていると、

 

”売りたくないな…”

って、人はほとんどだと思いますので、

 

値動きの違う、

米国株式と仮想通貨の両方を持っていると

不測の事態に対応できると思います。

 

投資にはリスクがつきものですので、

自己責任、余裕資産で行いましょう!

 

以下、多くの方に読まれている、

不労所得(マネーマシン )の作り方についても、

 

興味がありましたら、

合わせて読んでみてください。

不労所得として稼げる3つのマネーマシン解説と作り方とは?

2020.10.09

仮想通貨(ビットコイン)を購入するならDMM

DMMビットコイン 暗号資産(仮想通貨)取引なら初心者にもチャートが見やすいDMMビットコイン
DMMビットコイン 暗号資産(仮想通貨)取引なら初心者にもチャートが見やすいDMMビットコイン
無料
posted withアプリーチ