【仮想通貨ウォレットを作れ】海外移住をするときに必須の手続き!

まとめ|【仮想通貨ウォレットを作れ】海外移住をするときに必須の手続き!

今回は、海外移住をするときに

忘れずに行って欲しい手続きとして…

 

”仮想通貨のウォレットを開設せよ!”

と言う話をしたいと思います。

 

・海外移住を考えている!

・海外で仮想通貨の取引をする予定の人

 

上記のような方は、

ぜひ、チェックしていただけたらと思います。

海外在住の筆者は日本円よりも仮想通貨の使用頻度が高い!

海外在住の筆者は日本円よりも仮想通貨の使用頻度が高い!
筆者は、2019年に国際結婚をして、

現在は台湾に住んでいます。

MISO
どうして仮想通貨ウォレットを開設した方がいいの?

台湾で生活をしている筆者は、

現地通貨の台湾ドルを調達するために、

 

日本円を台湾ドルに変えていたんですけど、

仮想通貨を売却して台湾ドルを手に入れた方が…

 

圧倒的に便利為替手数料の面からも

めちゃくちゃお得ですので、

 

最近は、日本円よりも、

仮想通貨の方を多く持っているんですよね。

 

コロナ以降、

仮想通貨の需要はどんどん増えていますし、

仮想通貨を使ったサービスも増えてきましたので、

 

台湾に限らずどの国で生活をするにしても、

 

日本円を持っているよりも、

仮想通貨を持っていた方が賢いんですよね。

 

ただし、海外移住をして、

非居住者になってしまうと、

 

新規で仮想通貨ウォレットの口座開設ができない…

ってことがありますので、

 

海外移住をする前に、

仮想通貨のウォレットを作る必要があるのです。

海外在住(非居住者)になると新規で仮想通貨ウォレットを作れない!

海外在住(非居住者)になると新規で仮想通貨ウォレットを作れない!
海外在住者(非居住者)になると、

新規で仮想通貨ウォレットを作ることができません!

MISO
本当にウォレットを作る手段はないの?

海外在住者になると、基本的にはどのサービスでも、

新規のウォレット開設はできなくなるんですけど、

 

実家の住所で登録(申請)をすると…

取引所によっては奇跡的に開設ができました!

 

って、口コミがありますので、

100%無理です!ってことではありませんし、

バイナンス公式サイト

日本のサービスではなく、

海外の「バイナンス」を使うと言う手段もありますので、

海外に行ってからでも仮想通貨の取引はできるんですけど、

 

日本の仮想通貨ウォレットを使うと、

日本円の入金・出金ができますので、

 

日本人にとっては、

日本のサービスを使うのがベストなんですよね。

海外在住(非居住者)でも日本のサービスは使えるの?

海外在住(非居住者)でも日本のサービスは使えるの?
日本で開設したウォレットって海外でも使えるのか?

と言うと…

 

基本は使えるようです。

 

ただし、海外に住んでいる人のサポートはできません!

と、なっていることがほとんどですので、

 

自己判断での利用になると思います。

MISO
でも、仮想通貨の取引でお問い合わせすることはないから大丈夫ね!

仮想通貨の取引では、

基本は全て自己責任でして、

 

例えば、間違って知らない人の口座に、

仮想通貨を送金してしまいました…

 

みたいなことがあったとしても、

”日本に住んでいるからそのお金を返金します!”

 

みたいなことは一切できませんので、

 

日本だろうと、海外だろうと、

どこに住んでいても保証はありませんので、

 

サポートに期待して利用をするものではないんですよね…

各サービスのマイページで住所変更はするな!利用停止になることも?

各サービスのマイページで住所変更はするな!利用停止になることも?
各サービスのマイページから、

住所変更ってできると思うんですけど、

 

変更をしないのがお勧めです。

 

理由としては、

以前、「Zaif(ザイフ)」のアカウントで、

住所を海外に変更したら…

 

「ザイフ」から連絡が来まして、

海外在住者は利用できませんので、

アカウント削除させていただきます…

 

1週間猶予をあげますので、

仮想通貨資産を移動してください。

 

って、連絡が来まして、

現在は、「ザイフ」のアカウントは削除されてしまい

ログインすらできなくなってしまったんですよね。

 

他のサービスはわからないんですけど、

万が一に備えて、住所変更はしない方が良いでしょう。

 

ちなみに、「DMMビットコイン」に関しては、

 

国外からは、

公式ページにアクセスをすることすらできませんので、

 

海外で利用をしようと思っている人は、

「DMM」は使えませんね…

まとめ|【仮想通貨ウォレットを作れ】海外移住をするときに必須の手続き!

まとめ|【仮想通貨ウォレットを作れ】海外移住をするときに必須の手続き!
海外在住になると、

日本円を現地通貨に変える必要があると思いますが、

 

最近は、仮想通貨を現地通貨に変えた方が

圧倒的に便利で、しかも手数料が安かったりしますので、

 

今後は、円を持っているよりも、

仮想通貨で持っていた方がメリットが大きい!

と思うんですよね。

 

ただし、海外移住をしてから、

日本の仮想通貨ウォレットを開設しようとしても、

”手遅れだった…”ってケースがありますので、

 

非居住者になる前に

「GMOコイン」「コインチェック 」

「ビットフライヤー」の3つで、

ウォレット開設をしておくと良いでしょう。

 

(最低2サービスは必須だと思います。)

仮想通貨ウォレット公式サイト
【GMOコイン】
・【コインチェック
・【ビットフライヤー

お勧め関連記事|送金手数料無料にこだわれ!

お勧め関連記事|送金手数料無料にこだわれ!
海外で仮想通貨の取引をする場合、

他のウォレットに送金をする!

 

ってことがよくあるんですけど、

仮想通貨の送金手数料はとにかく高額であるため

 

送金手数料が無料の取引所を必ず使ってください。

 

詳しくは、以下の記事に書いていますので、

 

お時間のある方は合わせて読んでみてください。

 

関連記事

台湾ドルに換金するための仮想通貨を賢く手に入れる方法の解説

上記は、台湾在住の方向けに書いていますが、基本はどの国でも同じだと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。